FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や倒産回避に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

コロナウイルスと中小企業 ③


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
今回の新型コロナウイルス禍による経済的被害は、バブル崩壊よりも、リーマンショックよりも、東日本大震災よりも、比べものにならないほど甚大になるのではないかと私は予想しています。
この予想が外れてくれればいいのですが、どうも外れる気がしません。
理由は幾つもあります。

1.感染が全世界に及んでいる。
2.特効薬が現在のところ、ない。
3.感染率が高い。
4.死亡率も比較的高い。
5.個人消費が激しく低迷しはじめている。
6.我が国のGDPのおよそ6割は消費なので、このままだとGDPも大きく下落する。
7.モノの供給が止まる。(たとえばこれを書いている3月9日現在、住宅関連業界ではトイレやキッチンの納品の目途が立っておらず、工事完了できないという問題が頻発しておりテレビでも大きく取り上げられた。また、運送業界等で感染者が増加すると、物流が止まるのではないかとの懸念もある。)
8.自粛モードが2月から始まり、日増しに強まっている。
9.国際関係の変化。渡航制限、為替変動など。
10.2月末の学校一斉休校要請と、確定申告1ヶ月延長と、車検有効期限延長。いまだかつてこんな事があったか?東日本大震災の時でさえも無かった。これはもはや、「国難」レベルである。
11.既に売上激減している会社が多い。旅行会社、ホテル、旅館、イベント会社、住宅関連、飲食業、鉄道会社、観光バス、他。


・・・で、問題はここからですが、

コロナウイルスによる経済的被害を悲観視しつつも、
私たち中小企業経営者は、生き残らなければなりません。
とことん追い込まれたら倒産・廃業もひとつの選択肢でしょうが、
倒産・廃業だけが追い込まれたときの唯一の選択肢ではありません。

縮小して生き残るとか、合併して力を合わせて生き残るとか、リスケや私的整理等で生き残るとか、公的支援をとことん使いこなして生き残るとか、あるいはビジネスモデルを変革して勝ち残るとか、一時的に休眠するとか、とにかく前進、後退、ニュートラル、いろいろな道があります。

大事なのは、「思考停止」にならないことです。

スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment



05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

04

06


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login