吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊 『PHP』 2012年3月号にエッセイを執筆しました。


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---
月刊PHPホームページはこちら。
http://www.php.co.jp/magazine/php/

PHP研究所は、御存知の方も多いと思いますが、松下幸之助が創業した出版社です。
書籍、文庫、雑誌など、いろいろな出版物を出しています。

今回紹介する月刊PHPは、よく駅の売店などでも売られている200円の月刊誌です。
発行部数100万部と、非常に多くの方に読まれています。

私は光栄にも、この月刊PHP編集部から「エッセイを執筆してほしい」と依頼を受け、
3ページほど書いてみました。
無事に掲載されるかどうか自信がありませんでしたが、なんと、特集で掲載されました。

安く買える雑誌なので、ぜひ皆さんも読んでみて下さい。

(オマケとして、私の珍しい「和装」の写真が見れます。)

2012年2月10日発売です。



・・・で、何を書いたかというと、


「折れない心のつくり方」  です。



以下、原稿から一部引用。


 「意志あるところに道は開ける」という言葉がある。英語で”Where there’s a will, there’s a way.” と書く。これと似た格言は古今東西あちこちに存在し、ひとつの真理といえよう。
 ただ、人間はそう強い生き物ではない。いつまでも強い意志を保ち続けることは難しい。心が折れたり、気力が萎えたりするときも当然ある。そんなときはどうすればいいか?答えは簡単だ。立ち止まればいい。
 立ち止まったらそこで道が閉ざされてしまうわけではない。むしろ逆。疲れも癒えるし、そこで新たな発見があることもある。登山や旅や航海のようなものだ。鉄道のレールみたいに一度脱線したら大惨事になるのとは違う。行き先やコースはいくらでも選べる。寄り道だって自由。つらい道のりも、よく見れば絶景が広がっている場所がある。そう思えるようになれば、ちょっとやそっとのことでへこたれることなく、逆境も楽しめるというものだ。
 悲しいことに、私たち(現代の日本人)は、脱線することを失敗とみなし、極度に恐れる習癖がある。子供の進学から大人の会社経営まで、ちょっとレールから外れただけで心が壊れ、自殺まで思い詰めてしまう人のなんと多いことか。
(・・・以下略)




スポンサーサイト


Comments

 
私の場合は、立ち止まったらそのまま立ち止まってその場しのぎの楽をしてしまっていそうです(笑)
月刊PHPは良心的な値段ですね。以前、会社に無料でいつも送られてきておりました。
ただ、今の〇ナソニッ〇は、幸之助さんの精神がないように思えてしまいます。
 

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。