FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

猫次郎、結婚式を挙げました。


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
(この話はエイプリルフールに発表しようと思っていました。)


驚かれる方も多いかもしれませんが、

2012年4月1日、私は、人生2度目の結婚式を挙げました。

会費制の質素な結婚式にするつもりで、実際そのようにしたのですが、終わってみれば、かなり賑やかな楽しい式になっていました。芸能人や著名人ほか豪華ゲスト多数。サプライズイベントあり。その道のプロ中のプロによる数々の演出など・・・。

ベストセラー作家の中村将人さんが、お笑い芸人「ヴェートーベン」を呼んで一緒に余興をやってくれました。

元トランザムのボーカルで「ビューティフルサンデー」などの曲で名高い高橋のぶ(高橋伸明)さんが、何曲か歌ってくれました。

漫画家のhayashi3(4コママンガの連載を持ちながら、我がNEKO-KENの事務スタッフもしてくれている)が、かなり凝ったウェルカムボードを描いてくれました。

切り絵作家のナカニシカオリさんが、切り絵で席札などを作ってくれました。

以前ガイアの夜明けに出演したときに取材を受けた報道系の高視聴率王のようなすごいTVプロデューサーさんが、テレビカメラを収録してくれました。

弁護士の先生が、披露宴のちょっとオフザケ的な役回りでエスコート役になってくれました。

自転車レーサーの流星さんが、乾杯の音頭をとってくれました。

大手イベント会社の社長さんが新郎新婦の紹介をしてくれました。

コンクール優勝総なめのカリスマ花屋さんが、式場の花を全てアレンジしてくれました。

プロカメラマンの友人が、写真を撮りまくってくれました。

遠方からもかなり来てくださいました。北海道帯広市から飛行機で飛んできてくれたmakotoさんを筆頭に、岐阜のたぐっちさん、愛知のあさこさん、名古屋のヒガシヒデさんご夫妻、名古屋の辻司法書士ご夫妻、茨城の流星さん、福島いわきの福臨鉄さん、長野の釣り仲間、ほか、新婦の親族が福島から、友人が福島や岩手や奈良から・・・。

それはそれはもう、私たちにとって豪華すぎるほど豪華な挙式となりました。

本当に、人の縁は大きな財産ですね。感謝感謝、大感謝です。


wedding1
(撮影:プロカメラマンであり釣りやMTBレースによく一緒に行っている友人の坂祐次氏)


wedding2
(こちらは関係者が撮ってくれたスナップショット。縮小。)



人生は本当にわからないものですね。

私は、少なくとも2011年2月までは、もう二度と結婚することはないだろうと思っていました。

(私の過去についての詳細は、去る2011年1月10日に書いた 「猫次郎10周年秘話」 参照)


ところが、忘れもしない、2011年2月19日に、「衝撃的な出会い」がありました。

その後、急接近しつつあった時に、3月11日の東日本大震災が起きました。

彼女の実家は福島県福島市です。私は彼女を助手席に乗せて、レンタカーにガソリンと水を積めるだけ積んで、福島へ行きました。(その時の様子はこちら

図らずも、これが彼女の両親へのご挨拶になりました。

以後、ますます急接近し、6月には自宅マンションの契約期間が切れるというので「じゃあ一緒に住もうか」という話になり、7月から一緒に暮らすようになりました。そして7月7日に入籍。2012年4月1日に挙式。

年の差カップルです。私は現在43歳ですが、妻は28歳です。15歳離れています。

仕事も違うし(普通のOL。ファイナンシャルプランナーや簿記資格を持っている点では少し近いものを感じましたが、根本的に仕事上では何のつながりもありませんでした)、趣味も全く違うし、感性も違います。

だけど、理屈抜きで惹かれてしまったのです。







*追記。

私たちの出会いは、実は、結城流星さんが取り仕切って私も発起人のひとりである「連帯保証人制度改革フォーラム」という会の定例会でした。彼女自身は連帯保証債務など全くないのですが、この制度に並々ならぬ問題意識を持っていて、ある日、一人で参加してくれたのでした。衝撃的な出会いはそこから始まりました。

私は昔、連帯保証人でさんざん苦労しましたが、今回は連帯保証人のおかげでシアワセになることができました。まったく、何が災いをもたらして、何が福をもたらすか、わからないものですね。


スポンサーサイト


Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
おめでとうございます 
仙台の講演会、夫と2人で参加します。講演自体はヘビーでしょうが、幸せオーラ漂わせている猫さん、楽しみです。被災しましたが、二人生きてるだけで儲けもの、人間万事塞翁が馬、と思って夫婦で頑張っています。どうぞ末長くお幸せに。
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
おめでとうございます 
1度勉強会に参加しただけの者ですが…誠意の感じられる方だったので(儲からないのでは…などと)心配しておりました(…大きなお世話ですね)。しかし、ミッションに生きる方は逞しい。積善の猫次郎氏に幸あり。本当にめでたい。
ますます御幸せに!
 

Leave a Comment



07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login