FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

1ヵ月半ぶりのナマズ釣り


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
昨日(日曜日)、1ヵ月半ぶりにタマゾン川へ行き、3時間ほど釣りした。

今回はこんな道具を使用。
namazutackle080615
*以下マニア向け解説。ロッドブランク:ZEAL PUSH WATER AMAZONASⅡ 6ft6inMH、 グリップ:ザウルス復刻版チャンピオングリップセミダブル、 フェルール:ニッケルシルバーしか有り合わせがなかったのでガンダムカラーペンで白黒カモに塗り替え、 リール:ABUアンバサダー5500C復刻版、 ハンドル:無名のアメリカ製の古いやつ、 ライン:ストレーン17lbs、 ルアー:マスキージッターバグ(バーブレス、テールにプロペラ装着、視認性アップのため角にケミホタル装着、他改造多数)


これがわたしのナマズ最盛期における標準装備。

携帯電話よりもでっかい、オモチャみたいなルアーだけど、こういうふざけた道具で釣ることにこだわりがあるのだ。


さて、釣果のほうは・・・、

namazu080615

無事釣れた。

それも、この馬鹿デカいルアーを空中に弾き飛ばすような派手な食い方で「バフッ!」と食ってきたのに1回目はハリに掛からず、2回目もルアーを空中に吹っ飛ばして掛からず(ナマズは食いがヘタなのです)、3回目にやっと掛かったというありさま。
ルアーが空中を舞うたびに、興奮で心臓が止まりそうになった。

この「出方」が最高に面白いから、この時期のナマズ釣りはやめられないのですよ。


スポンサーサイト


Comments

 
猫次郎様

流石に謎の巨大魚を狙うだけあって
マスキージッターバグを使うあたり
凄いです!チャンピオングリップセミダブル使いやすそうですね。
自分もセミダブルのグリップが欲しくなりました!
 
バランスがいいんです。 
鯰道さま

5500c+マスキー+6.6ロッドというヘヴィタックルでは、さすがに片手では手首が痛くなります。その点、セミダブルだと欠点が一気に解消されます。手首の負担は半分以下に減るし、キャスト時のブレもなくなってロングロッドでも正確に打てるし。

それに、やっぱりオールドABUには、樹脂製グリップより金属系のオフセットグリップのほうがかっこよく決まりますよね。実用面でも、トップヘビーを解消できてバランスが良くなるし。

マスキー、是非お試しください。
時期にもよりますけど、今のような最盛期だと、3/8や5/8よりもむしろ反応良いことが多いです。小型ナマズまでもが狂ったように食らいついてくることがあります。
また、同じバイト率でも、出方が「ドッパーン」って突き上げてくる感じで、興奮度UP間違いなしです。


*第四学区ぬまっち氏も昨夜は一緒でした。彼のブログにも近々顔写真つきで載ると思いますのでよかったらご覧下さい。

 
マスジマニアと聞いて・・・ 
猫次郎様がマスジマニアと聞いて飛んできました

見事にフッキングしてますね、しびれてしまいましたよ
 
benkeiさま 
はい。マスキーマニアです。
マスキージタバグだけで軽く5個以上はありますよ(全部改造ベース)

あれは売れないから、よくサン〇イやキャスティ〇グなどで在庫処分セールやってるんですよ。わたしはいつもそうやって990円以下で買ってます。

マスジのトレブルフック3個はいくらなんでも多すぎるので、1個か2個に減らしてます。フック自体もシングルかダブルかトレブルのバーブレスに換装してます。

あと、マスキークロウラーなんかもたまに使います。

うちは釣りのブログじゃないのに、最近ナマズ愛好家の方々がワラワラと湧き出てきて嬉しいかぎりです。

 
 
>うちは釣りのブログじゃないのに

下手な釣りブログよりマニア度は高いですね。
そのうち、タマゾン川でニアミスしそうな気がします。
 

Leave a Comment



07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login