吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

すごい変化


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
pasta


この土日は、自宅から一歩も出なかった。
部屋の中でずっとHP更新作業や読書などをしていた。
一円もお金を使わなかった。

食事は、昔のわたしを知っている人がこれを聞いたら皆一様に驚くだろうが、なんと、全部自炊した。

こんなの初めてだ。
一体どういう心境の変化だろう?

わたしは料理の経験がほとんどなく、昨日までスパゲッティのゆで方も知らなかったほどだ。
部屋で料理したことなんて全くといっていいほどない。換気扇は綺麗そのものだ。

(ただ例外としては、キャンプや釣りに行った時だけは結構作る。魚を刺身におろしたり、串で焼いたり、BBQしたり、湖畔でおでんパーティーやったり・・・)


土曜日は、朝食が納豆トースト、昼食がうどん、夕食が枝豆ともらいものの牛タンとキムチだった。

日曜日は、朝食ケロッグ玄米フレーク+豆乳、昼食が納豆トースト、夕食はスパゲッティミートソース(但しソースはレトルト)だった。


今日は生まれてはじめてスパゲティを自分でゆでることに成功した記念すべき日だ。


人間は順応していくものですね。

スポンサーサイト


Comments

 
あらあら

スパゲティの調理法は(ソースがレトルトなら)お湯の量と茹で時間が違うだけで、あとは、インスタントラーメンより簡単でしょう。

次は、日本そばや稲庭うどんに挑戦ください
 
 
九州男児のうちの父も、普段は一切やらなかったけど、月に一回位牛筋の煮込みをこの猫先生と同じ鍋いっぱいに作ってくれました。
それがすごい美味しかったの思い出しました。
男性の方がダイナミックで思い出しました美味しいんですよね☆ヽ(▽⌒*
 
 
>身の丈さま

ハイ。徐々に覚えていきたいと想います。スパゲティの次はうどんかそばですね!

そういえばブログ記事には書きませんでしたが、土曜日はもらいもの「枝豆」を自分で茹でて作ったんですよ。ネットでレシピを見ながら、塩が中まで通りやすいように工夫してみました。自分で枝豆を料理したのは初めてでした。


>まめさま

そのとおりですね。
わたしも料理はほとんどド素人なわけですが、なぜか、カツオを3枚におろしたりしたことはあります。しかも船の上で!

 
 
30日の大船渡でお会いできる事を楽しみにしています
 
読破中v(^^)v 
『焼き鳥にはなぜ串がついているのか』「セブンイレブンの正体」『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を読みました。今は餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』と「会社にお金が残らない本当の理由」を同時に読んでいます。
「会社に・・・・」がとってもおもしろいです。
減価償却って何だろうとずーっと思っていましたが、からくりがわかりました。後半には何が書いてあるのか楽しみです。学んだことをアウトプットしなきゃと。。。MIXIの日記に理解できたことなどをちょこっと書いています。月1回参加している経営者の勉強会でも猫次郎さんを紹介する機会をねらっています。(笑)ご報告まで。ってここに報告で、いいですか?
 
雑感 
私も現在の金融問題に関して議員さんと話すときなど、よく猫次郎さんのHPを話題に出しています。こういうグループってめずらしいと思います。どれだけの人が助かっているかわかりませんね。最近のHPのアドバイスの更新、全部読ましていただきました。借金より、税金の滞納が問題が大きいとありましたが、ドキッとしました。なるべく早く少しずつでもいいから滞納をなくそうと思います。
それにしても、固定資産税、消費税、所得税、払わねばならない税金や保険料が多いですね。
 

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login