吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

トライアスロン(アイアンマン70.3)、初挑戦&完走! (その1)


Category: 猫次郎のダイエット&運動日記   Tags: ---
29150607swimcheckyoshikawa3

久しぶりにトライアスロンの話題です。

私は現在、満46歳。
(8月で47歳になります)
メタボのオッサンです。

運動歴は、あまりありません。
中学生のときは弱小サッカー部の中堅以下でしたし、高校では帰宅部でした。
大学ではギター部でした。
社会人になってからも、30代半ばまで運動は皆無でした。
見た目も、典型的な文化系男子でした。

37歳になってから、自転車に凝りだして、ここで初めて運動をするようになりました。
39歳のときに、自転車で初めて100キロを超えるロングライドを経験。
41歳のときに、長野県王滝村で、生まれて初めての自転車レースに参戦(42キロ)
以後、43歳まで毎年、自転車レースに参戦。

過去のスポーツ経験は、これだけです。

43歳のとき、ある友人から、「トライアスロンに出てみないか」 と誘われたのがトライアスロンに興味をもつことになった最初でしたが、このときは、「まさか冗談だろ?」 という気持ちでした。
なにしろ、クロールで100メートルも泳げなかったのですから。
(50メートルも怪しかったかも)

しかしその後、事務所の近所の200円のプールにダイエット目的で通い出します。
泳ぎ方はYouTubeの動画などで少しずつ覚えながら、独学で、
「1週間5000メートル泳いでやる!」 と決め、その後、がむしゃらに3ヶ月で70,000メートル泳ぎ、
気がつけば、クロールで長距離を泳ぐことができるようになっていました。
43歳と10ヶ月が経過した頃でした。

この頃から、私の体質が、少し変わっていきました。
全身に力がつき、とりわけ心配能力が飛躍的にUPして、
ちょっとやそっとでは、息切れしなくなったのです。
おそるべし水泳効果。

そして、2012年8月。 44歳の誕生日の頃。
生まれて初めて、トライアスロンの大会に挑戦しました。
福島県猪苗代湖で開催された「うつくしまトライアスロン」。
スイム1.5キロ、自転車40キロ、ラン10キロ、計51.5キロの、オリンピックディスタンスと呼ばれる距離です。

結果は、スイムスタート直後にパニックになり(足が着かない恐怖、クロールで視界が悪く進行方向が定まらない恐怖、他の選手がぶつかってくる恐怖などが一気に襲ってきて過呼吸になった)、平泳ぎに切り替えて、
3時間30分というビリに近いタイムで、どうにか完走しました。

2回目のトライアスロンは、2013年6月、東京都立川市の昭和記念公園のプールを使ったショートコースでした。
水泳0.75キロと自転車20キロとラン5キロのショートコース。
これは1時間37分ほどで、あっさり完走できました。

3回目のトライアスロンは、2013年8月、45歳の誕生日の前後に、
「うつくしまトライアスロン」 に再度出場しました。
ここでまた、スイム1.5キロのスイムスタート直後に、第1回のトラウマが蘇ってしまい、必死に練習したのに、またもや平泳ぎであたふたしながら泳ぐ結果になってしまいました。
また、風邪もひいており、前年とほとんど変わらない3時間27分というタイムに終わりました。

4回目のトライアスロンは、2014年6月、山形県酒田市の「おしんレース」に出場しました。
しかしこの日は天候が荒れており、スイムが中止に。
自転車とランだけで競い合う「デュラスロン」に変更されてしまいました。
もちろん完走。まあ、そう悪くないタイムでした。

5回目のトライアスロンは、2014年8月の「うつくしま」でした。
46歳の誕生日の前後。
3年連続のうつくしま。 この大会は、妻が福島出身ということもありますが、それだけでなく、きれいな水、運営の良さ、素晴らしいロケーションなど、魅力満載です。これからも毎年出場したい大会です。
で、タイムのほうはというと、
この大会ではじめて、「クロールだけで1.5キロ泳ぎ切ること」 ができました。
トラウマ克服の瞬間です。
トータルのタイムも、3時間15分と、前年よりは12分も縮めることができました。
順位は下のほうですが、個人的にとても達成感を感じられた大会でした。

以上、2年間で計5回のトライアスロン大会に出場し、その全てを完走することができました。
泳ぎの苦手な、文化系、メタボオヤジの私が・・・!
これは大きな自信になりました。

但し、これらはいずれも、「オリンピックディスタンス」とか「ショート」と呼ばれる距離のものです。

ひそかに、「次はもっと長い大会に挑戦したい!」 という気持ちが強くなっていきました。

もっと長い大会とは、

「ミドル」 - スイム1.9㎞、自転車90㎞、ラン21.1㎞、計113㎞ (マイル表示だと70.3マイル)
        「アイアンマン70.3」 という大会が有名。

「ロング」 - スイム3.8㎞、自転車180㎞、ラン42.195㎞ という最高峰。
        「アイアンマンレース」「バラモンキング」などが有名。


特に、「アイアンマン」という称号には憧れました。

さすがに、ロングは想像もつかない未知の領域ですが、ミドルなら、そろそろ挑戦してもいいだろうという気持ちになってきました。

そして、今年の春、愛知県知多半島で開催される 「アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン」 という大会に思い切ってエントリーし、6月7日、予定通り出場しました。

結果は・・・、
海でトラウマと闘いながらスイム1.9㎞をなんとか泳ぎ切り、
自転車で90キロの長距離(坂道多数)を乗り切り、
最後にハーフマラソン21.1㎞(坂道多し)をどうにかこうにか走りきり、
制限時間ギリギリで、完走することができました。

(「その2」 へつづく) 



※ 吉田猫次郎のトライアスロン戦歴 (2015年6月現在) :

・ 2012年8月 うつくしまトライアスロン (1.5+40+10㎞)
  - 3時間30分  *スイムでパニックになり、トラウマ状態に
・ 2013年6月 昭和記念公園トライアスロン (0.75+20+5㎞) 
  - 1時間39分
・ 2013年8月 うつくしまトライアスロン (1.5+40+10㎞)
  - 3時間27分 *スイムでトラウマ再び・・・
・ 2014年6月 山形酒田おしんレース (3.5+40+10㎞)
  - 2時間47分 *悪天候のためスイムなし
・ 2014年8月 うつくしまトライアスロン (1.5+40+10㎞)
  - 3時間15分 *トラウマ克服
・ 2015年6月 アイアンマン70.3セントレア(1.9+90+21.1㎞)
  - 7時間54分 *初めての海。トラウマ再び・・・

以上、全戦どうにか完走。

メタボオヤジの飽くなき挑戦はまだまだ続く。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login