吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒産(のような)状態」と「倒産手続き」は違う!


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
初歩的な話です。

勉強会ではよく話しているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、ネット検索で初めてここに辿りついた方には馴染みが薄いかもしれませんので、簡単にわかりやすく書きます。

倒産(のような)状態、たとえば支払不能、延滞、長期延滞、督促、内容証明、訪問による催促、来訪要求、期限の利益喪失、一括請求、代位弁済、不渡り、法的手続き、敗訴、強制執行、競売、・・・。

これらは全て「状態」(あるいは「症状」)であり、「手続き」とイコールではありません。
混同しないようにしましょう。

極端な話、これらの事態が全ていっぺんに起きても、それ自体は倒産ではありません。
まだやりようはあります。(個別交渉で取立てを止めたり、分割払いで和解したり、一部免除してもらったり、それがダメなら法的or公的な再生型の手続きを検討したり)

手形の不渡り(2回不渡りで銀行取引停止処分になる)でさえも、倒産ではありません。
銀行取引停止処分にはなりますが、借入のない他行での普通預金の預入や引出や振込はできるし、
不渡りを出した会社が自動的に破産宣告したり解散したりするようなこともありません。
裁判所も法務局も動きません。
不渡りは不渡りでしかないのです。(もちろん、債権者別に期限の利益喪失による一括請求などはしてくるので個々に傾向と対策が必要なのは言うまでもありませんが)

とにかく、「状態」と「手続き」は違います。

「状態」に陥っても、廃業などの「手続き」をするかどうかは、柔軟に決めていいのです。

中には、借入金の長期延滞による差押や手形不渡りなど、世間一般で明らかに「倒産状態」と思われる目にあいながらも、メゲずに事業を継続し、2年、3年とゾンビのような状態が続きながらも、再起をあきらめないで頑張っているうちに、次第に黒字化していき、借りたカネを少額ながら返済再開できるようになっていき、そのうちに支援者があらわれて、事業的にも財務的にも見事に再生できたというようなケースもあります。(最後の最後は銀行から融資を受けられるまでに信用回復)


まだ頑張れるようなら、どんな逆境でも頑張りましょう。

むしろ大事なのは、「症状」などよりも、「熱意」「意欲」「情熱」のほうだと思います。

これが失せてしまったら、現在の事業・会社とは距離を置いたほうがいいかもしれませんね。

但し、ここでも、「廃業」しか選択肢がないわけではありません。

「休業」という選択肢だって、あります。

ロックバンドと同じです。解散だけじゃなく、休止してまた復活するバンドもいるでしょう?

そういうふうに、いかなる窮地でも、柔軟に柔軟に考えてみて下さい。

選択肢はまだまだ豊富にあります。


猫@明日から西日本行脚
スポンサーサイト


Comments

何だか「うつ状態」と「うつ病」、、、 
の関係みたいですね v-292
ちょうど30年前初めて回収の仕事専任になった時に
 ~倒産は経営者が諦めたとき~ と感じました。
好き好んで倒産状態にはまっていく人はあまりいない
でしょうからその兆候を感じ時にピシッと対処する、、、
ただ、鋭敏さでもってこれを感じても動けないってこと、
あるいは端から見ると真逆の方向に動いているってこと
も往々にしてあるので厄介です。
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。