吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

督促状コレクション(3)~マンションの家賃


Category: 督促状コレクション   Tags: ---
yachintokusoku090330


とっても旬な督促状写真が送られてきました。
日付を見ると、つい2日前の出来事なのですね。

この方は、首都圏某所の賃貸マンションに住んでいます。
ここ数ヶ月ほど、家賃の支払いが2-3週間ずつ遅れていました。(月をまたいだ延滞はしていない)

ここの不動産管理会社は比較的厳しく、2-3日遅れると電話が毎日かかってきて、10日以上遅れると連帯保証人宛てに催告書や電話が来るそうです。

彼は自分への電話や督促状はいくらでも我慢できますが、連帯保証人への催促だけはなんとしても避けたいのが本音でした。このため、収入減で経済的に大変きついにもかかわらず、延滞を2-3週間以内にとどめていました。必死に。

驚いたのは今月分です。

写真の文面を読んでみてください。
4月分の家賃ですよ! 本来なら3月31日に支払えば何も言われないはず。
それを、前日の3月30日に、「明日ちゃんと4月分の家賃を払わなければ即連帯保証人に請求する」という殴り書きの手紙が来たのです。

法律上・契約上はこのくらいのことをされてもギリギリ問題ないかもしれませんし、もとを辿れば悪いのは延滞気味だった彼のほうなんでしょうが、それにしても、やり方がちょっとエゲツないですね。

結局、彼は3月31日に無理に無理を重ねてキチッと支払いました。

「連帯保証人には絶対迷惑かけたくない!」 と思っている人は、こうして人知れず苦労しているんです。

借金の連帯保証人に負けず劣らず、賃貸不動産の連帯保証人も相当多いことはあまり注目されていません。世帯数で換算すると、おそらく1500万人近くはいるんじゃないでしょうか!?(かくいうわたしも2軒の賃貸物件の連帯保証人になっています今も)



スポンサーサイト


Comments

とくそく 
保証会社使わなかったのかな?
てか、リプラス飛んでその後どうなっているんでしょうかね?
 
保証人です 
 マンション家賃、20万円/月。推定48ヶ月分、プラス更新料2回分未払と聞く。
合わせて50カ月分、1千万円の未払いだ。これ義父の話。
元々複雑な顔の嫁も、もっと複雑に。
案件は案件として、明るく生きて行きたいもの。
 
保証会社か保証人か・・・ 
>ひきさま

保証会社使わない(or使えない)人も多いですよ。
それに、契約時に「形式だけですから~」と言われれば、「まあ身内の賃貸物件の保証人くらいなってもいいか・・・」という気になってしまうのが、まあ自然な感情かもしれませんね。
かくいうわたしもそうです。連帯保証人の怖さは嫌というほど味わってきましたが、自分で責任とってもいい範囲なら、今でも覚悟を決めて保証人になっちゃうことがあります。(例:身内の店舗開業時の賃貸契約、家賃月6万円など)これについてはいちいち文句いわず、請求がきたときだけ毅然と応対するようにしています。

あ、リプラスは去年の夏に破産ましたね。


>大王子さま

それは大変な金額ですね。
でもこの場合、48ヶ月も延滞しているのにその間まったく保証人さんに告知がなく、また、48ヶ月もの長期滞納をそのままにして退去させなかった管理者側にもそれなりの責任があると思いますので、交渉の余地はじゅうぶんあると思います。法的にも争いの余地があるかもしれませんし、法的じゃなくても、管理者側の落ち度を突いて、大幅な減額交渉ができると思いますよ。

くれぐれも請求額を額面どおりにとらえないで、知識のみならず知恵で乗り切ってください。

 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。