吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

秋田能代~山形長井での講演終了。


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
◆2月26日は秋田県の能代商工会議所で講演がありました。

 11時56分東京発の新幹線に乗って、約4時間かけて秋田駅に着いて、そこからJR奥羽本線に乗り換えて、東能代駅に着いたのは17時39分でした。自宅から所要時間6時間以上。 飛行機だとこの時期は欠航が多いので、JRの旅にせざるを得ませんでした。おかげさまで本が丸一冊読めました。(デューデリ関係の小難しい本)

 参加人数は25-30名位といったところでした。

◆翌2月27日は山形県の長井商工会議所で講演でした。

 東能代から長井までは、秋田で乗り換えて奥羽本線で新庄へ→新庄から新幹線に乗り換えて赤湯へ→赤湯からクルマで30分という行程です。トータル6時間近くかかります。おかげさまで睡眠がたっぷり取れて本も一冊読めました。(村上春樹が書いた音楽評論みたいな本)

 参加人数は40名強といった感じでした。ほぼ満席でした。



今回は、1泊2日としては移動時間が驚異的に長く、ちょっとしたJR東北一人旅のような気分で結構楽しめました。

また、出会いも予想以上に多くありました。秋田ではなんと、わたしと同じDMCファン(漫画「デトロイト・メタル・シティ」。 DMC信者ともいう)で、サブカル好きで、昔ビックリハウスにはまっていたという女性がいました。  山形では、5年以上前にメールで相談に乗ったことのある北海道の写真屋さん(現在は借金を完済して不景気にもかかわらず好調)のお父様お母様がたまたま長井ご出身で、長井商工会議所にわざわざ来てくださいました。(地元の非常においしいお酒を頂きました。)  またこのほか、2年前に勉強会でお会いした山形の方も来てくださいました。 結構遠いのに、ありがたやありがたや。




スポンサーサイト


Comments

お疲れ様でした。 
猫様を驚かせようと思い、黙ってました。
重い手荷物になってしまい、
お口に合うかしら?と心配ですが、
これで100分の1くらい、恩返しができたかな?
「今」好調なのは、猫研のお陰です。
今が続くとは限りませんから、
ご恩を忘れず、今後も精進します。
 
ビックリハウス、はまってました! 
花編のサイン入り「ヘンタイ良い子新聞」は我が家の家宝です(笑)
そう言えば、北方先生はゲラ持って行っただけでしたが、高橋章子さんは、ご自宅でポートレイトを撮影しました。ギャラはキムチ鍋でしたが....

 
ビックリハウサー! 
>北海道の写真屋さま

ご配慮ありがとうございます。
嬉しいサプライズでした。
今年こそはフライロッド持参して北海道のそっち方面へお邪魔したいものです。アメマスが釣りたい!


>へぶらこらさま

北方謙三に次いで、ビックリハウスもそこまで関わっていらっしゃったとは・・・絶句。
わたしは年齢40なので、ビックリハウスが流行っていた頃はまだ小僧でした。年齢の割にはかなりマセていたほうだと思います。スネークマンショーのアルバムも中学生の頃から全部持っていましたし、にっかつロマン〇〇〇も中学の頃から映画館で観てましたし。


 
話題が色々リンクしますね 
私も同世代(38歳)故、ビックリハウス全盛時代は小学生でした。
花編にポートレイトを依頼されたのは、当時勤めていたスタジオの経理の女性がアッコさんの保育園母友だった為。
無論二つ返事で行きましたよ(笑)

ところで、タマゾン川はそろそろマルタファーストランでは?
 
へぶらこらさま 
38歳だったんですか。もっとオジさんかと思ってました。(失礼)
お互い、年齢の割には古いのが好きなんですね。

タマゾン川のマルタファーストラン!
でも、サケやマスと違って、マルタは気合入れてファーストラン狙いするような魚ではないような気がしますので、わたしはいつも、最盛期に人ゴミに混じって、適当なフライを巻いて適当な装備で適当に釣ってます。
今年も、たぶん桜の咲く前後あたりに出撃すると思います。場所は狛江あたりが好きです。

 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login