FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ(2005年~2020年分)

事業再生コンサルタント・吉田猫次郎の旧ブログです。恥ずかしいけど残しておきます。2021年からは別の場所に移転しました。

 

最近の相談の傾向


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
最近(ここ半年ほど)の相談の傾向は、おおむね以下のとおりです。

地域:
 全国まんべんなく。 北は釧路から、南は奄美大島まで。

業種:
 どの業種もまんべんなく。
 但し、比較的多いと感じるのは、飲食、広告、印刷、アパレル、自動車、音楽、温泉旅館あたりか。

相談者の年齢:
 50代半ばあたりが中央値で、下は20代後半、上は80代前半まで。

性別: 
 男性7割、女性3割くらい。

相談の内容:
 借金の悩みは、一昔前と比べて随分「軽く」なったと感じる。
 高金利の相談は皆無に近い。
 借入先は銀行、信金、公庫、保証協会がほとんど。
 状況的には、リスケ一歩手前から、リスケ中、リスケ延長、リスケ再延長、代位弁済、債権譲渡、担保処分までまんべんなく。

 それよりも、「利益が出ない」という悩みのほうが多く、むしろ深刻である。
 仮に借金返済がゼロだったとしても、収益的に回らないという相談が多い。
 このままだと、短期的に金策で何とか回していけても、中長期的にはムリである。
 何としても黒字化しなければならない。
 3年以内に経常黒字化などと悠長なことを言っていられない。
 1年以内に営業黒字化が必須である。
 しかしそれができないという。
 黒字化の方法は「売上を上げる(増収増益)」か、それとも「費用を下げる(減収増益)」のどちらかに尽きるが、売上は思うように上げられないという。費用も、細かい経費削減などはとっくに実行済みで、人員も最少人数でやっていて、社長の給料もサラリーマン以下。それでも利益が出ないという相談が多い。よく見ると、「売上原価」が高いことが多い。

 あとは従来どおり。
倒産寸前の会社の「倒産回避」に向けての複合的な相談も多いし(事業再生の「入り口」ですね)、
倒産回避して、久しくゾンビ企業のようにしぶとく生き残り、その後、チャンスを掴み、収益を上げることに成功し、債務超過解消の目途が立ち、いちど迷惑をかけた金融機関と関係を再構築し、BSの再建、PLの再建、資金繰りの再建の3つを成し遂げようという明るい相談(事業再生の「出口」ですね)も結構多い。

※ 現在のNEKO-KENは、この 「入口」 「ゾンビ」 「出口」 の、すべてのステージに対応できます。

スポンサーサイト




05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

04

06


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
事務所所在地は、東京都三鷹市下連雀3-31-4-206 (2021年4月現在)
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、予想外にヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに12回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。
2020年8月に脳梗塞発症。3週間ほど入院。しかし現在こうして文章を書いているし、手足も自由に動く。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(0422)46-9480

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login