吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

SFCG民事再生法(その3)


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
SFCGの民事再生法は許可されるのでしょうか?
というか、その前に、再生計画案は出せるのでしょうか?

民事再生法で会社を再生させるには、スポンサーが欠かせません。
いくら再生法で債務が減っても、その後の運転資金の確保ができなければ存続できないのが現実ですから。

いっぽう、スポンサー側から見れば、支援する「メリット」がなければ資金援助する意味がありません。よって、SFCGが今後しっかり利益を生み出せる再生計画を描けなければ、スポンサー確保は難しいだろうと考えるのが普通だと思います。

では、商工ローンというビジネスモデルに将来性はあるのでしょうか?

なかなかなさそうですね。

・ 上限金利が下がって、薄利体質にならざるを得ない。
・ 大変な不景気のため、貸付債権の回収率もより低くなると思われる。
・ 借り手側も、だいぶ賢くなってきた。新規顧客獲得はより難しくなるだろう。

などなど、悪い材料ばかりですね。


しかしそれでも、スポンサーは見つかるかもしれません。

たとえば、2007年9月に民事再生法を申請した消費者金融の「クレディア」は、翌年2008年4月に「かざかファイナンス」(旧・ライブドアクレジット)がスポンサーにつきました。(←この7ヶ月のタイムラグにも注目)
参考記事はここを参照下さい。あとここも参考になります。 かざかファイナンスは、ほかにも2008年秋に債権者破産を申立てられた三和ファイナンスの支援にも乗り出しています。 これと似たようなことを考えてSFCGのスポンサーに名乗りをあげる会社も、もしかしたらあるかもしれません。



今後どのような展開になるか、目が離せませんね。


(つづく)



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login