FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や倒産回避に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

コロナウイルスと中小企業 ①


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
2020年2月12日に、メールマガジン無料版でコロナウイルスの脅威を書きました。
あれから1ヶ月近く経ちますが、事態は予想通り、いや予想以上に悪化しています。
以下、そのメールマガジンを抜粋します。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
吉田猫次郎メールマガジン(無料版)
『借金地獄・倒産危機から、自力で脱出する方法』
【Vol.235】 2020年2月12日発行/不定期刊(約9ヶ月ぶり)/購読者数3253名
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


■■■ コロナウイルスと中小企業 ■■■

コロナウイルス関連のニュースが気になりだしています。
私の情報源は、オーソドックスなところでYahooニュース、朝日新聞デジタル、日本経済新聞などですが、東日本大震災の頃から、大本営発表をあまり鵜呑みにしない習慣がつき、上記に加えてツイッター、5ちゃんねる、YouTubeなども見ています。
どうやら、公式に発表されている感染者数や死亡者数と、実際の数に、大きな隔たりがあるようですね。
事態は想像以上に深刻かもしれません。

・・・が、ここでは自分の役割をわきまえ、感染者や死亡者や風評などについては言及せず、「経済との関連性」「中小企業との関連性」に限定して、情報を発信したいと思います。

一昨日、有料版メルマガでも、「コロナウイルスと中小企業」という題目で情報を発信しました。
https://www.mag2.com/m/0001370151.html
よろしければご一読下さい。

事態は明らかに深刻です。

今朝(2/12)のYahooニュースによると、札幌ゆきまつりは来場者が71万人減少したそうです。
築地市場のある店は、売上6割減。浅草も京都も閑古鳥。
イベントもキャンセル続出。(ツイッターで「イベント 中止」と検索すると沢山出てきます)
上場企業は業績下方修正多数。
中国の工場は供給困難なところが続出。
東京のGMOインターネットグループという会社が4000人の全社員に自宅勤務を命じた、とのニュースもありました。
ほかにも満員電車禁止や、出張自粛、在宅勤務OKなどの取り組みを始めている企業が出始めています。
憶測で書いているのではありません。上記全て、確かなソースがあります。
この様子だと、暫くの間、物流も、交通も、消費動向も、何もかも、大きく変わってしまうかもしれませんね。

さて、私たち中小零細企業の経営者は、「平時」と「有事」で、臨機応変に方向性を変えなければなりません。
来月の売上が半減してしまう恐れもありますから。
(事実、某観光地の宿泊施設やサービス業の方から、インバウンド需要急減により売上が1/4に減少したとの相談あり)

こういった「有事」に強いのは、一般的には、次のような会社です。

・「固定費」が低めに抑えられている
・「売上が減っても回していける体質」ができている
・「現預金」残高が、月商の1-2ヶ月分以上ある
・「資金調達手段」が豊富にある
・ビジネスモデルが「1本柱」だけでなく、2本か3本ある


猫次郎的に付け加えれば、上記のほかに、

・「カネが無い」ことに慣れている
・どんなときでも「平常心」を保つことができる
・「情報」に敏感
・前進することも、立ち止まることもできる
「臨機応変さ」がある(登山にたとえれば、途中で下山する勇気のような)

こんな会社、こんな経営者だと強いですね。

(抜粋おわり)


スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment



05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

04

06


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login