吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の魚、イトウ捕獲


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
ito201710(2)


少し古い話ですが、昨年10月と11月に、北海道・帯広市の顧問先社長と一緒にクルマを走らせ、某所でイトウを釣りました。

10月の釣行では、顧問先社長がイトウ1匹とアメマス数匹。私がイトウ1匹。
顧問先社長の圧勝でした。

ito201710(3)
私の釣ったイトウ。43センチ。イトウとしては、小型か中型といったところだが、初めての自然繁殖モノのイトウなので、手が震えるほど嬉しかった。

ito201710(1)
この日はフライではなく、ルアーを使用。往年の名作、ジョイントラパラCDJ11バーブレスシングルフック。ラインはナイロン20ポンド。リールは古いABUアンバサダー4600c3。ロッドはアブの怪魚用パックロッド。完全にイトウ狙いに絞っている。

higumanoasiato
河原の砂地で、ヒグマの足跡を発見。横幅は20㎝近く。でかい・・・。
もちろん、すぐにその場から退散。


11月の釣行では、気温マイナス7度の雪の中、顧問先社長が0匹で、私はイトウ1匹とアメマス3匹。
私の圧勝となりました。

amemasu201711(1)
1本目はアメマス。これまた北海道に古来からいる魚。綺麗だ。

amemasu201711(2)
2本目もアメマス。この日は雪が積もっていて、日中の最高気温がマイナス7度という寒さだった。

ito201711(1)
最後にイトウが出た。45センチ位の「小型」。でも人生2度目のイトウなので嬉しい。


私は釣り好きですが、2017年は数えるほどしか(ヒトケタ)釣りに行けませんでした。
しかし、量より質。
イトウが2匹釣れたり、ニジマスの自己最大記録が釣れたりと、思い出深い1年となりました。

ちなみに、北海道で一緒に釣りした顧問先の社長さんは、前にもブログで書いたことのある方です。
お会いした当初は資金繰りや会社存続のことで一杯一杯で、健康状態も悪く、心身共にかなり心配な状態でした。

そこで、2015年の春から、私の釣具一式を北海道の同社に置き、社長を釣りに誘うようにしました。
心身の健康を取り戻し、平常心を保ってもらうためです。

北海道の中でも道東は、マス類が特に多いところです。
会社から車で20分もかからない範囲内に、ニジマスがフライ(毛鉤)で沢山釣れる川をいくつも見つけました。
そこで何度も釣りしていくうちに、初心者だった社長はみるみる上達していきました。
近いので、暖かい時期は毎朝のように釣りしていました。

私がご一緒できるのは1ヶ月に1回の定期訪問の時だけですが、回を重ねるごとに、上級者と同じような釣りができるようになり、私もかなり楽しませていただきました。
会社のほうも、社長のメンタルが回復していくにつれて、なんというか、打たれ強い、たくましい体質になっていきました。

現在では、私より上手いかもしれません。
今回のイトウが釣れる場所も、社長が教えてくれました。

(※ 北海道の河川は、サケとカラフトマスとサクラマスは禁漁ですが、ニジマスやイトウやアメマス等は特に規制がなく、周年で釣りができます。但しイトウは大変貴重な魚なので、大量に釣り過ぎたり、持ち帰って食べたり、カエシのついた大きなハリで釣ったりするのは自粛すべきだと考えています。私達が今回使ったルアーも、バーブレスのシングルフックといって、カエシのついていない1本鉤です。また釣ったときも、陸揚げせず、ネットですくって水中でハリを外し、写真だけ撮って元気なうちにリリースしました。)


吉田猫次郎
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

01

03


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。