吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

「攻守バランス」


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
わたしの顧問先で、こんな会社があります。
先々週の3月末決算で、ざっとこんな数字になりました。

(基本情報)
年商2億前後。業歴7-8年。
3年ほど前までは超イケイケで、凄腕青年実業家としてテレビに出演したり、VCから上場を目指さないかとの話も来ていたほどだが、2-3年前から外的要因により業績悪化。以後毎期赤字。債務超過に転落。せっかくいいものを持っているのに、なかなか軌道修正できずにいた。2年ほど前にある専門家に相談したら、「うちでは手に負えません」と言われたそうだ。それが現在は・・・?

(2009年3月期のP/L)
売上高    前期比減収
売上総利益  、、減益
営業利益   、、減益(赤字)
経常利益   、、減益(赤字)
特別利益   期末ギリギリに4000万円以上のプラスが出た!
(内容は想像にお任せします。ヒントは〇〇〇〇益!)
当期純利益  数年ぶりに数千万の黒字に!
         繰越損失もだいぶ解消。もう一息か。

(B/S)
2008/3月期は5千万円以上の債務超過だったが、今期の特別利益により、もう一頑張りで債務超過解消が可能なところまで近づいてきた。

(資金繰り)
借入ができない状態なので厳しいことには違いないが、某N研の指導により、自転車操業体質はほぼ脱却でき、まあ小康状態。不渡りを出して突然死!というような心配はない。


・・・というわけで、もう潰れる心配はないのですが、
次の最重要課題は、営業利益、つまり、本業で利益が出せるようになることですね。


この社長さんは、サッカーでいえば、最近ずっと「守り」ばっかりでした。
もともと攻撃型のサッカーが得意な人なのに、点を取られてからというもの、11人全員で守ってばかりいて、誰も点を取りに行かないようなアホなことをしていました。監督の采配ミスですね。

でも、守って守って守り続けているうちに、相手チームもやや疲れが見えてきたようで、わずかな隙に相手のファウルを誘発して、前半終了直前のロスタイム時にPKで一点取ることができました。
同点まであとわずか。
もともと攻撃で威力を発揮するチームのはずですから、後半戦は「攻撃は最大の防御」の意気込みで、攻守のバランスを意識しつつも、とにかく攻めまくるのが良いでしょう。

来期の目標は(1)営業利益プラス(2)経常利益プラス(3)債務超過解消!
そうなればしめたもの。
再来年以降には一度失いかけた信用も回復し、資金調達もまたできるようになるでしょう。
会社の勢いも、順調にいけば2-3年のうちに最盛期の頃に戻るでしょう。

そのための第一歩が、3月末の「特別利益」でした。
これが実現できて本当に良かった。

4月1日から、社長さんに、「これを弾みにして、これからは脳味噌の半分以上は本業の攻めのことを考えること!守りにばかり気をとられちゃダメですよ!」 と、強くクギを刺しておきました。

このように、何をするにしても、短期、中期、長期のそれぞれの展開を考えて、たとえば短期的問題解決においても中~長期の問題解消につながるような戦略・戦術の組み立てを考えると良いでしょう。

借金が減ってホッと一息なんて甘い!
借金があろうがなかろうが、走り続けられるようでなければダメです。




スポンサーサイト


Comments

債務免除益 
だったりしてe-454
 
フフフ。 
内緒です。
もうひとつヒントを言うと、法律的な手続きは一切使ってません。

 
はううっ(驚) 
もしや…これは…?

さぁ、そろそろ反撃のお時間だ!!

かかってきんしゃ~い!!
 
フフフ。 
>利助さま

そうです。あなたのことです。
早く攻めに出て、ハットトリックを達成してきてください!

 
範馬刃牙、復活!! 
更なるステージへ!!
私も負けていられない!!
 
フフフ。わしは・・・ 
>池う・・・じゃなかった、東京の自動車屋殿へ


おお!久しぶりに来ましたね。

そういえば、今度のGWに、火炎放射器で肉を焼いて食べる催しを企画しています。
メンバーは、人間関係最悪の組み合わせをご用意します。
チェーンソーなども用意する予定です。
BGMはもちろんデスメタルです。
場所は上九一色村近くのあの湖畔です。
ぜひご参加下さい。


(って、実は単なる湖畔BBQなんですけどね)

 
機会を捉えて脅威を克服 
なるほど秘密でちゅかv-8
では後々ご著書か講演で種明かしということで、、、v-290
普通なら営業損失・債務超過→あきらめて事業清算の方向へが自然な流れでしょう。
社長さんが目先の資金繰りに追われて中・長期的観点にたってというのが難しい
からでもあります。
堪え忍んで反撃に移れる社長さんは凄いv-363
創業時の熱い思いを忘れずに危機突破できますようにv-421
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login