吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

「変化に強い会社」になるには?


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
昨日の勉強会(中野)では、A4サイズ1枚にまとめたこんなテキストを開始直前にサッと作り、皆さんに配布しました。



【震災後の相談者の動向】
・GW前後になって売上が回復したところも出てきた(飲食、ホテルなど)
・いっぽう、いまだに回復の目処が立っていないところも多い(不動産など)
・東北被災地からの相談は、今のところ非常に少ない(まだそれどころではない?)
・資金が底をつき、即・倒産手続きに入る中堅企業も多い(零細企業と違って、中企業は小回りがきかず伸縮自在にとはいかないので、意外と資金ショート→即倒産となりやすい)

【金融機関の動向】
・中小企業金融円滑化法が2012年3月まで延長。リスケは基本的にやりやすいまま。
・だが、経営改善計画書の立案作成で厳しい指摘を受けてハネられたケースも増加。
残るべき会社と、潰れてなくなっていいゾンビのような会社を「選別」しつつある!?
・サービサーへの債権譲渡の件数も減少傾向。不良債権のタマ不足により買取相場も上昇?サービサー交渉は以前よりも難易度が増した(がめつくなってきた感じ)但しこれも上記のゾンビ企業支援打ち切りに伴い、夏-秋に激変する可能性あり。
・被災地における不動産の競売は、激減。
・保証協会の代位弁済後の対応は、関東では目だった変化は見られないが、被災地では非常にやさしい。
・災害緊急融資や助成金は、比較的受けやすくなってはいるが、時間が非常にかかることがある。尚、災害特別保証系の融資は、間接的な被害であってもあっさり出た例もある。

【その他、解決に向けて】
・金融調整(リスケなど)だけでは再生できない。「本業第一!」
・(不謹慎なのでここでは非公開)
・環境はかつてないほど厳しいが、厳しいのは自分だけではないという連帯感がある。
・零細企業は「吹けば飛ぶような軽さ」が、ひとつの武器になる。潰れそうで潰れないしなやかさがある。
・「新たな需要」を見つけ出すこと。あるいは掘り起こすこと。ボケーっと待っていてはいけない。絶えず情報収集、思考、行動すること。
・「自己防衛」「変化適応」を徹底させること。不測の事態は、また起きるかもしれない。
・「変化に強い会社」になるためには、(1)手元にキャッシュを残す。また残しやすい体質をつくる。(2)固定費より変動費。伸縮自在になれるように。(3)何かにとらわれすぎて精神的に自滅しないこと。タフさというより、ユルさ、大らかさが欲しい。(4)情報を量・質・速さともに上げること(5)常に前進/または転進できる知恵・アンテナ感覚・行動力。


以上ご参考まで。




* 私の新刊本、アマゾンでも予約開始したようです。→ こちら


スポンサーサイト


Comments

サービサーの激変とは 
貴重な情報をありがとうございます。
サービサーの対応が夏から秋にかけて激変する可能性があるとはどういう事態になるのでしょうか。
少々の強靭な精神をもっていてもどうにもならないという意味なのでしょうか。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login