吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドの練習してきた。


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
今日は午後1時から4時まで新宿・初台のスタジオを借りて、バンドの練習をした。

メンバーは、顧問客Nさん(Vo)+田崎総研流川さん(Dr)+猫研マッスル(Bass)+お友達(Key)+猫次郎(G)の5人。

8月の勉強会の2次会で、「よし!景気付けにバンドでもやりましょう!」と誰かが言い出し、ついに実現したのだった。

課題曲は、ミスチルの曲。
選曲の理由は超簡単。ボーカルNさんが学生時代にミスチルのコピーバンドをやっていたそうで、彼の一押しだったから。

実際スタジオに入って音あわせをしてみると、Nさんのボーカルはすごく上手かった。若い頃相当歌い込んでいたのがわかる。

ほかのみんなも、10年以上音楽活動を休止しているわりには、やはり上手かった。特に流川さんは、昔ヤマハのコンテストで準優勝したことがあるほどのドラムの腕前で、彼だけは今すぐでもプロで通用すると思った。

わたしはどうだったかというと、ブランクが長い上にクラシックギターとボサノヴァギターしか弾いたことがないという偏った音楽遍歴なので、エレキの使い方もわからず(ピックも使ったことがない!)、ミスチルの曲を弾いたのももちろん生まれて初めてで、当然スコアどおりに弾けるはずもなく、そんなことは最初からわかっていたので、アコースティックギターにマイクを近づけてコード鳴らして合わせるのが精一杯だった。 途中、マッスル氏のベースを貸してもらって弾いてみたが、こちらのほうが五線譜を見ながらテケテケ弾けて相性が良い気がした。わたしはタブ譜よりも五線譜のほうが、ピックよりも右手の指をpimaと使ったほうが好きだったりするので。

とにかく、超久しぶりの音楽活動は、面白かった。
いいきっかけになった。

今回はミスチルだったが、わたしが本当にやりたいのは、ボサノヴァとジャズだ。近い将来、ボサノヴァのスタンダードを、ポルトガル語のヴォーカルとピアノとベースとパーカッションとギターで合わせてみたい。また、ちょっとマニアックだが、クラシックギターとフルートとその他の楽器で、ブラジルの古い音楽(ショーロなど)をやってみたい。また、全くの未体験ゾーンとしては、ジャズギターもこれから徐々に覚えてみたい。少ない楽器編成で、たとえばビル・エヴァンス(ピアノ)とジム・ホール(ギター)の2人だけで演奏している超名作アルバム"UNDERCURRENT"みたいなプレイができたらかっこいいと思う。 と、夢は果てしなく広がるが、現実には練習もしておらず、時間もなく・・・。


今日サボった分、明日は休日返上で仕事だ。
朝から事務所へ出勤だ。


スポンサーサイト


Comments

 
猫さん、こんばんは。
バンドいいですね~!
キーボードの方が風邪ひいたら私がピンチヒッターで出たいです・・

毎日まだ辛いけど、猫さんのプログを読むと少し元気になります。



 
 
みみさま

ピンチヒッターいなくても随時歓迎しますよ。メンバーも固定しているわけじゃないですし。遊びですし。

次はいつやるか未定です。

そもそもこの企画を言い出したキッカケは、わたしが勉強会2次会の席で「(経営難、借金苦などで)苦しいと、どうしても寝ない、食わない、遊ばない、気力も体力も落ちる、結局いい仕事ができなくなり、悪循環で自滅してしまいます。」「そうならないためには、どんなにつらくても、人間らしい生活は維持すべきなんです。よく食べ、寝て、週1回か2回は遊んで、行動範囲を広げて。そうすると気力も体力も元気になり、アンテナの感度も研ぎ澄まされ、それこそ街を歩いているだけでもいろいろな情報を吸収できるようになり、悪循環から脱出できます」「だから己の軌道修正のためにも、たまには遊びましょう」といった話をしていたところ、誰かが「じゃあバンドやりましょう!」と言い出し、面白そうだからわたしも食いついたのでした。

 
 
猫さんて何でもお見通しなんですね。
そうです。借金苦で・・眠れない、食べたくない、どこへも行きたくない、誰とも会いたくない・・です。
仕事がら人と接しなければならずそれが苦痛で・・・でもなんとか仕事はしてます・・しなければなりません。
人間らしい生活・・・この悪循環からぬけだすためにも練習しようかな・・ボサノバ・・・「おいしい水」とか・・「いそしぎ」なんかもいいですね。
いつか猫バンドに入れてくださいね。

 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。