吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

猫次郎44歳、2度目のトライアスロン!


Category: 猫次郎のダイエット&運動日記   Tags: ---
037.jpg


10ヶ月ぶり、人生2度目のトライアスロンに参加してきました。
(第24回国営昭和記念公園トライアスロン大会)



【1】 まず、この10ヶ月の、私の運動日記(?)を振り返ってみましょう。

2012年8月26日  うつくしまトライアスロンinあいづ、初参加。 3時間30分で完走。

2012年9月 自転車レース(王滝村100キロ)に参戦するも、メカトラブルのためリタイヤ。

2012年10~12月 なんとなく燃え尽き症候群(?)。運動は近所の学校プールで水泳のみ。(月平均15キロ位)

2013年1月 ここまでの1年間で、計200キロ泳いだ。1年前までは100メートルも泳げなかったクロールも、ノンストップで2キロ泳げるようになった。(我流なので遅いけど)

2013年2月 200キロ泳いだ達成感か、またもや燃え尽き症候群(?) 全く泳がす、運動もせず。

2013年3月 同上。

2013年4月 少しずつ水泳再開。しばらくサボっている間に、体力はすっかり衰え、体重はおそろしく増加。

2013年5月 8ヶ月ぶりにラン再開。体重減らず。

2013年6月 9ヶ月ぶりに自転車再開。水泳とランもだいぶ調子を取り戻す。体重微減。

2013年6月30日 昭和記念公園トライアスロン(スプリントディスタンス)参加。無事完走。



【2】 昨日の大会の様子。


20130630(1)
愛車FOCUS CAYO 2010年アルテグラモデル。3年前に海外通販で超格安で買って以来、ツーリングにレースに仕事の足代わりにと大活躍。自称「営業車」。


035.jpg
完走。

水泳(750メートル)が約13分、自転車(20キロ)が約55分(着替え時間含む)、ラン(5キロ)が約27分、計1時間37分ほど。

順位は、1週間後にネットで発表されるとのことだが、たぶん中の下か、下の中あたりでしょう。

一番しんどかったのが水泳。最初の5分で、他の選手に頭を水中に押し込まれ(これは混戦でよくあること)、水を飲んでしまい、軽くパニックに。

以後、「落ち着いて落ち着いて!」と自分に言い聞かせながら完走を目指しました。




* トライアスロン、なんとなく自分に合っているような気がしてきました。

 最初に思い描いていたキツいだけのイメージより、だいぶ「理に適っている」という感じです。

 フルマラソンと違い、足腰にばかり負荷がかかるようなことがなく、上半身と下半身にほどよく負荷が分散されますので、地道に練習さえすれば、誰でも完走できるし、長く続けてもカラダに無理がかからないと思います。

 実際、60~70歳以上で完走した方や、50歳から挑戦し始めた方も結構いますし、義足だけのトライアスロンチームもあります。

 私も70歳まで続けたいと思うようになってきました。いろいろな意味で。

 最高峰のアイアンマンレースにも、そのうち挑戦してみたいです。



* おまけ。私は1年ちょっと前、この動画にガツンとやられてしまいました。
全身麻痺の息子の笑顔のために鉄人になったお父さんのトライアスロン参戦記。



なんと、トライアスロン最高峰の大会(水泳3.8km+自転車180km+ラン42.195kmのアイアンマンレース)を、ただ完走しただけでなく、息子をゴムボートで引っ張りながら泳ぎ、2人乗りに改造した自転車で漕ぎ、車椅子を押しながらフルマラソンを走りきってしまったのです。
全米がガチで泣いた。



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login