吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全資産の没収、防止へ 個人保証、金融機関を規制 政府が中小企業支援(朝日新聞)


Category: 連帯保証人問題   Tags: ---
四国・高松で講演した時に大変お世話になったDSKプランニング代表の方から、連帯保証人関連の興味深いニュースを教えて頂きました。

詳細はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/hirossann4141/37902833.html


少し抜粋すると、

「政府は、金融機関が中小企業の経営者にお金を貸すときに求める「個人保証」の規制を強化する。経営不振で返済できなくなった経営者から資産をすべて取り上げないよう、今春をめどに金融機関の行動指針(ガイドライン)をつくり、指導する。経営者の再出発を後押しするのがねらいだ。(以下略)」
(2013年1月18日 朝日新聞デジタルより)

だそうです。


* ところで、私がこのニュースを読んで気になったのは、「信用保証協会」の動向です。

今回のニュースでは、金融機関が対象となっているようですが、信用保証協会は金融機関とは微妙に異なるので(監督官庁も違う)、信用保証協会にもこれが適用されるのかどうか・・・?

実際、信用保証協会の連帯保証人問題は、今も深刻な問題を引き起こしていることが少なくありません。

信用保証協会は、平成18年春から「経営と関係のない第三者を連対保証人にしない」という方針を発表し、その通りになりましたが、逆にいえば、平成18年春より前は、信用保証協会が第三者の連帯保証人を取るという、まるで笑えないギャグのようなことが普通に行われていたのです。

信用保証協会は、私たち中小企業の「保証人代わり」になってくれる公的機関です。
その保証人代はりになってくれる機関が、主債務者から連帯保証人を取るという、ちょっと理解に苦しむことが、ごくごく普通に行われていたのです。平成18年春までは。

つい数ヶ月前にも、サラリーマンの方から、「昔、弟の自営業の連帯保証人になり、それが今になって、信用保証協会から2000万円以上の請求が来ました。話し合いに行ったら、自宅を売却して返済して下さいと言われました。もうパニックです。離婚話にまで発展しています・・・」 という相談を受けたばかりです。聞けば、この方は平成17年頃に弟さんの銀行借入の連帯保証人になり、それはご多分にもれず信用保証協会つきの借入でした。弟さんは頑張って返済を続けてきましたが、平成24年に資金繰りが限界に達し、長期延滞、期限の利益喪失、一括請求、事故になりました。そしてその後、銀行は保証協会に代位弁済の手続を取り、代位弁済後は信用保証協会から請求が来るようになりました(求償権請求ですね)。弟さんは保証協会と話し合って、月3万円ずつ返していますが、それが精一杯のようです。残元金は2000万円以上残っています。不動産担保も取られていますが、その担保物件は地方の売れない土地で、競売にかけても数百万円にもならないと思われます。そのためか、いまだに競売にはなっていません。しかし保証協会としては何らかの回収をしなければならないので、連帯保証人であるサラリーマンのお兄さんのところへの請求が本格的になり、現在に至っているというわけです。 (ちなみに私は、この方の相談を一通り聞いて、サラリーマンで安定収入があるし自宅抵当権も住宅ローンのみだし保証債務も2000万円程度なので、個人再生手続=住宅ローン特別条項つき給与所得者再生で解決可能だと思い、個人再生手続きに強い地元の弁護士さんを紹介しました。その後うまくいっているようです。でも、もしあのまま良い相談先に巡り会わなければ、家も取られて離婚話も深刻化していたかもしれませんね・・・)


会社規模が小さくなればなるほど、金融機関から融資を受けるときは、「信用保証協会の保証つき」である割合が高くなりますから、この手の問題を考えるときは、金融機関にだけ対策を講じるのではなく、「信用保証協会」にも同様の指導なりガイドラインなりを敷いてほしいと思います。

さあ、どうなるかな?



スポンサーサイト


Comments

 
>「政府

に、「信用保証協会」のことまで頭が回っている人がいるかどうか…。
「経営と関係のない第三者を連帯保証人にしない」表明で、信用保証協会の方は今のところいいか…と思っていなければいいのですが。

それにしても保証協会が保証人をとるというシステム・・・。

不勉強ですみませんが、どう考えても「じゃあ、あんた方は何?」と思わざるを得ません。

(「万一の時は半分協会が持つから、半分は保証人さん頑張って」というのであれば、まだ理解できますが)

 
信用保証協会の監督官庁は金融庁です。 
HPを見る限り、私にはそう見えます。
http://www.fsa.go.jp/common/law/guide/hosyokyokai/index.html
そして、信用保証協会も主要行監督指針を参照せよ、みたいな毎度の曖昧な文章が書かれています。いずれ、ガイドライン(監督指針)がでたら、徐々に変わると思います。

ただ、世間での実情は別問題で、末端の保証協会担当者が監督指針を見て仕事をしているとは、到底考えられません。ですから、保証協会の実態が変わるのはガイドライン(監督指針)がでてから、1年以上のタイムラグがあるかもしれません。
 
信用保証協会の主務大臣 
信用保証協会法にいう主務大臣は大蔵大臣と通産大臣と昔習いましたが、
いまちょっと調べてみたら内閣総理大臣、都道府県知事とか。。。。。
信用保険は確か経産省なのではて???v-292
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。