FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

最近読んで面白かった本


Category: オススメの本   Tags: ---

思い出した順に。
但し小説とマンガを除く。



人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則
(2009/08/08)
エドガー・H・シャイン

商品詳細を見る




お墓に入りたくない! 散骨という選択お墓に入りたくない! 散骨という選択
(2013/05/08)
村田ますみ

商品詳細を見る




士業のための「生き残り」経営術 (角川フォレスタ)士業のための「生き残り」経営術 (角川フォレスタ)
(2012/05/24)
東川 仁

商品詳細を見る




仕事ができるようになりたければ釣りをしろ仕事ができるようになりたければ釣りをしろ
(2012/12/15)
中鉢 慎

商品詳細を見る




民間防衛―あらゆる危険から身をまもる民間防衛―あらゆる危険から身をまもる
(2003/07/04)
原書房編集部

商品詳細を見る



道具としての経営理論 (ユニクロ、アップル、P&G、楽天、アサヒビール、グーグル…… 成功企業の事例に学ぶ「理論の使いこなし方」)道具としての経営理論 (ユニクロ、アップル、P&G、楽天、アサヒビール、グーグル…… 成功企業の事例に学ぶ「理論の使いこなし方」)
(2012/03/10)
津崎盛久

商品詳細を見る




実践的中小企業再生論〔改訂版〕~「再生計画」策定の理論と実務~実践的中小企業再生論〔改訂版〕~「再生計画」策定の理論と実務~
(2013/04/19)
藤原 敬三

商品詳細を見る



奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究 (ハヤカワ文庫NF)奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究 (ハヤカワ文庫NF)
(2003/01)
マーティン ガードナー

商品詳細を見る


「自己啓発」は私を啓発しない/斉藤正明著


Category: オススメの本   Tags: ---


「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)
(2013/04/23)
齊藤 正明

商品詳細を見る



* 昨年、宮崎学さんの『自己啓発病社会』という本を当ブログで紹介したことがありましたが、今回紹介する斉藤正明さんの本も、同じくアンチ自己啓発的な本です。

著者の斉藤さんは、一度だけお会いしたことがあります。2年ちょっと前、フジテレビの「ホンマでっかTV」に出演したときに、控室とスタジオでご一緒しました。そのとき私は「借金地獄評論家」、斉藤さんは「マグロ漁船評論家」という笑える肩書きで出演しました。私はそれっきりでしたが、斉藤さんはその後も「ホンマでっかTV」に何度か出演したので、ご存知の方も多いかもしれませんね。とにかく、最近は講演や取材で引っ張りだこだそうです。本も沢山出しています。


私は自己啓発セミナーの類には全く興味がなく、一度も受けたことがありません。
自己啓発系の本も、あまり読まないほうです。(全く読まないわけではない)

もっとハッキリ言ってしまえば、私は自己啓発系が嫌いです。
だから、この本には大変共感できました。


『住宅ローン破綻は任意売却で解決できる』 貝阿彌佳則著


Category: オススメの本   Tags: ---

住宅ローン破綻は任意売却で解決できる住宅ローン破綻は任意売却で解決できる
(2013/03/22)
貝阿彌佳則

商品詳細を見る



* 大阪の任意売却専門不動産会社としてはおそらく名実ともに1-2を争うほど有名な、株式会社エイミックスの貝阿彌佳則社長の著書です。
 私は貝阿彌さんとはかれこれ8-9年前からのお付き合いで、現在でも勉強会やセミナーでよくお会いしています。
 本のプロフィール欄にあるとおり、陸上自衛隊から大手不動産会社に転職、独立という、ユニークな経歴で、競売や任意売却については知識もノウハウも非常に高いものがあり、信頼できる方だと思います。テレビや雑誌にもよく出ています。

 
 2013年3月22日発売。



『夢をかなえるゾウ2』 の参考文献に・・・


Category: オススメの本   Tags: ---

『夢をかなえるゾウ』という小説があります。

200万部超の大ベストセラーです。

最近、『夢をかなえるゾウ2』という続編が出ました。

そして、これの巻末に、「参考文献」として、私の本が掲載されていました。

ちょっと嬉しいですね。


yumewokanaeruzou


「住宅ローンが払えない! 」と思ったら読む本


Category: オススメの本   Tags: ---

「住宅ローンが払えない! 」と思ったら読む本「住宅ローンが払えない! 」と思ったら読む本
(2012/12/15)
高橋 愛子

商品詳細を見る



* 今週末、12月15日発売予定の本です。PHP研究所。

 著者の高橋さんは、銀座でシナジーマネジメントという任意売却専門の不動産会社を経営しており、ウチの勉強会にも何度も来て頂いたことがあります。大変親身になって相談に乗ってくれて、腕も良く、業界内外で評判の高い方です。

 任意売却は、不動産会社ならどこでもOKというわけではなく、危なっかしい会社も結構ありますから、会社選びは重要です。

 私が信頼を置いている任意売却に強い不動産会社は、東京では池袋のランドステップさんがその筆頭ですが(つきあいも長い)、シナジーマネジメント高橋さんもそれに負けずとも劣らない、安心して相談できる先だと感じます。

 住宅ローン払えない系の本は、古くは田崎先生の『住宅ローンで死ぬな』(WAVE出版,2005年)や、私が共著で書いた『働けません。』(三五館、2007年)などがありますが、情勢がどんどん変わっていっているので、やはり新しい本のほうが参考になると思います。
 特に最近は変化がものすごく激しいので、新刊ホヤホヤのこの本は、住宅ローンの返済、延滞、交渉、任意売却、競売、守り方、手放し方などを考えるうえで、非常におすすめです。


『永遠の0』


Category: オススメの本   Tags: ---

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る



終戦記念日にちなんで、オススメの1冊を。

読んで泣いちゃった人が多いこの本。
私も今年のお正月休みに読みました。
大変いい内容でした。
小説よりも、映画化したほうがむしろ良いだろうなと思っていたら、どうやら映画化も決定し、
来年あたりに上映されるようです。

内容は「特攻隊」モノです。
主人公は、特攻などしたくなかった。
生きて帰ること、家族を守ることを最上としていた。
パイロットとして超一流の腕前だった彼は、幾多もの激戦をくぐり抜けて、生還した。
なのに、終戦間際、主人公は、特攻に飛び立ってしまう。
一体なぜか。
その「なぜ」の部分が本書の核心であり、最も泣かせるところだと思います。


個人的感想としては、この小説、ストーリーは本当に最高なのですが、
文体があまり文学的な感じではなく、
どちらかといえば脚本のような感じ(良く言えば、読みやすくて万人受けする)なのが、
文学好きな読者さんにはあまり馴染まないかもしれません。


『大往生したけりゃ医療とかかわるな』 中村仁一著(幻冬舎新書)


Category: オススメの本   Tags: ---
面白そうなので買ってみました。最近出たばかりの本です。
こうやってみると、医療についての考え方もますます多種多様になってきていますね。





大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
(2012/01/28)
中村 仁一

商品詳細を見る


[Amazonの内容紹介よりコピー]

死ぬのは「がん」に限る。ただし、治療はせずに。

3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。
中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、
拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。
現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。
実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。
なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。
自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。


「自己啓発病」社会/宮崎学著


Category: オススメの本   Tags: ---
私にも嫌いなものが沢山あります。パッと思いつくだけでも、まず漬物(特にたくあん)が嫌い。ア〇〇〇イなどのネットワークビジネスが嫌い。マニュアル人間が嫌い。集団心理が嫌い。排他的な村意識が嫌い。農協が嫌い。満員電車が嫌い。世襲が嫌い。上から目線よりも下から目線のほうが嫌い。男の嫉妬が嫌い。などなど。

「自己啓発」という言葉もあまり好きではありません。私はツイッターをやっており、フォロー/フォロワーが1500人以上いますが、あまり無差別にフォロー返ししてしまうと自己啓発系のツイートで埋め尽くされてしまうので、あまりフォロー返しには熱心ではなく、読みたいツイートはリスト分けして読むだけにしています。それくらい、ツイッターをやっている人の中には自己啓発系の人が多く、そのツイート内容は他人の受け売り的な名言・金言や、「成功・成功・成功」と薄っぺらい商業的成功を煽るようなものが多く、私にはどうしても好きになれません。

とまあ、前からそんなふうに感じていたので、書店でこの本を見つけたときは、すぐに手にとってレジへ進みました。
いい本でした。


「自己啓発病」社会(祥伝社新書263)「自己啓発病」社会(祥伝社新書263)
(2012/02/02)
宮崎 学

商品詳細を見る


『資金繰らない経営』 / 柳澤賢仁著


Category: オススメの本   Tags: ---

資金繰らない経営資金繰らない経営
(2011/08/12)
柳澤 賢仁

商品詳細を見る



* まえがきには、こう書かれています。

 ≪この本は、会社を経営している皆様に、「資金繰りのセンス」を磨いていただくために書きました。
 ところが、この本を書き進めるなかで、「資金繰りのセンス」よりもむしろずっと「資金繰らないセンス」のほうが大事なんじゃないか、という気がしてきました。≫


 
 いい本です。

 私が前著『震災後に倒産しない法』で強調して書いた「現金を残せる体質にしろ」「資金繰りは二の次だ」といったことを、おっとキレのある表現で、正攻法で、斬新に書かれたような感じです。(見出しの表現なども、ほどよくユーモアがあって、コピーライターの書いた文章のような趣でした。)

資金繰りで悩んでいる社長さん皆さんにオススメします。

わかりやすい本です。

多少数字に強い方なら2-3時間で読めてしまうでしょう。

数字に弱い方でも、日々資金繰りに追われている社長さんなら、ここに書かれていることが容易にイメージできるでしょう。




『民法改正 ― 契約のルールが百年ぶりに変わる』 内田貴著 ちくま新書


Category: オススメの本   Tags: ---


民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる (ちくま新書)民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる (ちくま新書)
(2011/10/05)
内田 貴

商品詳細を見る




これは絶対に読んでおいたほうがいい本です。
特に、商取引や借金や連帯保証人など、いわゆる「契約」と縁のある人には、必読の書です。

民法は、明治31年に施行された大変古い法律です。
全部で5編から成り、1044の条文があります。
このうち、「債権」(契約)に関する部分が、実に115年以上ぶりに大きく改正されようとしているのです。

民法はこれまでにも小さな改正がありました。たとえば、2004年には読みにくいカタカナ文語体がひらがな口語体になったり、包括根保証が撤廃されたりしました。でも、基本的な部分は115年以上変わりませんでした。これだけ世の中が大きく変わったのに。

この本は、とっつきにくいと思われている民法をとてもわかりやすく解説しているのに加え、これから大きく改正されようとしている債権(契約)法についても、示唆に富んだ解説がなされています。

まだ先のことですが、もしかしたら、この民法(債権法)改正により、連帯保証人制度も大きく変わるかもしれません。
また、今はまだ検討段階に過ぎませんから、私たちの声が、この法改正に影響を及ぼすかもしれません。

私たちが法改正に向けて正しい判断をするためには、私たちひとりひとりが、民法のことをより深く理解しなければなりません。
そのための入門書として、これ以上の本はないと思います。
超オススメ。


02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01

03


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login