吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

斬新な手法も、すぐに古くなる・・・


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
昨日、出張の帰りに、高速道路のサービスエリアのガソリンスタンドで満タン給油しました。
高速SAのスタンドは一般道のそれよりもやや高めなのに、なぜわざわざ満タンにしたかというと、理由があります。

以前、

「高速道路のガソリンスタンドの価格は、一般道の価格を基準に公団が決めているのだが、その価格決定には1-2週間のタイムラグがある。だから、ガソリン相場が急に上がっているときなどは、むしろ高速道路で給油したほうが安くなる」

という話を聞いたことがあったからです。

私はこの話が何年も頭の中にこびりついていたし、ここ1-2週間でガソリン価格が急に上がっていたので、試しに高速道路で満タンにしたというわけです。

でも、実際に給油してみると・・・、あれ?一般道とほとんど変わらない。
ていうか、一般道よりちょっと高めかもしれないではありませんか。

少し気になったので、今朝、ネットで調べてみました。
そしたら、こんな記述を見つけました。

【解決済みの質問】
> 5/1より暫定税率が復活してガソリンの料金が値上がりしますが、
> 高速道路のガソリンスタンドはタイムラグがあり約1週間後に料金に反映されると
> テレビで見たような気がしますが、本当なんでしょうか?
> 投稿日時 - 2008-05-01 09:57:40

【ベストアンサー】
> 今までならそうでした。
> ですが今回は税率の上げ下げがごく短期間に起こることが分かりきっていたので、
> 高速道路の協会は先月「今までの価格の決め方を当面停止する」と発表しています。
> 要するに周りの一般道のガソリンスタンドと同じような価格設定に今頃なっているはずです。
> 投稿日時 - 2008-05-01 10:03:03



・・・なるほど。もう4年も前に変わっていたのですね。
私は4年以上前の古い話を信じ込んでいたわけですね。
大変勉強になりました。


******************


古い話を信じ込んで間違った判断をすることは、よくありますね。

私の事業再生の仕事でも、よく、相談者の方が10年近く前の本を図書館や古本屋で買って、そこに書かれている知識を鵜呑みにして、とんでもない勘違いをされていることがあります。
たとえば―

「自宅の名義を共有名義にすると、競売にかからない」 とか、

「信用保証協会は都道府県単位で運営されているため、ある県で事故を起こしても、他県で申請すれば事故歴がバレないからまた借りられる」 だとか、

「テキジョという魔法のような制度があり、これを使えば、自己破産しないで家を守って借金をなくせる」 だとか、


いずれも、そういうことが「ありえなくはない」時代もあったことはありましたが、現在では通用しません。
現在では共有名義でも競売にかかるものはかかるし(H16年の法改正以後は特に)、
保証協会は他県ともつながっているし(特にここ5-6年はCRDが普及して)、
テキジョという法律もH16年に抵当権消滅請求に代わってからはそんなに都合のよい制度ではなくなったし・・・。


このように、時代はどんどん変わっていきます。
去年まで通用した制度が、今年はまるで通用しないこともあります。

ビジネス、法律、ハウツー系の情報を収集するときは、それが本であってもネットであっても、
賞味期限がありますので、それがいつ書かれたのか、いつ頃の情報なのかにも目を光らせましょう。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login