吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

「7月は過去最低だった」 という会社が多いようで・・・


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
わたしのまわりだけかもしれないが、掲題のとおり、「7月の売上は過去最低でした・・・(泣)」 という会社が非常に多い。 もう異常なほど多い。たとえばこんな具合に。

・都内の中古車屋さん: 「7月は前月比30%減、前年比にいたっては80%減でした。7月に売れた中古車は2台だけです。もうやってられません(泣)」

・都内のサービス業さん: 「7月は制約ベースで800万、しかし入金ベースでは150万しか入っていません。去年の10分の1です。今月は設立以来初めて、給料の遅配をしました(泣)」

・都内の広告業さん: 「今月はどういうわけか、売掛金の入金ズレが多いですね~。ホントは月末に25件、600万円ほど入ってくる予定だったんですが、8月1日正午現在、まだ12件、270万円しか入金ないッスよ~。いくらなんでも、こんなに多いのは初めてですわ(泣)」


不景気不景気ってずっと言われ続けているけど、ここまで「冷え込んでいるなあ~・・・」と実感したのは初めてかも。

皆さんのまわりはどうですか?



猫@土日はブログ更新休みます


スポンサーサイト


Comments

 
非常に景気悪いです。
昨年夏デパートで売り上げたある商品の売り上げが14日まで全然動いていませんでした。デパートのギフト売り場で定点観測をやっているのですが、商品券売り場が去年はいくつもの列をなしていたのに、今年はガラガラです。デパートの人が言ってましたが、前年度対比80%ぐらいだそうです。また知人のボンボンの2代目社長が、最近マイカー出勤をやめました。最近深刻な表情です。そこは精密機器会社で、直接景気に影響ないようなところなんですが。
 
かなり悪いですよ! 
猫さん、景気の減退というか日本の商圏の縮小のようなものを感じます。
大阪の任意売却のお客様の話の中身は全て給料のダウン及び仕事が無いのでローンが支払えないという人が急増中です。年齢的の見ても60歳近い人です。
新築住宅もマンションもサッパリ売れていませんし、この閉塞感はむなしいもんがあります!
お盆休みまでに大きなデベロッパー若しくは不動産業者が潰れるのではと戦線恐々です。
http://amics.blog60.fc2.com/
 
加速度的 
猫さん、こんにちはパパリンです。

冷え込んでいるとか、悪くなって着ているとかの次元じゃないですね。

もー急降下
バブル崩壊後の10数年が一気に凝縮されて来ている感じです。
しかも今回は物価高騰
私も不動産業界に身を置く者ですが
「今度はどこがつぶれるよ」とか
「どこどこが不渡りだしたみたい」
あるいはそこそこ名前の通っているデベロッパーの売り物の一覧表が回ってきたり
めちゃくちゃな状況です。
去年の今頃と今では
「別の世界」になっております。
 
やっぱり・・・ 
>>ALL

皆さん貴重なコメントありがとうございます。

やっぱりねえ~・・・

サラリーマンにも他人事ではないようです。
大企業のサラリーマンは業績悪化が自分の給料に反映されるのは少し後のことなので未だにそれほど危機感がないように見受けられますが(つい先日も大手電機メーカーの友人が新築マンションをローンで買った・・・)、中小企業のサラリーマンだと、会社の業績が悪いと給料がすぐに下がったり、ひどい場合は遅れたりすることもザラですから、やっぱり世の中の動きには敏感になりますよね。

中小の経営者や自営業やフリーランスだと、もう彼らの比じゃないほど危機感を感じていますよね。

この現状を、お役人たちは認識しているのでしょうか!?

 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login