吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

「ソープに行け」 ~北方謙三さん風に借金Q&Aをしてみる試み。


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
(注: このネタは、昭和の終わりごろに多感な青春時代を過ごした男性諸兄には大変面白く感じるかもしれませんが、そうじゃない方には何が面白いのかサッパリわからないかもしれません。ご了承ください。)


試みの地平線―伝説復活編 (講談社文庫)試みの地平線―伝説復活編 (講談社文庫)
(2006/01)
北方 謙三

商品詳細を見る





「ただ俺は、俺自身のことを語ることで、おまえたちになにかを感じさせたいのだ。俺から見ると、おまえらは与えられた馬力にも気づかずに、柵の中で大人しく飼われてる羊さ。羊に牙を。羊に角を。それがこのコーナーのテーマなのだと俺は思っている。」    (北方謙三/「試みの地平線」より)



では、いくぞ。

今日は俺が北方謙三になりきって、借金ごときにうじうじ悩んでいるおまえらを目覚めさせてやる。



Q: ボクは将来起業しようと思っているのですが、公務員の息子として苦労なく無難に育ってきました。趣味も特技もありません。大きな買い物をしたこともありません。恥ずかしながら彼女も25年間いません。職場は男ばかりで、出会いもありません。こんなボクでも、起業して世間の荒波に揉まれて成功を収めることができるでしょうか?

A: まずソープに行け。筆おろしはベテランにお願いしたほうがいい。次に慣れてきたら、女を片っ端から転がしてみろ。そうしていくうちに、女を通じて、人との関わり合いや世の中の仕組みというものが体でわかってくるはずだ。まずはそれからだ。



Q: 「強い経営者」になる極意みたいなものがあったら教えてください。いま、資金繰りが綱渡りで借金返済も少し遅れがちで、電話が鳴るたびに不安で、毎晩夜も眠れないんです。

A: 一度差し押さえをされてみろ。差し押さえの一度もされたことのない奴は、俺にいわせれば童貞だ。
童貞を一日も早く捨てて、差押えなんて大したものじゃないと思えるようになれれば、お前は一皮も二皮もむけて、サラ金の取立てぐらいではビクともしない打たれ強い経営者になっているはずだ。



Q: 公庫の700万円の連帯保証人になりました。連帯保証人とは大変怖い制度だと知って、非常に不安です。どうしたらいいでしょうか?

A:  まだ請求も来ていないうちからガタガタ騒ぐな。請求が来てから毅然と対処すればいいじゃないか。男なら腰を据えろ。



Q: 貸し渋り、貸し剥がし、連帯保証制度・・・、まったく、日本はひどい国です。こんな国だから、私は担保や保証人を守るために会社を潰すに潰せないし、運転資金を借りたくてもこれ以上借りられないし、こうして生き地獄をさまよっています。このままでは世の中への恨みが募るいっぽうです。

A: 独りで泣け。 独りで泣いて、なんでみんなこうなんだ、世の中はこうなんだ、みんなが悪いんだ、としばらく思え。しかしそれは、ほんのしばらくの間にしろ。他人はどうでもいいじゃないか。他人のことが頭に来て、他人がやらないことが問題なんだということではなく、自分がやれるかやれないかが問題なんだというところに、君は行き着かなくてはいけない。そういう男になれば、「世の中どうなっちまうんだろう」という薄っぺらな憎悪はなくなるだろう。そういう薄っぺらな憎悪で、自分の精神状態を支配していたら、何もいいことはない。何も生産的なことはない。  (← これは北方謙三さんの言葉がそのまま一字一句ピッタリくるので原文のまま引用。)



* 参考資料: http://media.excite.co.jp/book/news/topics/059/p01.html 面白いので一読の価値あり!


* (最後に。) わたしは昭和43年生まれですが、中学2-3年の頃に急に色気づいてきて、中3からホットドッグプレスを読み始めて、どうすればカッコ良く見えるか、どうすれば女の子の気を引くことができるかを日々悶々と考えていました。ちょうどその頃に同誌で連載でやっていたのが、北方謙三さんのこの「試みの地平線」でした。 「ソープに行け」とかいった破天荒なアドバイスには毎号笑いシビレました。高校2年ぐらいまで読んでいたかな?
 その後、受験生のときに、中央大学の入学案内に、卒業生のインタビューで、北方謙三さんと志茂田景樹さんの対談が載っていて(どちらも中大卒なんですね)、そこに確か、司法試験合格のために眉毛を片方だけ剃って外出できないように自分を追い込んでいる友人がいるとかなんとか、すごい話がいっぱい書かれていた記憶があります。
 一度もお会いしたことはありませんが、そういうわけで、北方謙三さんには妙な親近感のような懐かしさのようなものを少し感じたりします。



スポンサーサイト


Comments

 
先生と一回り年齢が離れてるのですが、僕も中学生の時、ホットドック買ってたなー。

当時、エアマックスが流行ってた時期です。(どうでもいいか)

それにしても、今日はバレンタインデー。。。。。

頑張りますv-506
 
読んでみよう! 
猫次郎さんのアプローチ、励ましはホント、勇気がわいてくるし元気がでます!

今日のバレンタインは猫次郎さんだったらチョコよりうまか棒セットのほうが嬉しいのかな・・・(*⌒ー⌒*)
 
 
懐かしい。
北方謙三の「試みの地平線」
開口健の「風に訊け」
あたりは、我々世代の必読書で有りましたね。

そう言えば、遙か昔まだ北方先生のマセラッティに初心者マークが貼ってあった頃(笑)
ゲラを持って先生のご自宅に伺った事が有ります。
○×△学校PTA役員(多少文面が違うかも)って札が玄関に貼ってあって驚きました。

試みの地平線、読み返してみようかと思います。(風に訊けは、数年に1回読み返してニヤニヤしておりますが)

 
ちなみに 
ホットドッグプレスで「how to sex」の号はシャイな私は買えませんでした・・高校に入学時は革靴はHARUTAだったのにリーガル、ジャーマンとグレードアップしていきましたね。シャツもラルフローレンやブルックスブラザースなどになり顔の不味さをなんとかカバーしようと必死でした(笑)
 
まだまだ物足りないぜ。 
>じゃいるず・ぴーたーそんさま

エアマックスが流行っていた頃はわたしは26-7歳位のサラリーマンでした。わたしもエアマックスを1足持っていて、ビンテージのリーバイス501などに合わせてはいていましたよ。

>みみさま

「うまか棒」ではありません。
「うまい棒」です!


>へぶらこらさま

北方さんご自宅にゲラを・・・、すごいですね。
それにしても一体あなたは何者ですか?
タマゾン川の話といい、とても他人とは思えません。


>東京の自動車屋さま

わたしは中学生の時からビニール本を買ってましたので、そのへんは平気でした。

ところで、ついに坊主頭にしましたね!
とても似合ってますよ。


 
最高です 
猫さん、最高ですね!

「試みの地平線」、私も愛読していました。単行本になったときには、北方さんのかっこいい写真もたくさん入ってて、憧れたものですよ。懐かしい……。

ほかの辛口の人生相談で面白かったのが、昔、「週刊プレイボーイ」で連載されてた大空のサムライ、坂井三郎氏の人生相談。

何かというとすぐ、「そういうのは、戦場では悩みとはいわない」とか言うんですよ。しかし、一本筋が通ってて面白かったですよ。
 
 
エアマックスもってたんですかーv-363
もちろん持ってませんでした。

僕の住んでるとこ、田舎なので、入手困難でした。

雑誌で眺めて憧れてました。

懐かしいなー。
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login