吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの作り方 (倒産、債務整理を経験された方向け)


Category: ブラックリストは怖くない   Tags: ---
前号で述べたように、世の中では、怖ろしい勢いで「キャッシュレス決済」が進んでいます。
こうなると、もう無視できません。
なにしろ、

・高速道路はETCカードがないと大変不便
・都市部で電車に乗るときは、交通系電子マネーがないと大変不便
・海外へ出るときは、クレジットカードがないと大変不便

ここまでは誰でもわかりますが、それに加えてここ1-2年は、

・コンビニでも飲食店でも小売店でも、電子決済が激増した
・それに伴い、現金を持ち歩かない消費者もかなり増加した
・海外(アメリカや中国や台湾や韓国やスウェーデン等)では、現金決済の比率のほうがはるかに低い
・インバウンド需要
・日本でも、国がそういう方向で推し進めている
・アメリカの100ドル札や、日本の1万円札を無くそうという動きまである

といった変化が急速に進んでいることは確かです。

なので、「俺は現金だけでいいんだ!」などとも言ってられなくなってきています。

それが現実です。

いや、VISAやMasterやJCBのデビットカード(クレジットのような信用払いのカードではなく、預金口座と連動して自分の預貯金の範囲内で使えるカード) でも大部分は通用するでしょう。
電子マネーも、現金でチャージするタイプを使いこなせばそれで十分ともいえます。
クレジットカードを「借金」と思っている方や、「クレジット=借金=悪いこと」だと思っている方や、現実問題として信用に傷がつきどうしてもクレジットカードが作れない方には、デビットカードをお勧めします。
(数年前までと違い、銀行系のデビットカードの種類はかなり増加しており、そのほとんどが無審査で作れますから・・・)

さて、タイトルに書いたとおり、このブログの読者さんには、「倒産・債務整理などを経験された方」が非常に多いので、そのような方向けに、クレジットカードの作り方を解説したいと思います。

1.まず、「信用情報」「ブラックリスト」についての理解を深めてください。
 私が過去に書いた、「ブラックリストなんて怖くない」 というカテゴリーのブログ記事が参考になると思います。
 
2.次に、あなたの信用情報を取り寄せてみて下さい。CICとJICCの2つで充分です。

3.CICに「異動情報」が載っていたら、クレジットカードの審査は99%落ちます。
 (言い換えれば、1%の確率でまだ希望があります)

4.同じく、CICのページ下部に「A」や「P」のマークが複数ついているような場合も、70%以上の確率で審査に落ちます。
 (言い換えれば、30%の確率でまだ望みがあります)

5.JICCなら「異参サ」の欄に「延滞」などと書かれていたら、99%落ちます。
 (やはり1%の確率で望みがあります)

審査基準は、カード会社によって違います。
私はその道のプロですから(というかマニアですから)、最近の傾向もだいたい把握しています。
私指名で相談の申込をしてくださった方には、詳細にお答えします。

ヒントを少しだけ書くと、

(1) 正論としてはやはり、CIC/JICCの信用情報が綺麗になってから申し込んだほうがいい。
 それまではデビットカードで我慢したほうがいい。(高速道路のETCなら「ETCパーソナルカード」で我慢したほうがいい)

(2) 但し、CIC/JICCに事故情報が載っていても、クレジットカードが作れる場合が実際にある。
 くまなく情報収集すれば、それがどこなのか、だんだんわかってくると思う。

(3) 実名を伏字で書くと、「〇〇〇〇〇ゴールド」とか、「〇〇〇カードの年会費有料コース」とか。
 前者はグリーンよりもゴールドのほうが、後者は年会費無料コースよりも有料コースのほうが、穴場かもしれない。

(4) 申込時には、キャッシング枠は「0」を選ぶこと。 キャッシングは貸金業法の領域なので、審査が少し変わってくる。

以上ご参考になれば。

吉田猫次郎
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。