吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「決算書が読めない社長さん」の、「読めない」レベルはどのくらいか?


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
 ちゃんとデータを取ったわけではありませんが、少なくとも、私がこれまでに相談を受けた、いわゆる経営不振に陥っている中小零細企業(事業規模にして年商3000万~2億円以内、従業員数0人~7人未満の会社が大多数を占める)の社長さんで、決算書の読めない方の割合は、だいたい8割かそれ以上にのぼります。

 「読めない」と言っても、いろいろな基準があると思いますが、ここでは、決して高度な分析能力を指しているわけではなく、基本的なことを意味します。


 具体的には、


△「売上総利益」と「営業利益」と「経常利益」と「当期純利益」の違いがわからない。

 - これでは自社の収益構造が漠然としかわからないでしょうね。将来の利益計画の立て方も、収入アップによって増収増益を図るのか? それとも費用カットによって減収増益を図るのか? などが明確に方向づけできないでしょう。コストカットの仕方についても、売上原価を削減して売上総利益率を改善するのか? それとも販売費一般管理費を削減して営業利益を改善するのか?、あるいは営業外費用(利息や割引料)をカットして経常利益の改善につとめるのか?、一体どれが自社にとって重要課題なのか?なども、わからないままでしょう。これではいけません。海図が読めない船長と同じです。


△「債務超過」と「借りすぎ」の違いがわからない。

 - 「債務超過」の定義がわからないから、債務超過という言葉に恐ろしく鈍感か、あるいは逆に、不必要にナーバスになってしまう社長さんが多く見受けられます。

 負債のみにとらわれず、資産とのバランスを常に見る必要があります。
例えば、仮に「1億円の借金」があるとしても、資産が1億5000万円~2億円もあればあまり心配にはおよびませんが(債務超過ではなく、資産超過ですね)、資産が1億円を大きく下回っていたら、これはもう立派な「債務超過」であり、いろいろ対策が必要です。

 「借りすぎ」かどうかについては、「債務超過」かどうかとは見方が大きく違います。債務超過かどうかは、資産/負債のバランスで判断しますが、「借りすぎ」かどうかを見極めるには、資産とのバランスだけでなく、「収益」との比較が欠かせません。
 例えば、売上高1000万円の小売業が1億円も借金していたら、債務超過であるないにかかわらず、「借りすぎ」でしょう。過剰資本、過剰投資です。利回り(総資産回転率やROA、ROEなど)も小さくなってしまいます。
 でも、売上高3億円の建設業が1億円の借金をしていたら、これはちっとも「借りすぎ」ではありません。

 こういった違いがわからなければ、金融機関との付き合い方(どの程度まで融資してもらうのが適切か?など)や、設備投資の加減具合(過剰設備ではないか?など)も、いつまでもピントがずれたままになってしまいます。 これでは良い会社を「構築」していくことなんかできません。いつまでたっても「場当たり的」な経営になってしまいます。


など・・・。



 決算書を読む力は、やはり、とても重要です。
どのくらい重要かというと、登山家にとっての地図、船乗りにとっての海図と同じくらい重要です。

 標高1000mに満たない山をガイドさん付きで登る程度なら、地図なんか読めなくてもいいでしょう。でも、2000m級以上の山を自らの力で登り切るには、地図が読めないと話になりません。遭難率がグンと上がってしまうでしょう。楽しみも半減してしまいます。

 小型船で内湾を小移動する程度なら、海図なんか必要ありません。でも、大海原へ出るには、海図が読めなければ話になりません。死にます。

 決算書もそれと同じです。小さく職人的に自営業スタイルでやっていくのなら、決算書が読めなくても構わないと思います。でも、従業員が10人、20人と増え、利害関係人が増えるにつれて、社長さんの舵取りの責任や経営戦略の難易度が増していきますから、本気で拡大・成長を目指すなら、決算書が読めないと危険です。


 皆さんが想像している以上に、決算書の読めない社長さんは多い。
ということは、見方を変えれば、決算書の読める社長さんは、それだけでも競合他社より優位に立てると言えるでしょう。数字が読めれば、自社の強みや弱みを正確に把握することができ、ムダを省くこともでき、計画の精度が増し、危険もより早く察知できますから。


 がんばりましょう。


 猫
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。