吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

「セルフディスカバリー・アドベンチャー・イン・王滝」2011年5月参戦記(前編)


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
遊びの話です。

去年から毎年2回フル参戦している自転車レース、「セルフディスカバリー・アドベンチャー・イン・王滝」
20kmクラス、42kmクラス、100kmクラス、選抜120kmクラスの4種類があります。
私が去年出たのは42kmでした。かろうじて2回とも完走できました。
今回は無謀にも、100kmにエントリーしました。
しかも天気は雨。梅雨と台風。

長野県と岐阜県の県境付近にある王滝村で開催されます。
御嶽山(おんたけさん)の麓の、標高900~1600mの山の中がコースです。
ほぼ全域オフロード。普段は車も自転車も入れないところを、この日のために特別開放してくれています。
これだけ標高差が激しく、自然が豊富で、100kmも信号ひとつなおオフロードが続くコースは、世界的にもあまり例がないそうです。このため、外国人の参加者も結構います。

危険もいっぱいです。数年前の大会では、先頭車が熊に遭遇し、先頭集団の何人かがスズメバチの猛攻に遭ったそうです。転んで血だらけになってゴールインした人も見たことがあります。
それでも、この大会は、よほどのことがなければ自力で帰還しなければなりません。パンク修理などできて当然です。
他人と競い合うというよりも、大自然を相手に、自分と向き合うという性質の強いレースです。文字通り、セルフディスカバリー・アドベンチャーです。
私もそんなところに魅了されて、このレースに参戦するようになった次第です。


さて、1日目はレース前日の現地入りの様子です。
5月28日(土曜日)、友人の車に乗せてもらって、朝5時半に東京を出発しました。


outakishokudou
到着してすぐに王滝食堂で「いのぶた丼」を食す。850円。絶品。


20110528camp1
タープ、テーブル、椅子、自転車などをセットアップ。


audi
去年一緒に参戦した友人夫婦も合流。クラインという超高級自転車をペアで所有。美男美女のセレブ夫婦だが、奥さんも一緒にマラソンや自転車レースに頻繁に出場している。つくづく絵になるカップルだ。


20110528camp2
日中から酒宴。ジンとトニックウォーターと氷を持参して即席ジントニックを作った。ほかに、友人がとびきり上等なテキーラを持ってきてくれたり、ワインを持ち寄ったり、何だかとても贅沢な雰囲気。


天気は、お昼までは曇りでしたが、午後からぽつぽつ降り始め、夕方からはけまとまった雨が降り続けました。
タープ(屋根)があったので、雨でも快適に宴会ができました。
翌日の超過酷なレースとは対照的に、この日はなんとも優雅でのんびりしていました。

夜8時には就寝。

翌朝は3時起床、6時レース開始。


(つづく)
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login