吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

夏休み自転車一人旅 (3日目~284キロ完走編)


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
8月11日(月) 天気晴れ。

最終日だ。

月曜日だが、夏期休暇としてお休みを頂いた。


6:00頃
山中湖・湖山荘キャンプ場にて、起床。
実に10時間も熟睡した。
ここは地面の砂利質が土に近い感じで、フカフカで寝心地良かった。
0808111
朝食は、前日コンビニで買ったサンドイッチとコーヒー。
2時間ほど、だらだらここで過ごす。


8:00頃 
帰り道へ向けて出発。
帰りは行きと同じR413号「道志みち」だ。
この峠はとにかく好きなので、一度でいいから自転車でも登り・下り共にチャレンジしてみたかったのだ。


9:00頃
5キロほど先の「山伏峠」に到着。
ここまでずっと激しい登坂だった。
おまけにひどい筋肉痛。何度も押して歩いた。(ああ情けない)
たった5キロ先へ行くのに、1時間もかかってしまった。
0808112
さあ、ここからは激しい下り坂だ。
思わず「わーいわーい」とはしゃいでしまう。(一人なのに・・・)


0808113
ディスクブレーキ。自転車は車重が軽いから「フェード現象」なんてあまりないと思うが、それでも念のために、途中何度かブレーキの点検とセッティングを行う。こういうときも、バイクに長く乗ってた経験が生きる。おかげで無事故無転倒で旅を終えることができた。

0808114
R413「道志みち」の全体図。
帰りは45キロ近く、ずっと下り坂だ。
・・・と思ったら、甘かった。途中、何箇所か登り坂もあって、筋肉痛で足を引きずっている者としては、短い距離であっても、登りは大変キツかった。例によって汗だく。


0808115
途中、何箇所かで、こういう水飲み場を見つけた。
書いてある言葉に注目。実に素晴らしい。
日本はつくづく、いい国だ。
石油よりも貴重な「水」という資源が、このように至る所に豊富にあるではないか。
こんなに水資源の豊かな国はないですよ。


11:00頃 
津久井湖到着。
やっぱり下界は暑い・・・
信号も多い・・・
交通量も多い・・・
ゆっくり走っても、ストレスを感じてしまう。
それに比べて、道志の峠道や樹海の自然歩道は、疲れるけどストレスがなくて楽しかった・・・


12:00頃
橋本到着。暑い。暑すぎる。
ガストで昼食。(なぜガストかというと、ドリンクバーで飲み放題だから。無性にコーラをがぶ飲みしたくなったから)

このあたりから、だんだん足の痛みがピークにさしかかってきて、平坦な道でも漕ぐのがつらくなる。

14:00頃
府中通過。
足も手も、リュックを背負っている肩も、ピリピリ痛む。
特に左足ヒザ裏の痛みがひどくて、このあたりから後はほとんど記憶にない。
ゆっくり走る。
途中、水が足りなくなると公園で汲み、とにかく水を飲みまくる。
0808116

15:30頃
吉祥寺付近を、ヨロヨロしながら通過。
それにしても信号と車と人が多い。険しい山道のほうがずっといい。


16:30 
帰宅! 完走!!
家を出てから52時間。
総走行距離284キロ。
0808117


部屋で体重を量ってみた。
なんと、73.6キロ!
0808118
出発前と比べて2.6キロも落ちていた!
(いや、直前に水を大量に飲んでいるから、実際には3キロ以上落ちているかもしれない!?)




*******

今回の旅は、たった2泊3日の富士五湖方面への旅行に過ぎなかったけど、

・30代最後の一人旅
・地図のない旅
・最初から最後まで「人力」だけで走破する旅
・水のありがたさを痛いほど知った旅
・己の肉体を痛めつけた旅
・完走することに意義がある旅
・平坦な道よりも、険しい道を選んだ旅
・青木ヶ原樹海の大自然を堪能できた旅

・・・と、身近な場所ながら、今まで経験したことのないストイックかつダイナミックな旅だった。
大袈裟にいえば、これは一種の「冒険」だった。

自分の運動不足、筋力の弱さを痛いほど痛感したが、反面、持久力と心肺能力は捨てたものではないということもわかった。

本とノートパソコンを持ち歩かず、活字に極力触れないのも新鮮だった。
おかげで、頭がリセットできた。

通り慣れた道でも、自転車や徒歩でゆっくり走ると、今まで気付かなかった新鮮な発見が幾つもあった。

青木ヶ原樹海は、やっぱり思ったとおり、不気味な場所ではなかった。
素晴らしい自然の宝庫以外の何物でもなかった。
また樹海探検したいものだ。

3日間で使ったお金は、食費と温泉代とキャンプ場代と雑費もろもろで、わずか6000円強。
安上がりだけど、今までに行ったどの旅行よりも収穫があった。
言葉には言い表せない数多くのものを得た。

「やらないで悔やむより、やって悔やむ」の精神。
この旅は、2年前からぼんやり企てていたのだが、年齢的、時間的、体力的に、まず無理なんじゃないかと思っていた。でも無理してやった。


16:30に帰宅して、本当は疲れ切っているはずなのに、今こうしてブログを書いている。
軽い興奮状態のようだ。


(完)
スポンサーサイト


Comments

ぬおおおおお! 
雄として感動しました!
あの永遠と続くかと思う坂道を
その歳で完走するとは。
しかも1人。
いつでもやめられる、でも帰らない精神力!私は今、猛烈に感動しています。いつの日か、追いつき、追い越せるようにがんばります!!
 
 
やらないで悔やむよりもやって悔やむ…
すばらしい言葉です。
モヤモヤしてた気持ちふっ切れました
三日間の日記を読んで自分も行ったような気持ちで今ドキドキしてます。
感動しました。
道志村大好きな場所です。
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
走破おめでとうございます! 
お腹の筋肉に「活」は入りましたか?
ヒナも今日から夏休み。
お盆は実家に帰って、3晩夜通しの盆踊りに参加してきます(笑)
 
 
山中湖まで、いらしたんでしたら、御殿場よって下されば・・・・。
私は、年ですので、バイクでツーリングを。
 
>ALL 
> 自動車屋さま
 自転車でヒルクライム競技にはまっている人がいますが、私はあれは完全に「ドM」の世界だとばかり思ってました。しかし今回峠を登ってみて、あれにハマる人の気持ちがわかりました。(って、私もドMなんでしょうね、前からきっと・・・)


>まめさま
 そうです。やらないで言い訳ばかり作って後から悔やむのが、一番ストレス溜まり易いと思います。かくいう私もそれで何度も失敗したことがあります。だから今は、極力「どうせ悔やむなら、やってから悔やんだほうがいい」と自分に言い聞かせています。なるべく・・・


>管理人のみ閲覧さま
 一件落着(?)ひとまずよかったですね。ところで、次の名古屋勉強会は9月中旬までに実現したいと考えています。

> ヒナさま
 ハイ。少なく見積もって、ウェストが3センチは細くなりました。最近ピチピチだった33インチのズボンが丁度良くなってビックリしました。
 リバウンドしないように頑張ります・・・

>のみさま
 今回は苦行の旅のつもりでしたので、誰にも声をかけませんでした。
 バイクで富士山方面へ行くこともたまにありますので(借り物のハーレーとか、125とか、スクーターとかで・・・)、そのときは事前に声かけさせて頂きますね。


 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login