吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

『ガンをつくる心、治す心』


Category: オススメの本   Tags: ---
ガンをつくる心 治す心

土橋重隆 著/主婦と生活社

このアイテムの詳細を見る


7月28日発売。

* 今回は借金や倒産とはまるで無関係な、「ガン」に関する本だけど、これが読んでみると驚くほど借金・倒産とも共通する部分が多いので、あえてここで紹介ししたい。
 著者は和歌山出身の外科医&消火器内視鏡学会認定医&医学博士だが、現在は東京を基点にして講演活動を中心に展開し、「治療の主役は医者ではなく、患者さんである」と説く。実績豊富な凄腕医師でありながら、「医者には病気は治せない」「治したければ治そうとしてはいけない」「医者の治療の多くは、対症的小細工である」などと過激発言をしていて面白い。
 この本で最も面白いのは、ガンの発生した場所によってその患者さんのライフスタイルや生き様などを言い当てていることだ。たとえば、同じ乳ガンでも、右側にできる人は家庭内の問題を抱えている人が多く、左側にできる人は肉体を酷使してきた人が多いという。胃ガンは仕事に一途に頑張り過ぎの人や、運動のし過ぎの人に多いらしい(王監督なんかまさにその典型かも)。肺ガンは健康願望の強い人に意外に多いらしい。逆にいえば、それと逆のことをすれば、つまり価値観や生き方を改善すれば、それだけでもガンを予防できるとも言えそうだ。
 治療についても面白いことが豊富に書かれている。ガンを治療するには「非常識」になれと説く。医者の言うことをあまり律儀に聞かない人のほうが治りやすいらしい。かといって、キノコやら温泉やらにすがるのもダメ。とにかく、あまりガン、ガンといって深刻になり過ぎず、多少うっちゃっておいて他のことに夢中になるくらいのほうが奇跡は起きるらしい。(資金繰りを多少うっちゃっておいてでも「本業」に専念したほうが企業再生しやすいというのとちょっと似ているかもね・・・)
 推薦文は芥川賞作家の玄侑宗久さん。上っ面だけの推薦文ではなく、ゲラの一字一句まで細かく読んだ上で絶賛されたそうだ。

 ちなみに著者の土橋重隆先生と私は、ある人の紹介で1年半ほど前に知り合い、現在も大変親しくさせて頂いている。医療の話と借金の話をしていると、本当に共通することが多い。たとえば、「借金が1000万円あります。だから自己破産してリセットしましょう」、これだけでは、借金が1000万円できた原因や体質について追究されることはほとんどなく、対症療法的に患部を取り除いてオシマイなので、借金病が再発する危険性が極めて高い。だが、慌てて自己破産しないで、多少痛い目にあって、もう懲り懲りだと反省してもらい、原因を自覚するまで遠回りしてもらうと、借金体質が改善され、再発しにくくなる。医療の世界も、「カゼをひきました。だからクスリで治しましょう」の繰り返しでは、いつまでたってもカゼをひきやすい体質は治らないという。そっくりではないか。そんな話で夜な夜なよく盛り上がっている。
 とにかく、この本はお世辞抜きに面白い。よくある「ガンは○○で治る!」というような上っ面だけの本とは違う。ある意味、書店で医学・医療のコーナーに置くのはもったいない気がする。病気を治すだけにとどまらず、生き方そのものを見直すうえで大変役立つ本である。おすすめ度★★★★★

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login