吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

久々に激しい体調不良・・・


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
こんなにひどく体調を崩したのは何年ぶりかな・・・?
プールで耳に水が入っただけで、まさかこんなに容態が悪化するとは、夢にも思いませんでした。


10/13(木) 夜、中野の区営温水プールで1時間ほど泳ぐ。
 左耳に水がたまり、なかなか抜けないまま眠りにつく。

10/14(金) まだ水が抜けないような感じ。

10/15(土) 同上。綿棒もティッシュもダメ。逆立ちしてもダメ。抜けない。
 グリグリやりすぎたせいか、左耳だけ水中に入ったような、耳の中がパンパンに詰まったような感じになる。
 聴力半減。微妙な痛みあり。寝付けないし、仕事にも集中できない。

10/16(日) ますます悪化。だが日曜日なので医者には行けない。我慢。

10/17(月) ここではじめて耳鼻科に行く。人生初の耳鼻科。
 治療は1-2分で終わった。
 詰まっているものをサッと取り除いて、炎症止めのクスリを処方してくれて終了。
 詰まりが治ったのでスッキリ。
 しかし夜には同じ症状が再発。痛みも発生。

10/18(火)AM 朝一番で同じ耳鼻科に行き、詰まりをとってもらった。1分で終了。
 「多分すぐに良くなりますよ。悪くなったらまたきて下さい」と。
 ここはネットでも評判の高い、60歳くらいのベテラン医師なので、信じることにした。

10/18(火)PM 夕方また再発。同じ耳鼻科に行くき、詰まりをとってもらう。
 このとき、痛みがどんどん増してきたので、痛み止めのクスリも処方される。
 (しかし飲んでも痛みは消えなかった)
 寝ても痛みが消えず、本当につらい。眠りが浅い。熱まで出てきた。
 頭の左側全体が痛く、重く、違和感がある。

10/19(水) また朝一番で同じ耳鼻科に行く。同じように詰まりをとってもらう。
 「化膿して塞がっているんですよ」「もう少しですね・・・」
 同じ治療ばっかり続いているが、先生の言葉を信じる。
 しかし痛い。この痛みは何なんだ?痛み止めも効かない。
 前より痛みが増している。もう電話するのもままならないほど。
 (痛いのを我慢して勉強会を決行したが、終了後はズキズキのフラフラ・・・)

10/20AM(木) 耳鼻科休診日。でも痛みと詰まりと違和感がどうにも我慢ならないので、他の耳鼻科に行ってみた。
 そしたらなんと、痛みも、違和感も、詰まりも、一発で完治してしまった!!
 その先生(若い女医さん)は、10分くらいかけて丁寧に診てくれて、イソジンと食塩水による耳の洗浄と、吸引器による吸引を入念にやってくれた。するとびっくり。中から直径2mmくらいの黒っぽい塊が2個も出てきた。どうやらこいつが原因だったようだ。目視できないところに潜んでいたようだ。
 
10/20PM 現在、異常なし。


・・・それにしてもあれですね、医者によって、こうも違うものなんですね。

 いや、前の先生が悪いという気はありません。評判の良い先生ですし、リピーターの患者さんも沢山いました。きっと腕の良いベテラン先生なのでしょう。(元を辿れば、私が自分でグリグリやったのが原因だったかもしれないし・・・)
 ただ、事業再生の世界なんかでもそうですが、単なる先生の「良し・悪し」ではなく、「スタイルの違い」や「相性」や「タイミング」などによって、結果が大きく違ってくることがあります。ベテランの先生でも誤診することはあります。
 つくづく、セカンドオピニオン的なものは大事だなと思いました。


 以前にも似たようなことがありました。
 2005年の年末、私はインフルエンザA型にかかり、急な高熱を出したのですが、そのとき最初に診てもらった医者で、「インフルエンザじゃないよ。風邪だよ」「素人がわかったようなことを言うんじゃない!」などと言われて、風邪薬を処方されたのです。これは完全な誤診ですね。
 その数時間後、熱がますますひどくなってきたので、夜間診療をやっている別の医者に行って診てもらったら、やはりインフルエンザでした。
 あのとき、最初にかかった医者のいうことを鵜呑みにしていたら、きっと回復に何週間もかかっていたことでしょう。

 皆さんも気をつけてください。


 猫
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login