吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

トヨタ、マスメディア広告費3割カット=自動車業界、一段の経費圧縮


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
 トヨタ自動車が原材料価格高騰や北米市場低迷で収益が圧迫されている
ことを受け、2009年3月期(今期)に新聞やテレビなどのマスメディア向け
広告・宣伝費を、前期比3割弱削減することが29日、明らかになった。同社は
今期の連結営業利益を29.5%の大幅減益と予想しており、経費削減を一層
推し進める。

 広告・宣伝費については最大手のトヨタのほか、日産自動車など大手各社も
絞り込みを始めている。マスメディア業界の収益にも影響しそうだ。


引用元:
8月30日3時1分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000227-jij-bus_all


* これ、広告代理店やTV民放や新聞社出版社にとっては結構衝撃的なニュースじゃないでしょうか!?
なにしろ、前に当ブログで書いたとおり、トヨタの広告宣伝費はダントツの日本一で、年間1200億円もかけていたんですよ。(そのせいか、どのメディアもトヨタ様の悪口を滅多に書かない)
それが3割減ということは、単純計算でも360億円も減るわけです。
このうちテレビCMが何割で新聞雑誌広告が何割なのかわからないけど、中にはトヨタからの広告費収入が全収入のかなりの割合を占めていて、それでどうにか支えられているメディアも少なくないでしょう。

さて、これが今後どういう影響を及ぼすでしょうか?

先日私は、「風が吹けば桶屋が儲かる」の由来について書きました。

たとえば、わかりやすいところでは、

原料高騰 → トヨタの経営圧迫 → トヨタの広告費が3割減る → 新聞雑誌がトヨタについてホンネの辛口意見を述べるようになる → ますますトヨタの人気低下 → ますますクルマ離れ → 代わりに小型バイクと自転車が人気に・・・ なんてこともあるかもしれませんね。
(実際、既に一部の高級自転車と、51~125ccクラスのバイクは、今までにないほどよく売れていますしね)

これも先日書いたばかりのことですが、どこかが不景気なら、必ずそれと対照的に、別のどこかが繁盛しています。 戦争が起これば軍需産業が儲かります。 不景気で所得水準が減ればサラ金が儲かります(儲かりました)。 世の中が閉塞的になってストレス社会になれば、精神病院やパチンコ屋が儲かります。

そういえば、一昨日は高校の同級生の集まりで歌舞伎町で飲んでました。昨日も偶然ですが仕事の付き合いで歌舞伎町にちょっと寄って軽く飲みました。 歌舞伎町ではここ数年、キャバクラよりもホストクラブのほうが何だか目立っています。 ここからも何かが読み取れますね。


スポンサーサイト


Comments

広告費削減 
猫さん、おはようございますパパリンです。
広告費削減と言えば、私は新聞販売店をしている知り合いが何人かおりますが
今年に入ってから折込チラシが2割から3割減ってかなり厳しい状況だと
皆、口を揃えて言っています。
ちなみに新聞は日本で一番の部数を誇っているところです。
 
その後自転車乗ってますか? 
パパリンさま

お久しぶりです。

紙媒体の広告費削減は、まあコスト削減のためでもありますが、同時に、「インターネット」へのシフトという時代の大きな流れによるところも大きいでしょうね。

クルマ業界なんかはその最たるもので、最近ではユーザー側も、自動車雑誌の広告を見て買う人がグッと減り、かわりに、ネット検索で欲しいモノを見つけて買うことのほうが激増していますしね。

ところで、自転車の勢いが止まらないですね。今日も日本橋のLOROという自転車屋に修理依頼しに行きましたが、月曜日の夕方だというのにすごい客でした。 1台10万円以上の自転車ばっかり置いてある店ですよ!不景気などどこ吹く風といった感じでした。


 
乗ってますよ! 
猫さん、こんにちはパパリンです。

相変わらずチャリにはまってますよ!
最近は天候不順で乗れない日が多くてストレスたまりまくりです。
先日も雷雲と競争し見事追いつかれて大変な目にあいました。

猫さんもこの夏は自転車ライフを満喫されたようで何よりです!

そう言えば我々の業界も「ネット」による集客の割合が激増している様です。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login