FC2ブログ

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

「学費未納!もう退学するしかないのか!?」という相談


Category: ビンボーでも学校へ行こう   Tags: ---
猫次郎です。
数日前にFacebookに投稿(友達のみ公開)したものが反響良かったので、
貧乏学生さん向けに、ひとつの情報源としてこれを公開します。

---- 以下原文 -----

学費を滞納して退学処分寸前という大学生から相談があった。
納付期限が3期に分かれていて、10月期限(正確には9月)の分が未納で、除籍処分の通知が来たという。

理由は、この年の春先に父親(会社社長)と母親と祖父(会長)が自己破産し(皆さん会社の連帯保証人)、
その後、奨学金について調べたりもせず、がむしゃらにアルバイトして学費と下宿代を稼いでいたが、
どうしても納期限に間に合わなかったという。

「もはや大学中退か‥」 と、本人は絶望視していた。

結果からいうと、12月x日に納付を済ませてセーフだった。除籍処分などにはならなかった。
だが、それまでのネガティブなやりとりは、なかなか大変だった。

私 「大丈夫ですよ」

学生「何が大丈夫なんですか?」

私「私も同じ経験があります。学費滞納で除籍処分通知が来たけど、自力で交渉して、翌月に納付して、間一髪セーフだったという経験が。あなたと同様、奨学金に頼らずアルバイトしていました」

学生 「でも、それは20年以上前の古い経験でしょう?」

私 「(ぐぬぬ‥) いいや。今でも同じように学費のリスケ交渉をして授業料や入学金を延ばしてもらった人はいますよ。毎年、そのような相談を受けます」

学生 「でも、僕の通っている大学は厳しいと思います。きつい文面でしたし」

私 「みんなきつい文面をもらってますよ。それより、納期限を過ぎたら除籍処分と書かれていても、それを額面どおりに受け止めてはいけません。多少遅れても、納付さえすれば、交渉の余地があります」

学生 「でも規則は規則でしょう?僕は規則を破った。もうダメです。退学するしかない」

私 「そこで思考停止になったらおしまいですよ。何のために私に相談してるんですか」

学生 「でも」

私 「でも、でも、でも‥‥でもばっかり使っていると、思考がますますネガティブになって、解決できる問題もできなくなっちゃうぞ。コラ!」

学生 「・・・わかりました」

私 「滞納している学費は、いつなら用意できそう?」

学生 「アルバイトで稼いだ貯金が19万円。次の給料日が12月x日で7万円。あと、父がサラリーマンに転職して12月x日にボーナスが少し入るみたいです。なので12月x日には‥」

私 「ならば、その旨、今すぐ大学に相談しよう。今までに大学に学費の相談をしに行ったことはある?」

学生「いえ、ないです」

私「だったら尚更だ。いいかい、こういうときは口頭で相談するだけでなく、何か、嘆願書のようなものも書いて持参したほうがいい。父が倒産しました、学費はアルバイトで捻出しています、この度は滞納してしまって申し訳ありませんでした、12月8日に納付しますので、どうか除籍処分を取り下げてください、私は学業を続けて卒業したいです、と。」

学生 「やってみます」

(翌週)

私 「相談に行きましたか?」

学生 「いえ、まだ‥。どうせダメですから」

私 「どうせとか、でもとか、そういう言葉ばかり吐いてるから思考停止になるんだよコラ。
行けないならせめて嘆願書の手紙だけでも送ってみろボケ! 」(←ボケと言ったかどうかは記憶があいまい)

学生 (返事なし)

そして12月x日。

学生 「ありがとうございました。言われた通りにしてみたら、本当に除籍処分が取り下げられ、大学生を続けられるようになりました。おまけに、事務の人から、奨学金のパンフレットを頂きました。涙が出ました。何よりも勉強になった気がします。」

あれから7年。

彼は今、新聞社に勤めている。

スポンサーサイト


Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login