吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

これが実際のブラックリストだ(JICC、現在進行形)


Category: ブラックリストは怖くない   Tags: ---
信用はいつか回復します。
必ず回復します。
必ずです。

但し、都合よくとらえてはいけません。
信用は、自動的に回復するわけではありません。
本人の努力や、知識や、知恵次第で、いつか回復するのもなのです。

ここでは、その「知識」「知恵」について取り上げます。
いくら実直に働き続けても、一度傷ついた信用、とりわけ金融系の信用は、「そのままでは」「なかなか」回復しませんから。

具体的には、

・自己破産した場合: 
 CICやJICCの事故情報は、5年ほど残ります。(5年経てば急速に消えていく)
 全銀協の信用情報は「官報に載った情報」として10年残ります。

・任意整理や、自力交渉による和解や、長期間遅れて完済した場合など:
 CICと全銀協は、完済後から数えて5年間残ります。(5年経てば急速に消えていく) 
 JICCは完済後1年で消えます。(どんな形であれ、契約完了=完済と考えて概ね間違っていない)

・未解決のまま、返さず放置している場合:
 CIC、JICC、ともに、「ずっと消えない」 ことになっています。(但し実際の現場では例外もよく見かける)
 全銀協は、指定信用情報機関ではないので、思っているより早く消える傾向にあります。

昔、私が「ブラックリストなんて怖くない」という本を書いた11年前は、「最後に登録されてから5年」で事故情報(ブラック)が消えるという基準だったので、借金を返さず放置している人でもいつかはブラックが自然消滅して信用が回復したものですが、
2010年に貸金業法が改正し、JICとJICCが「指定信用情報機関」になってからは、この基準が、
「契約が完了して5年」 に変わったのです。
つまり、契約が完了しない限り、ブラックは消えないことになったのです。

ここでひとつ、画像をお見せしましょう。

これがブラックリストです。
(注: ブラックリストとはいわゆる俗称です。金融系の信用情報機関に、長期延滞や債務整理などの事故情報が載っていることを「異動情報」とか「異参サ情報」などといいますが、それが載っている状態のことを俗にブラックと呼んでいるだけです)


これはご本人から同意を得て掲載していますが、デリケートな情報なので、デリケートな部分は黒く塗りつぶしています。ご了承ください。
少し解説します。この信用情報はJICCから平成25年4月に開示したものです。

jiccblack2504

[解説]

右端に書かれている「異参サ」というのが、いわゆる事故情報、俗にいうブラックです。
4件載っていますね。

このように、「ブラックリスト」 とひとくくりに載るわけではなく、貸金業者別に、日付や内容などが事実のまま淡々と書かれます。

JICCの場合、完済すれば「異動情報」(ブラック)が1年で消え、表の下のほうに移り、「完済情報」として記載され直します。
完済後は5年間記録が残りますが、それは決してブラックではありません。

繰り返しますが、ここでいう「完済」とは、何も額面通りの完済とは限りません。交渉して元利の一部をまけてもらって和解しても完済。弁護士が介入したうえで整理して完済しても、完済です。

では、完済しない場合、この人はどうなってしまうのでしょうか?

表をもう一度見てみましょう。

「異参サ発生日」の日付が載っていますが、これはあまりアテになりません。
それよりも、表の真ん中よりやや右側にある「入金日」と「残高」のほうが重要です。

それと、自分で自分の返済記録や督促状などを読み返して、「最後に返済した日はいつか?」を再確認することも重要です。
信用情報に記載されている「入金日」が、必ずしも「最後に返済した日」と一致するとは限らないからです。

(ちなみに、画像の人は、平成1x年に裁判や調停をしていました。つまり、法律用語でいうとことろの「債務名義」を取られていました。債務名義を取られると、借金の消滅時効は「10年」になります。どこから数えて10年かというと、判決が確定した日から10年というのが基本ですが、その後、1円でも返済したり債務承認したりすると、そこから数えて10年になります。)

どちらにせよ、「返さないまま」、「何も手を打たないまま」だと、10年経っても20年経っても異動情報は消えないと思ったほうがいいでしょう。

逆にいえば、何らかの手を打てば、異動情報が消える日はグッと早くなります。

事実、この画像の人は、平成25年4月までこのように4件もブラックが載ったままでしたが、3年半ほど経った現在は、4つともすべて消えています。(どうやって消したかは後日改めて解説します)

このような状況の中で、より早くブラックを消す方法は、ざっと次の数通りです。

1. 完済する。(ややマニアックな一例として、元金100万円、遅延損害金80万円、計180万円の残債を、事業の失敗で4年間返せないままでいたある方が、弁護士を介入した交渉で、150万円債務免除され、30万円だけ返すという条件で和解し、ただちに30万円振り込んだところ、数日後には「完済」扱いになり、異動情報が消え、完済情報に変わったという方もいました。)

2. 自己破産する。(自己破産すれば、CICとJICCのブラックは5年で消え、とりあえずクレジットカードや車のローンなどは組めるようになる。)

3. 消滅時効の援用をする。(消滅時効の援用が成功すれば、契約が完了したことになるというか、無かったことになると解される? ので、まあこのへんは法律家の先生に詳しく聞いてもらったほうがいいが、とにかくひとつの事実として、援用後にJICCもCICも異動情報が消えたという証言があり、その現物もコピーをもらったことがある。但し、すぐに綺麗さっぱりブラックが消えた人と、その後5年間異動情報が残った人の両方がいて、そのあたりの見極めはマニアック過ぎるのでそのうち暇があったらわかる範囲で解説したいと思います)

以上、JICCの場合でした。

CICや全銀協の信用情報の基準は、またちょっと違います。
次回以降に解説したいと思います。

このように、ブラックリストは決してブラックボックスではありません。
いつ、いくら、誰が、どこに、どのように等、登録の基準は明確です。
消えるかどうかの基準も明確です。

また、自分の信用情報は、自分で開示請求できます。(他人は無断では開示できません)
心配な方や、早くブラックを消すために知恵を絞りたい方は、まず最初の一歩として、
全銀協、CIC、JICCの3つの信用情報機関に、開示請求しましょう。
窓口開示も受け付けていますし(手数料500円)、
郵送やネット申込も受け付けています。
詳しくは、各信用情報機関のHPを熟読してみましょう。


つづく



スポンサーサイト


04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login