吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

宮城県加美町自殺防止講演、無事終了。150名参加!


Category: 借金苦による自殺問題   Tags: ---
kamimachi

 宮城県北部。古川駅から車で40分ほどの場所。
 主催者さんは400名収容の大ホールを取ってくれたというが、はたしてこんな不便な場所に人が集まってくれるのだろうか、30名くらいしか来ていなかったらどうしよう、などと内心ちょっと心配な気持ちで土曜の朝に東京を出た。

 3月15日午後1時半開演。
 心配は杞憂に終わった。
 予想以上の人、人、人。
 さすがに400名満席は無理だが、150人以上が集まってくれた。
 ほどよい具合にイスが埋まっている。

 この日はプロジェクターを使わず、代わりに、A4サイズ7ページの「レジュメ」を参加者全員に配布した(主催者の方々には御苦労おかけしました)。 このレジュメは私が自分の手で書いた、いわば多重債務による自殺を防ぐマニュアルみたいなものである。もしかしかたら参加者の中には身内の多重債務や友人の多重債務で心配している人も多いかもしれない、いやきっと多いだろうと思い、講演を聴きに来なかった多重債務者本人に届くよう、お節介かもしれないがこのような「紙」を持ち帰ってもらった次第である。

 これで果たしてどれだけ借金苦自殺が防げるかわからないが、とにかく、講演の時間だけは大盛況に終わった。主催者いわく、「加美町にこの手の講演で150名もの人が集まるなんて奇跡に近い」とのことだった。

 終了後、またまた主催者の方に無理を言って、楽屋を一室お借りして、1時間だけ個別相談を受けた。この相談者は前日にメールをくれて、3人で来た。
 一人は主債務者で、もうひとりは連帯保証人で、もうひとりは連帯保証人の奥さん。それぞれがそれぞれの立場で深刻だった。
 主債務者はここから何百キロも離れたところから来てくれた。経営不振、借金まみれ、健康状態も悪く、借金返済どころか暮らしていくのもギリギリだ。連帯保証人に迷惑をかけるのが何よりも心苦しくて、いたたまれずにかえって連帯保証人を心配させるような行動を起こしていたようだ。今回は連帯保証人夫婦に引っ張られるようにここへ来た。
 いっぽう連帯保証人のほうはサラリーマンで、小さな子供と買ったばかりの家があり、生活はやはりギリギリで、これ以上負担が重くなったら暮らしていけないとかなり深刻な様子。
 この3人に並んで座ってもらって、それぞれの話を聞き、第三者として、ベストな解決方法、ベターな解決方法、ベストでもベターでもないけどまあいいんじゃないの的な解決方法などを、考えられる限り説明した。ついでにベストな解決方法(主=自己破産免責、連=個人再生手続)をいつでも起こせるよう、近くの弁護士さんも紹介しておいた。

 夕方、すべての用事が終わり、はるばる岩手から講演を聴きにきてくれた債権者寄りの職業に就いているお姉さんが車で古川駅まで送ってくれて、駅前で軽く食事して、19時45分の新幹線で帰路についた。家に着いたのは夜11時を回っていた。
 考えてみたら、今週は日帰りの長距離出張が2回もあった。このためやっぱり疲労がたまっていたようで、日曜日は一人で釣具の手入れやギター練習や読書などをしながらリフレッシュした。

 明日(火)は呉市へ出張だー。


 猫
スポンサーサイト


Comments

お疲れ様でした 
仙台から講演にお邪魔致ししました。

猫次郎さんの書籍やサイト、他の債務整理に関わる書籍なども目を通し
ながら、自身で調停と過払訴訟をした者です。

私のようにネットと書籍で動き出せる者も居れば、ネットを上手く利用
できない、債務整理に関する書籍を購入する事に抵抗があるなど、
なかなかアクションを起こせないでいる方もまだまだ多いと感じます。
(過払用の引当金も余っているようですし・・・)

今回のイベントは自殺防止でしたが、借金や自殺といったテーマとは
別のイベントなどで講演を行っていただければ、さらに講演会参加の
きっかけが増え、潜在的な多重債務者の掘り起こしと再生の機会が
増やせると思います。

既に十分お忙しいとは思いますが、これからも個人・法人を問わず
「再生」の為の情報発信を拡大していって欲しいと思います。
近くの講演や勉強会がありましたらまた参加させていただきます。
遠いところお疲れ様でした。

書籍販売のとこの女性からお名刺いただいて帰りました。
ありがとうございます。
 
 
はるばる仙台からお越し頂きありがとうございました。名刺の件は職員の方から聞きました。

仙台にはよく行きます。私の講演は大きく分けて、自殺防止、倒産回避、多重債務、敗者復活寄りのお金の教育…の3つのメニューがあります。また機会があれば講演会場でお会いしましょう。
 

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login