吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

電気を止められるとどうなるか?


Category: 督促状コレクション   Tags: ---
当ブログは14種類のカテゴリーに分かれていますが、新たに「督促状コレクション」というカテゴリーを新設しました。

誰でも、返すべきお金は返したいものです。払うべきお金は払いたいものです。気持ち良く払う瞬間は嬉しいものです。 でも、長く経済行為を営んでいれば、それができなくなる場面もあります。 「綿密に打ち立てた事業計画が失敗してしまった!!返すべき金が返せない!!ううう、どうしよう・・・」 と。

初めて支払/返済に遅れてしまったときのあの罪悪感。あの緊張感。
ひどいときは、死にたくなるほどつらくなりますよね。 

当カテゴリ-は、そんなときの恐怖心を少しでも和らげるのが目的です。
これから何が起こるかわからないから怖いのです。何が起こるのかわかれば、少しは気が楽になります。(不謹慎ですが、慣れると楽しくさえなります。死ぬのと比べたらそのほうがずっと健全ではありませんか!)

わたしのホームページや著書でも、「返せなくなったらどうなるか?」 について沢山書いてきましたが、ブログでは、文章よりも、写真を多用して、督促状の現物を見てイメージトレーニング(?)してもらいたいと思います。
これから暇を見つけて、少しずつ督促状コレクションの数々をUPしてきたいと思います。
おたのしみに。


さて、まずその第一弾は、「電気を止められたらどうなるか?」 です。

tepco090309

この写真は、まさに「今日」止められたばかりのホヤホヤの人から、御好意により撮影させて頂いたものです。 この人は、1月分の電気代が払えず、3月始めに「停止予告」のハガキが来て、予告どおりに今朝電気が止まりました。 そして8時間ほど電気のない生活をし、午後に質屋に駆け込んでやっとの思いで電気代を捻出して、コンビニで支払を済ませました。帰宅したのは午後6時過ぎ。 ちょうどその頃、すれ違いで東京電力の人が電気を再開しに来てくれたようです。写真の文章には「6時07分に電気のご送電にお伺いさせていただきましたが、あいにくご不在でしたので~」と書かれていますね。 これを見てすぐに東京電力に電話したら、7時過ぎに再開工事に来てくれて、無事電気がつきましたとさ。めでたしめでたし。

NTTの場合は止められてもコンビニで支払えば即刻再開されますが、電気の場合、どうしても安全対策上「訪問」が必要なので、このように、一旦電気を止められると、再開に少しタイムラグが発生するのが普通のようです。皆さんも、どうしても金に困ったときは、借金返済を後回しにしてでも電気代を優先しましょう。それでも間に合わない時は、早めに電気会社に電話して相談しましょう。ライフラインに関わるような場合は少し猶予してくれる場合もありますので・・・。

ちなみにわたしの場合、今まで40年の人生の中で、電気を止められた経験が4回ほどあります。子供の頃に家の電気が止められた記憶が2回ほどあるほか、一人暮らししているときにも2回ほどありました。(恥)

その影響でしょうか、すっかり懐中電灯マニアになってしまい、登山用のヘッドライトから海用の防水ライト、果ては警棒代わりにもなるアメリカ製超大型マグライトまで、何十個も所有しています。腰に常時ぶら下げているキーホルダーにもLEDライトがついています。停電くらいでは少しも動じません。むしろワクワクします。(心のどこかで電気が止まるのを待ち望んでいるのかも・・・)



スポンサーサイト


Comments

ホント、早めに・・です 
私共、自営業(サービス業)でして、お客様からの入金と公共料金の支払い・
その他債務の日にちが合わず、極貧中の極貧のときはよく「停止予告」を受けていました。
商売上、電話・電気は絶対止められないし、ガスと水道も生活上無理。
結局、全て止められない状態です。
そこで、水道・ガス・電気・電話(携帯含む)の「停止予告」があったら、
よく電話にて事前に延期してもらってました。
その結果、絶対に相談に応じないのは「電話(携帯含む)」・「ガス」でした。
私の地域だけかもしれませが、停止予告日の前日までに支払わなければいけませんでした。
「電気」はほぼ一週間延期できました。
「水道」は相当延期できます。ただ、事情説明が多くいります。
でも、この方法で何度くぐり抜けたことか・・。

 
NTTへの支払 
だいぶ前生活倉庫で復帰をとげた堀之内社長の話を聞いた時に支払いが苦しい時NTTにも電話して猶予を交渉したそうです。だから一時期NTTでも名前を覚えられたくらいだそうです。意外でしたね。私もそれを思い出して、NTTにお願したことがあります。最終期限からさらに10日間待ってもらいました。
みんな順風満帆ではありませんね。
 
わたしは、 
子供の頃から現在までの記憶をたどってみると、

・電気停止→4回経験あり
・ガス停止→5-6回以上経験あり
・NTT停止→10回以上は経験あり
・携帯電話→10回以上は経験あり
・水道→確か経験なし
・大学の学費→期限に間に合わず退学処分になったことあり(交渉して即復学)


自分としては、若い頃は親のスネをかじって苦労知らずで育ってきたつもりでしたが、こうやって書き出してみると、小さい頃から結構苦労しているような気も・・・。

 
 
おはようございます

電気料に関しては、今後の支払が困難時には、ワンアンペアーリミッターというものが有り、最低の照明器具は使用できるみたいです

確認は取れていませんが、サバイバルの豆知識としてみては如何でしょうか
 
遠隔操作 
 お疲れです。うちのほうですとね(東京電力営業圏内)、電気の停止も再開も、東京電力の人間は、ぜんぜん、立ち会いませんよ。

 支払いが遅れると、通知がきた上で、期日が過ぎると、遠隔操作で電気を止めます。

 ただし、その後、コンビニかなんかで未払い分を支払い、その旨を東京電力に電話すると(普通の番号に電話すると、夜間はテープに繋がるけど、再開の方はそのままお待ちください、みたいなアナウンスが流れて、担当職員に繋がります)、24時間、いつでも遠隔操作で電気を再開してくれます。

 て、岩手のウミネコさんがお書きになっているワンアンペアリミッターは、東京電力(うちのほうだけ?)はなくなりました。
 
連発すみません 
あと、うちのほうの地域で、公共料金の交渉が可能かどうかを記しておきますと、

●電気→延期に応じない。でも、初めての人には応じるよう。
●ガス→けっこう、応じる。また、止めるといってきた日から、実際に止まるまでにはかなり時間がある(職員が直で止めにくるため)
●NTT→前は結構応じた。(今は、ケーブルテレビ局の固定電話を使っているので、3年前くらいまでの知識しかなし)
●水道→いくらでも交渉できる。料金の一部(たとえば千円とか)を支払って止める期日を延ばすことも可能。
●携帯→絶対に応じない。ただし、これも、止めるといってきた日から、実際に止まるまでにはタイムラグがある。
 
ウミネコさま、松井さま 
>岩手のウミネコさま
>作家の松井さま


大変参考になります。ありがとうございます。

それから松井様。メールありがとうございました。後日UPさせて頂きます。

 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login