吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯金300万円ないと結婚できない???


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
ある若い男性から結婚の相談を受けた。
(おいおい、明らかに相談相手を間違っているぞ

しかし聞いてみると、昔から非常によくあるタイプの悩みで、
わたしも似たような経験をしたことがあるので、ついつい親身になって聞いてしまった。


相談の内容はこうだ。

彼は30歳のときにサラリーマンを辞めた。早稲田大学を卒業して、大手食品メーカーの本社で商品企画の中枢にいたエリートだったのだが、昔から「飲食店を経営したい」 という夢があり、在職中に料理から経営学・簿記にいたるまでまんべんなく勉強して、7年かけて貯金を1000万円貯めて脱サラ・独立したのだ。いまどき大変珍しい気骨ある若者だ。彼の夢は、単なる小さな飲み屋のオヤジになることではない。飲食店をイチから始めて、大きく拡大していくことだ。

しかし現実は厳しく、1年目赤字、2年目赤字、3年目にようやく徐々に認知されはじめて僅かながら黒字化したが、この時点で蓄えは完全に底をついていた。
5年目の現在はやや増収増益基調で、累積赤字がようやく解消できそうなところだ。
借入金は、国民生活金融公庫や信用金庫からのものが、設備資金・運転資金あわせて2000万円ほどある。担保に差し出せるような資産は何もない。実家が裕福ではないので、親の援助も受けていない。

まあ、商売を営んでいればよくあることだ。
3年目に黒字化できただけで大したものだ。

商売には、「創業期」「成長期」「安定期」「衰退期」がある。
創業期の数字と安定期の数字は単純に比較できない。
創業期から成長期にかけてが、一番資金需要の旺盛な(あるいは資金負担の重く感じる)時期なのだ。
手持ちの現金が少なくて、借入金が多いのも、この時期なら無理もない。
むしろ、2000万円程度の借入金でよく耐えしのいでいるものだ。
よく健闘していると言ってもいいかもしれない。


しかし、(ここからが本題なのだが、)

彼の彼女のお父さん(お堅いサラリーマン)には、そう映らないようだ。

「貯金ゼロ」「借金2000万」という点が大変気になって、娘を嫁にやることを絶対に許さないらしい。
このお父さんは、昔からよくある古くさい条件を突きつけてきた。

「娘と結婚したいなら、まず300万円貯金しろ!」 と。

ちなみに、娘さんは33歳だ。
もう彼と付き合って4年になる。


これを聞いて、わたしは   「この親父はバカか?」  と思った。


娘さんへの思いを「試す」ために300万円貯めろと言っているのなら、まあ、その気持ちは理解できる。
しかし、次のような理由から、やっぱりこの親父はバカだと思う。


≪一般人的な視点でみた場合≫

1. 娘さんはもう33歳、しかも自立した社会人だ。
2. 付き合って4年にもなり、二人の信頼関係は出来上がっている。
3. どうして「ひとつのモノサシ」でしか測れないのか。

≪経営コンサルタントの端くれとして見た場合≫ 

1. サラリーマンと違って、経営者の預貯金など「有って無いようなもの」だ。たとえ1億円貯金があっても、業績が悪化すればそんなものはすぐに無くなってしまう。 
2. 彼が脱サラして5年しか経っていない、まだ成長期のやや手前の創業期・黎明期にいることをわかっていない。
3. ひとくちに借金2000万円といっても、事業を営んでいれば、借入金は資金調達手段として欠かせないもの。また、事業の借入金は「利益を生み出すため」のものであり、「消費のため」ではない。サラリーマンが消費のために2000万円の借金をこしらえたのなら確かに事態は穏やかでは済まないが、事業の借入金なら2000万円など当たり前の範疇だ。このくらいでガタガタぬかすようでは経営者の妻になどなれない。


以前、わたしはここのブログで、オススメの本として、『お金がなくても平気なフランス人、お金があっても不安な日本人』 という本を紹介した。  わたしの友人にもフランス人じゃないけどスペイン人と結婚した友人がいるが、やっぱりご主人は貧乏だった。でも二人は明るく仲良く暮らしている。結婚にあたって、お金がないことは全く理由にならなかった。お金がないことを結婚拒否の理由にしようかどうかという発想すらなかった。結婚式は海外の小さな教会で、新婚旅行(貧乏旅行)を兼ねてやったそうだ。披露パーティーはレストラン貸切で、わたしも招待されて行ったが、会費制で自己負担ゼロ。ほとんど金をかけず、だけど印象に残る楽しいパーティーをやった。彼らに「お金がないから結婚できないんだよ・・・」と説明しても、きっと全く理解できないだろう。


・・・と、彼に対してはアドバイスらしいアドバイスにならなかったかもしれないが、ざっと以上のような話をした。


盆休み明けのちょっとした出来事。



スポンサーサイト


Comments

その男性の方に 
その男性の方に大声で
がんばれ~
と伝えたい気持ちでいっぱいです

すごいじゃないですかー
資金から一人で貯めて、なおかつたった3年で黒字化なんて!

この価値が全然わからない親父さんなんか放っておいて、
駆け落ちしちゃえー
・・・と思いました。
 
あの。。。 
ただ娘をもつ父親の気持ちがそうさせるんじゃないかしら・・・
私は息子しかいないので、猫次郎さんと同じ思いですが、娘さんを思う親の気持ちとしては、自分がたとえサラリーマンじゃなく自営業で、彼と同じ思いをわかったいたとしても、そんなふうに言ってしまうんじゃないかな・・・娘には苦労せず幸せになって欲しいって・・

夫婦一緒に苦労しながら幸せを築いていくってわかっていても・・・

だけどきっとお父さんも二人を許してあげると思います。
 
嫁さんのオヤジ 
1億2千万円の借金、0円の貯蓄、自営、再婚のオイラのところへ、喜んで娘を結婚させてくれた嫁さんのオヤジに改めて感謝する次第ですm(__)m
 
ってゆうか・・・ 
あのー内緒にしてましたが、私が再婚したときは、ちょうど「競売決定通知書」が届いたときでした。
さすがに「こいつ、あほか?」と思いましたが、嫁いわく「今結婚すれば、後は上がる一方よ!!」ですって。いやー私も「宇宙人」や「ブラジル人」や「エイリアン」や「不死身の男」と数々の称号を頂いていますが、さすがに負けました・・・
ということで、たかだか2000万円、競売の方が大変ですよ。
最後に一言、「競売に乾杯!!!」
 
>ALL 
>keiさま

 駆け落ちですか。それもいいかもしれませんね。なにそろ33歳と35歳ですから、自分の意思で突っ走っても。
 思うのですが、彼女のお父さんが彼のことを「試している」のだとしたら、彼のほうも、彼女とその家族を「試す」という姿勢でもいいんじゃないでしょうか。
 サラリーマンの娘が自営業の男に嫁ぐというのは、ある意味、外国へ行くのと同じくらい世界が違うのですから、旧来のモノサシをそのまま持ち込んでいては、とてもついていけないと思うのです。

>みみさま
 
 私もその父親の気持ちはわからなくもないですが、私の考えは、結婚時の経済的安定にプラクィオリティを置くこと自体、そもそも間違っているんじゃないかと思います。
 大事なのは「愛しているかどうか」に尽きます。結婚したいほど愛し合ってるなら迷わず結婚すればいいし、それほどでもなければ結婚しなければいい。それだけのことです。
 経済基盤は、何もないところからゼロから一緒に作り上げていくぐらいの気構えのほうがいいんじゃないでしょうか。
 だいたい、いまどき、経済的安定なんて国家公務員でも大企業サラリーマンでも望めませんよ。公務員でも「うつ病」で退職を余儀なくされる人がいます。上場会社でも定年前に倒産したり人員整理されたりというのはよくあることです。
 むしろ、「いま安定した職業に就いている人」よりも、「不安定な経済環境でもたくましく生き抜いている人」のほうが、長い目で見てブレが少なく、不測の事態にも対応できて、夫として頼もしいんじゃないでしょうか。
 以上、あくまで私の考えですが・・・。


>相模原の蕎麦屋さま

 いい話ですね~。ゼロから、いや、マイナスからのスタート。
 これから何が起きても、結束力が失われそうにないですね。


>自動車屋さま

 いい話ですね~。競売中に結婚。
こういう場面では、本当に、その人の器量が試されますね。奥さんはあなたなんか足元にも及ばない大物ですね。

 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。