吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

【備忘録】 睡眠時無呼吸症候群


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
2013年11月 重い腰をあげて、中野のYクリニック(普通の内科)に貼ってあったポスターを見て、簡易検査を申し込む。


2013年12月 自宅で簡易検査。帝人から簡易検査キットが配送されてきて(本体は携帯電話よりちょっと大きい程度。それに鼻につける管とか、人差指につけるセンサーとか何本か付属されている)、説明書に従って一晩検査。
翌日、帝人に宅急便で送り返す。


2014年1月初旬 中野のYクリニックを通じて検査結果が出る。「1時間で最大19回、呼吸が止まっています。最長で79秒間も呼吸が止まっています専門の病院を紹介するので、そちらで精密検査をすることをお勧めします」 とのこと。 やはり・・・。


2014年1月24日 「西新宿の駒ヶ嶺医院 睡眠呼吸センター」で一晩検査入院。


2014年2月6日 精密検査の結果。「無呼吸低呼吸指数(AHI):36回/時」「無呼吸最大持続時間: 67秒」「睡眠効率:69%」「REM 18.8%」「覚醒反応指数 67.2回/時」 など、なかなか厳しい結果が出た。(ついでに血圧も高いことが判明した)


対症療法として、CPAP(シーパップ。電子制御で加圧された空気が鼻に装着したマスクに送られて気道を開く装置。ダースベイダーのマスクを透明にしたようなイメージ?)を毎晩装着することに決定した。ちょっと憂鬱な気分。


2014年3月6日 CPAPのテストおよび微調整のため、また一泊入院。


2014年3月10日 テスト結果。「装着中、無呼吸はゼロでした」 とのこと。同日、CPAPが貸与される。(レンタル開始。以後、毎月1回、CPAP本体についているSDカードを外して、医師に診断してもらうことに)


2014年3月10日 自宅でCPAP装着開始。違和感が強く、なかなか寝付けない。


2014年3月中旬 花粉症の鼻詰まりと相まって、CPAPを装着して寝ると非常に苦しい。3時間ももたない。寝ている間に外してしまう。


2014年3月下旬 ようやく少しずつ慣れてきた。2日に1回は、寝ているときに外すこともなく、一晩中装着できるようになった。


2014年4月上旬 だいぶ慣れてきた。しかし、やはり3-4日に1回は、息苦しくなって睡眠中に無意識に外してしまう。


2014年4月10日 CPAPレンタルを受けてから、初の定期診断。結果は、思ったより良かった。CPAPを装着している時間は1日平均4.7時間と短いが、少なくともその間は、無呼吸の回数が0回だった。熟睡度もかなり上昇しているようだった。また、血圧の下のほうが20も低下していた。


次回は2014年5月上旬に診てもらう予定。







スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login