吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「廃業することに決めました!」 という相談


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
昨日、こんな相談を受けました。

「いろいろ考えた結果、自己破産することにしました。
理由は、将来的に、当社の事業が上向きになる見込みが、残念ながら、見えてこないためです・・・。」

この方の借金は4000万円強。(法人名義。住宅ローン除く)
うち3000万以上は保証協会や国金など政府系で、
ほかに未払い費用や買掛金が1000万ほどあります。
住宅ローンは、残債と資産価値がほぼトントンです。
よって、債務超過額は、個人と法人あわせても4000万円程度です。

売上が3000万円以下に落ちており、営業利益も出せていないため、確かに悩ましい内容です。
おそらく専門家に相談したら、10人中8人が、自己破産をすすめるでしょう。

この社長さんの考えも、いたって正常です。
自己破産したければ、すればいいでしょう。


でも、私はあえて反論しました。
まだ残された選択肢はある、頑張ってほしいと心底思ったので、社長さんを揺さぶりました。

事業が上向きにならないだけで絶望視するんですか?横ばいや下降傾向でもいいとは思わないんですか?昨今、いくら努力しても減収減益を余儀なくされてる会社はいくらでもありますよ?それでも皆さん生きている。生きてるだけ、存続だけで立派だと、私は思うんですけどねえ」

「自己破産すれば、確かに負債はほぼ確実になくなります。確実に借金の問題からは解き放たれて楽になるでしょう。でも、それは借金・負債の部分が楽になるだけで、それ以外の部分は楽になれるという確証はありませんよ。自己破産して借金がゼロになっても、その後の生活や人生で苦しんでいる人は多い。要はあなた次第なんです。自己破産で負債をゼロにするかどうかは、全体の中ではさほど大きな問題ではない。」

業績安定か、さもなくば自己破産かという、100か0かの二者択一のような考え方は、ちょっともったいないと思います。それはまるで、健康でなければ死ぬしかないと言ってるようなものです。病気がちだけど生き抜くとか、弱者だけど弱者なりに生き抜くとか、そういう人や会社も沢山いるじゃないですか?」

「置かれている現状を専門的にみても、小規模法人、協力者不在、スポンサー確保困難、公的金融機関からの借入比率が多い等を勘案すると、個人再生手続や第二会社方式やサービサーを使った私的整理などにはあまり向かない内容だけど、一括請求や代位弁済されてもメゲずに交渉して、しばらく猶予してもらって長期分割返済させてもらう余地はじゅうぶんあるし、本業の赤字を食い止めて、減収ながらも黒字を出す方策だって必ずとれるはず。そのやり方だと借金はなかなかなくならないけど、べつにいいじゃありませんか。借金を、債務超過を、綺麗になくさなければ事業再生というわけではありません。借金としたたかに共存し、売上低迷の中でもギリギリ黒字を出し、少なくてもいいからとにかく稼いで家族を養い、ゆっくりでも借金を返し、僅かでも税金を払い、残ってくれた僅かな従業員に給料を払い、それだけでもじゅうぶん立派だと私は思いますよ。」

そういうのは事業再生とは呼ぶべきではなく、維持とか延命とか言ったほうが合ってるのかもしれないけど、私はそれでもいいと思う。継続は力なり。石の上にも三年。底辺を這いつくばりながらでも維持していくうちに、しだいに逆境に慣れてきて、いろいろ学習するようになり、最後は見事に再生できたという人も私は沢山知っています。いや、絵に描いたようなV字的な再生ができなくても、何度もいうように、このご時世では維持・継続していくだけでも意味があることだと思うんですよ。」


「べつに、絶対自己破産するな!と言っているわけではありません。したほうがいいケースも多々あります。
どうしても自己破産したいなら、どうぞ進めてください。
でも、その前に、私のこうした反論を論破できるよう、今一度、考え直してみて下さい。」







スポンサーサイト


Comments

 
5年前にこの文章を見ていれば・・・
自己破産後サラリーマンをしていますが、
この文章を見てジーンときました。
かつての私と同じよう境遇の人にもっともっと
金融リテラシーの強化の普及に頑張ってください!
微力ながら私もお手伝いします。

 
 
まだ自己破産せずに、かんばれるのは猫さんのおかげです。
ありがとうございます。
自己破産しなくても債務を凍結する方法はあるし、それより日々の生活費を事業で稼ぎ出すことの方が重要ですね。
借金に負けず、子供たちも大学生活をエンジョイしており、幸せな毎日です。
あの逆境があったからこそ、精神的に柔軟でタフになれたと思います。
人生には山あり谷ありですが、楽しんで乗り越えていきましょう。
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
多分 
廃業を考え、自己破産するひとは、疲れたんだと思います。
もちろん、家族、従業員、債権者に対する考えも終えての結果ではないでしょうか?
安楽死を勧めず、延命治療を勧める医師は多いでしょうか?
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。