吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

ざっくり分かるファイナンス


Category: オススメの本   Tags: ---
ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
(2007/04/17)
石野 雄一

商品詳細を見る



* これは1年くらい前に読んだ本だが、なかなかおすすめ。
 但し要注意。数字に弱い社長さんがタイトルを鵜呑みにして「ざっくり分かる」と思って読むと、たぶん自信喪失する。以前紹介した同出版社の 『経営の大局をつかむ会計』(山根節) や、それよりもっと易しく書かれた同社のベストセラー書 『さおだけ屋は~』 あたりから読み始めて徐々に理解を深めないと、たぶんチンプンカンプンだろう。聞き慣れない横文字や数式も結構出てくるので。
 しかし、ある程度勉強している社長さんが次のステップアップを目指す場合、この本はうってつけだと思う。


* ところで、とってもいい本なのだが、1箇所だけ突っ込みを入れたく箇所を発見した。

 それは、同書の98ページにWACC(加重平均資本コスト)の例として記載されている 「マティーニ1杯のコスト」 である。

 cocktail081206
(写真の酒がマティーニです。これは私が作った猫次郎スペシャル。ご参考まで)

 このマティーニのコスト計算の根拠が、明らかに間違っているのである。 
(どうでもいいような細かい突っ込みですみません・・・)

 ここには、ドライジン400円/1杯(60ml)を45ml + ドライベルモット200円/1杯(60ml)を15ml = マティーニ60ml1杯作るのに350円かかると書かれている。

 しかし、ドライジンは60mlあたり400円もしない。
 酒屋へ行けばわかるが、ジンの定番であるビーフィーター、ゴードン、タンカレー、いずれも、750mlで1500円前後だ。デパートで買っても2000円でおつりがくる。ドンキホーテなら1200円で買えることもある。
 仮に、750mlのタンカレーを2000円で買ったとしても、60mlあたり160円という計算になるではないか。
 ドライベルモットも本当はもうちょっと安いと思うのだが、まあこちらはこれで良しとしよう。
 これで再計算すると、ドライジン45mlで120円+ドライベルモット15mlで50円 = 計170円 でマティーニの出来上がり、という計算になる。

 さらにもうひとつ、突っ込みたい部分がある。(すみませんお付き合い下さい・・・)

 これだけ高いジン、これだけ高いドライベルモットを使用しているのに、オリーブを入れていないとは何事か!?  また、ステアする(かきまぜる)際にも、大きめのロックアイスがないと美味しくできないから、氷のコストも勘定に入れなければならない。 とすると、オリーブと氷をあわせて、1杯あたり200円前後になるはずだ。


 すみません。こういうのを、重箱の隅をつつく っていうんですね。
 すっかり本題からそれました・・・。



 話がそれたついでに、カクテル作りの近況を。

 最近、青っぽいカクテルにはまっている。
cocktail081205
 これはブルー・マルガリータ、猫次郎スペシャル。

 テキーラ30ml、ブルーキュラソー15ml、生絞りレモン15mlをシェイクして作ったもの。グラスには塩。

 テキーラと塩という組み合わせはメキシコの超定番なんだけど(メキシコのワイルドな男たちは手の甲に塩を乗せてそれを舐めながらテキーラのロックを飲んだりする)、こうやってレモンやキュラソーなどを加えてカクテルにすると、まるで別の飲み物になるから面白い。

 これをホテルのバーで飲むと、だいたい800円から1200円位はする。
でも自分の部屋で作ると、1杯あたり材料代200円位で作れる。
(もっとも、味は天と地の差だけど・・・)

 たまに出張先のホテルのバーで飲むと、とても勉強になる。
「なるほど、こりゃ1200円でも納得だわ」 と、感心することが多い。

 でも逆に、「おいおい、これで1200円はあんまりだろ、俺が部屋で作ったほうが美味いぞ!!」 と怒り出してしまいたくなるようなひどい店もたまにある。

 そして、「プロ意識とは何か?」「付加価値とは何か?」・・・と、ちびちび飲みながら、とりとめもなく考えるのであーる。


 猫

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login