吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

「捨てる物があれば、得る物はそれ以上に大きい」


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
昨夜の仙台勉強会での自己紹介にて。

多くの人が苦戦を強いられている中、2人ほど、明るい話が聞けた。


Aさん:  「2年前に猫次郎さんに弁護士さんを紹介してもらって自己破産しました。自宅の競売は思ったよりずっと遅くて、免責が確定した1年以上後でした。まだまだ住めそうだったけど、新しい仕事が思いのほか順調なので、自分から通勤に便利な場所へ引っ越しました。もちろん賃貸です。 今、大変忙しいです。全国引っ張りだこで、手帳はご覧のとおり真っ黒けっけです。」


Bさん:  「いやあ、つくづく、人生、捨てるものがあれば、それ以上に得るものが多いですねえ。 実は私も、この勉強会に参加するのは3度目、3年ぶりですが、この3年ほどの間に、そこそこ儲かっていた前の会社を部下にそのままあげてしまって、私のほうから退職して(方向性のズレ)、残った借金は全部私が引き継ぐことにして、ゼロから新しい会社を始めたんですよ。 そしたら、むしろ得るもののほうが多かった。今は新しい会社が好調で、全く困っていません。」



逆に、捨てきれずに苦しんでいる人もいた。


Cさん: 「うちは工場を経営しているんですが、営業利益がいくら切り詰めてもプラマイゼロに近い状態で、銀行への返済も自転車操業でギリギリどうにかこなしている状態です。 先日、銀行に追加融資の相談に行ったら断わられてしまいました。断わられた日は目先真っ暗になって自殺しようと思ったほどです。 今、5人の社員がいます。本当は、これを4人に減らせば自転車操業から脱却できるくらいの利益は確保できるんです。減らしたい1人というのは、私の腹の中では決まっています。彼は50代後半、勤続年数10年以上の男性で、私が資格を取れといっても取らず、スキルアップしろといってもせず、ミスも多く、給料を下げても辞めようとせず、完全にうちの職場にあぐらをかいて、ほとんど役に立たない人間です。 ・・・でも、切れないんですよ。私が甘いんでしょう。彼は再就職できないと思うし、家族もいるし、それを考えると、どうしても切れないんですよ・・・」





スポンサーサイト


Comments

私は 
Cさんの部類です。

いえ Cさんほど立派な(私にはそう思える)理由もありませんが
過去2店舗やってた時 まさしくそうでした。
 
計画的に 
Bさんに近づけないものか?

儲かっていてもそれを捨てて新たな方向に向かって進むのは、私は好きだなぁ・・・

継続はチカラなりだけど、何を継続するかの客観視も必要だと思う。 

捨てる勇気を持つこと・・・捨てなきゃ人間のキャパなどすぐに一杯になってしまうのでしょう。
 
 
元巨人軍、桑田真澄さんが、来年1月早大大学院受験するみたいです。

かっこよすぎる!

そういう人間に自分も近づきたいです。



 
亀レス 
>ゆうひさま

 多くの方がこのタイプでしょうね。合理的に考えればやるべきことは明白だけど、実際にはなかなか決断に踏み切れない。人間くさいですね。

>イチローさま

 わたしの場合、初期段階ではCさんタイプですが、キレたり腹がくくれたりするとBさんに急変するようなタイプですね。


>じゃいるず・ぴーたーそんさま

記事読みました。既に大卒資格(通信制か?)は取得済みで、これから人間科学部の大学院を受けるみたいですね。


そういえば話は変わりますが昔、友人のお父さんで、会社にリストラされて、暫く警備員などのアルバイトをしながら、5年ほどかけて独学&通信教育で、税理士試験に合格した人がいました。半端じゃないです。「急がば回れ」

 
 
ありがとうございます。

年齢、社会は、関係ないんだなと感じました。その人しだいなんだと。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login