FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

風邪ひいた(4日目)


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
風邪ひいて4日目の昨日(10月8日)は、熱なし、咳あり、痰あり、くしゃみありといった具合。眠くなりやすくて、何時間眠っても眠い。食欲は旺盛。その他の欲も旺盛。

こんな状態がもう4日も続いているわけだが、この日もまた、結構広範囲に動き回ってしまった。

07:00 前日かつおのたたきをご馳走になったN氏の自宅(埼玉)にて起床。寝床にPCを置いてネット&メール。

09:00 朝食&雑談

11:00 N氏の奥さんの軽自動車に、カツオの入ったクーラーボックスと私の折り畳み自転車通勤2号(KHS F20RC)も載せてもらって、奥さんと一緒に、江古田に住む友人宅へカツオを届けに行く。私と自転車もそこで降ろしてもらう。

katsuo4
(残念ながら私が釣った魚ではない。泣

12:30 江古田から錦糸町へ、自転車で向かう。

13:30~ 事務所で仕事、仕事、仕事。

18:30  事務所を出る。自転車で江古田へ。

19:30  友人宅で、カツオの「味噌しゃぶ」という珍しい料理をごちそうになる。

katsuo5

これは、かつおの刺身(写真手前)を、しゃぶしゃぶのようにサッと鍋にいれて食べるのだが、もう美味いのなんのって。奥さんが四国へ行ったときに覚えた料理法なんだそうな。


ちなみに、この江古田に住む友人というのは、いわゆるご夫婦で、なんと

旦那は現役の銀行員、

奥さんはカード会社の債権管理部特別回収係に勤務している。



かつおの味噌しゃぶをつまみながら、債権者集会のような会話が飛び交う。素敵なひととき。

denkibran

酒はビールにはじまり、終盤は彼等が浅草で買ってきたという東京名物「電気ブラン」をガブガブ飲んだ。この酒は明治時代からあって、ブランデーやワインやその他の酒がいろいろ混ざっていて、大変濃い。好き嫌いが分かれる酒だが、私は結構こういうの好きだ。

22:30 解散。ごちそうさまでした。自転車で帰路へ。

23:30 寄り道。江古田は私が少年時代を過ごしたいわば故郷のような場所なので(あのへんの小中学校を出てます)、懐かしくなって自転車でぐるぐる回ってみた。

0:30 吉祥寺方面へ寄り道。ここでも自転車でぐるぐる。

02:30 就寝。ちょっと熱が出てきた。


猫 
スポンサーサイト


Comments

 
ブログの記事を勉強会で使いました

後からとなりましたが御了解ください

すみませんでした

ウエイトは大丈夫ですか?



 
ご無沙汰です。 
ウミネコさま

ご無沙汰です。
記事引用の件、了解しました。

ウェイトのほうは、プラスマイナス3キロ位のままずっと横ばいですね。本日現在の体重は75キロジャストです。(泣)
 
 
ブラックリストの説明も

今度の勉強会に使用させてもらいます

私も73キロプラスマイナス1で減量になっていません

秋になれば美味い物の時期となり不安がいっぱいです

来年度の被連協の全国集会が秋田に決まりました、10月中ごろの予定です

御身お大切に願います
 
道路交通法 
管理人、江古田に住む友人の現役銀行員、カード会社の債権管理部特別回収係に勤務している奥さん、の三人は、道路交通法に違反しています。

道路交通法 第65条 
(酒気帯び運転等の禁止)
 
何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。
2 何人も、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。
 
 
銀行員と奥さんの2人は、自宅から一歩も出ていないので、違法はありませんよ。
 
 
・・・酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない

(9月19日施行の改正では第3項になります)
 
 
なるほど。勉強になりました。
これは反論の余地がありません。
悪いのは間違いなく私です。
ご指摘ありがとうございます。
 
がんばってください 
日本全国のブログに対しても
ぜひ同様の指摘をお願いします。
大変とは思いますが良い日本を作るためにKさん頑張ってください!
 
 
2007年8月15日の当ブログの記事です。(前後略)(私=管理人)

私 「非常識?非常識ですか?あのね。道路交通法では、自転車は軽車両という扱いなんですよ。軽車両は車道を走るのが基本なんですよ。知ってる?ねえ?おっさん?」
相手「おっさんではない!」
私 「じゃあ何様?名前をフルネームで教えてくださいよ」
相手「・・・」
私 「ついでに言うけどね、無闇にクラクションを鳴らすのは、道路交通法違反で罰則があるんですよ。罰則ですよ。罰則。おっさん罰則!(少し怒る)」
相手「・・・」
私 「どっちが非常識ですかね?どっちが違法ですかね?」
相手「・・・」
私 「ねえねえ。答えてくださいよ」
  「どっちが正しいか、警察行きましょうか」
  「答えてくれないならナンバー控えておきますよ」


http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-date-20070815.html
 
あらん♪ 
江古田にいらっしゃったんですか!猫サンたら。
ウチに寄って行かれたら良かったのにぃ~ん、なんてな。

薬味を生姜ではなく辛子で食す、江戸時代のカツオの刺身の食べ方も自分スキです。
 
「罰則ですよ。罰則。おっさん罰則!」 
>無闇にクラクションを鳴らすのは、道路交通法違反で罰則があるんですよ。罰則ですよ。罰則。おっさん罰則!

というのは、第54条2項を指しておられるのでしょうか?

この場合の罰則は、第121条第1項第6号で、2万円以下の罰金又は科料で良いでしょうか?

(警音器の使用等)
第五十四条  
2  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
   (罰則 第二項については第百二十一条第一項第六号)
 
 
Kさま

そうです。私は裁判官でも何でもないのであくまで自分の解釈ですが、そのときは車にあおられている自転車という状況で危険を感じたのと、当時のブログの補足コメントに書いてあるような理由から、これは一言言わずにいられないと感じ、そのように言いました。 

それが何か引っかかるのですか?

何かありましたらご指摘下さい。

 
 
hayashi3さま

おおお!初登場ですね。その節は表紙のイラストをありがとうございました。大変大変気に入ってます。hayashi3のブログもこっそり拝見してます。ハマりますねあれは。

うちのブログは、ご覧のとおり、まったりしたり荒れたりいろいろですが、まあこんなのはほんの序の口でして、実生活ではもっと刺激に満ちてます。

江古田懐かしいです。わたしは中3まであそこで育ちました。ちなみに高校は吉祥寺に近いところでした。
 
 
この>Kとかいう奴。

今までの(ワビしい)自分の人生の中でおおよそ、人助けなんぞ一度もしたことなく、逆に「自分のような真っ当な善人は特別に遇されてしかるべきだ」とかいうくだらない権利意識ばかり異常に肥大している、こういう奴に限って、そうやって人様のささいな失敗を見つけては嬉しそうにケチをつけてくる。
自分がやっていることが如何に恥ずかしいことか・・・コイツに判るわけないよな。

猫さんの失敗は、このブログをみている何万人という人がしっかりと認識している。でも誰も何も言おうとしないし、書き込まない。想像力を豊かにしてその意味を考えてみろよ。他人に何かしてもらうことしか考えていない権利バカ、ミスターK。(女かもしれないな)
 
 
トーリス・ガリーさま(←いつ見ても洒落のきいたハンドルネームですね)


ご配慮ありがとうございます。

わたしは自分のミスは認めます。ミスじゃないものは認めません。それだけです。

こういうコメントが入ったからって削除したりアク禁にしたりするようなセコイこともしたくありません。むしろ楽しみたいと思ってます。

 

Leave a Comment



07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login