吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

督促状コレクション(2)~信用保証協会


Category: 督促状コレクション   Tags: ---
督促状コレクション第2弾は、東京信用保証協会です。
これもある元社長さん(既に廃業)から、ご厚意で掲載許可していただいたものです。

tokyoguarantee01
代位弁済金額3900万円以上。
経営状態が悪化し、銀行への返済が約6ヶ月遅れたところ、保証協会に代位弁済されました。
その後、保証協会から定期的にこのような催告書のハガキが来ましたが、資金繰りはますます悪化、3900万円どころか1万円も返済困難な状況になってきたので、最後は廃業を選んだそうです。(撤退にも大変勇気がいります。大変だったでしょうね・・・)


*****


次の写真は、別の方から頂いたものです。

彼は保証協会に代位弁済された後も事業継続しており、なんとか少しずつでも返そうとしています。
残債額は上の方と同じくらいあります。
保証協会さんからは、最初は「一括」請求が来ましたが、直接会って、現状をつつみ隠さず話して、「一括弁済は到底無理だが、1万円ずつなら払える、来年以降は業績もゆるやかに回復して3万円以上払えるかもしれない、そして再来年以降にはもっと払えるよう頑張る」 と主張したところ、保証協会は暫定的にこれから1年間だけ1万円ずつの支払いに応じてくれました。来年以降の分はまた来年会って話し合いましょうということになりました。(よかったですね)

そして、10,000円の振込用紙を12枚くれました。(コンビニで払えて大変便利)
それがこれです。↓
tokyoguarantee02

ちなみにこの10,000円は、「元金」として充当されます。少しずつでも払えば、その分、元金が少しずつ減るわけです。遅延損害金はその後です。(←詳しくは書きませんが、ここに問題解決の大きな大きなヒントがあります。)



スポンサーサイト


Comments

毎度です 
うちの担当さん曰く
1万円でもキツイ時は
郵便局払い限定ですが
金額に横棒を引いて、5000円とかでも、
入れないよりは良いので、OK。

ですと。
 
見慣れた催告書 
 私が連帯保証していいました義父の信用保証協会代位弁済済み後の催告書ですね。本人とともに連帯保証人にも届いてます。おなじみです。
 当家では、僕が家内に心配かけたくないなと案じて、郵便をこっそりかくしていたりしてました。最近来ていないなと思っていたら、同じことを案じていた、家内が隠していたことがわかり二人で見つめあってしまいました。残高の減らない催告書数十枚、嗚呼!
 
亀レスすみません 
>相模原の蕎麦屋さま

そうそう、その手もありますね。
あと、もっと親切な担当者さんになると、金額の書いてない振込用紙を12枚くれることもありますよね。


>管理人のみ閲覧さま

わたしの場合、保証協会については、法律的な対抗策はほとんど考えていません。遅延損害金が14.6%だろが何%だろうが、とにかく元金を返すことが優先で、損害金は「金がないからまけてください!お願いします!」的なやり方・考え方です。

>大王子さま

いい奥さんですね。ちょっと感動しました。(涙)


 
 
はじめまして。
上記写真2枚と同じものが手元にあるので苦笑してしまいました。
2枚目に至っては額まで一緒^^;)
連帯保証債務だったからなのか、私の懐事情を知っていたのか、電話対応1回であっさり決着。振込用紙12枚が「親展」付き封筒で送られてきました。
ここに至るまで平静な心境で来れたのも猫様のメーリングリストのおかげです。ありがとうございます。
まだまだ他に爆弾抱えてる身ですので今後も御世話になります。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login