吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

負けグセ、勝ちグセ


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
べつにアベノミクス信奉者というわけではありませんが、
確かに、明るい兆しが見えてきています。(あくまで兆しに過ぎませんが・・・)

・ 接待交際費の損金計上が、従来の「上限600万、その9割まで経費として認める」から、「上限800万円、全額経費として認める」に変わろうとしています。(但し1年限定になりそうです)
飲食店は少し賑やかになるかもしれませんね。

・ あの「超円高」に歯止めがかかり、(私は1ドル94円程度ではまだまだ「円安」とは思えませんが)、ドル円レートがだいぶまともになってきました。これにより、輸出関連産業は徐々に良くなっていきそうな様子ですね。

・ 個人消費のほうも、まだまだとはいえ、大手百貨店の売上が少し上がってきているというニュースがあったばかりです。


他いろいろ。


景気は「波」です。
波にも、高い波や低い波、乗りやすい波や乗りにくい波などがあります。
今、ちょっと高くて乗りやすい波が迫ってきているような気がしてならないのです。



さて本題です。


私が最も懸念しているのは、中小零細企業の社長さんの多くが「負けグセがついているんじゃないか!?」ということです。
日々、倒産寸前の社長さんの相談にばかり乗っていると、よく感じます。「この人はモノを売ることを忘れてしまったんじゃないか・・・?」と。

なにしろ、長い間モノが売れず、生き残りのためにコストカットやリスケジュールのような「守り」ばかりやって凌いでいました。利益の出し方ひとつとっても、「増収増益」を狙わず(狙えず)、「減収増益」、つまり売上が減っても利益を出していけるようにと、そんな渋いことばかり考えて生き延びてきました。

それはそれで、状況判断として正しかったのでしょうが、今はちょっと違います。
状況は刻一刻と変わってきているのです。

サッカーでも、「守り」ばかりでは勝てません。
ここぞという時には積極的に「得点」しに行かないと!

なのに、長い間「守り」に徹してきた社長さんや、「負けグセ」がついてしまった社長さんは、せっかく「得点チャンス」が巡ってきても、どう対処したらいいかわかりません。それではいけません。

積極的に「攻め」に出ましょう。
攻め方もいろいろありますから、サイドから攻めるか、それとも中央突破か、カウンターか、など、楽しく考えましょう。

負けグセなんかふっ飛ばしてしまいましょう。
勝ちグセを身につけましょう。
いや、せめて、勝ちの味を思い出しましょうよ。


ここで、私がよくオススメする方法があります。
「勝ちグセ」を手っ取り早く身に付ける3つの方法。

(1)何でもいいからモノを売ること。
 - ネットオークションで家庭の不要品を売ってもいい。不良在庫を現金特価で叩き売りしてもいい。自分の得意な技術やサービスを、期間限定キャンペーンで半額で提供してもいい。あるいは自分自身を売ってもいい。とにかく売ること。お客さんと触れ合うこと。商売の駆け引きに慣れること。商人(あきんど)としての嗅覚や勘を取り戻すこと。

(2)2-3回でいいから「勝ち」を味わうこと。ゲームでも、魚釣りでも、スポーツでもいい。

(3)波に乗ること。波をうまく利用すること。





スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login