吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

中小企業とは?~零細企業との激しい格差


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
(中小企業庁のホームページより抜粋)

Q1:中小企業の定義を教えて下さい。
 以下のとおりです。

中小企業者の定義
業種:従業員規模・資本金規模
製造業・その他の業種:300人以下又は3億円以下
卸売業:100人以下又は1億円以下
小売業:50人以下又は5,000万円以下
サービス業:100人以下又は5,000万円以下

小規模企業者の定義
業種:従業員規模
製造業・その他の業種:20人以下
商業(※)・サービス業:5人以下
※商業とは、卸売業、小売業(飲食店含む)を指します。

Q2:中小企業の定義は何で定められているのか。
 中小企業基本法第2条において定められています。

(以下略)




・・・・・・これを見て、皆さんはどう思われますか?

私は「中小企業」と「零細企業・自営業」という分けかたをしています。
(ちなみに「小規模企業者」という言葉は新聞雑誌でもあまり見かけない馴染みのない言葉なので使いません。もっと実態を反映している「零細企業」「自営業」という言葉を多用します)


先日、ツイッターでこんなことを書きました。原文のままコピペします。


> 中小企業と零細企業を分けて考える事は重要だ。なぜなら100人規模の中小企業と比べ、10人未満の零細企業は基礎体力がないばかりか、優秀なブレーンを高い金で雇う金もなく「良い治療」を受けられないからだ。国もマスコミもこの格差を認識しておらず中小企業と一括りに論じてしまっているし。

> 自殺者もしかり。資金繰り難で自殺してしまう社長さんの多くは負債総額1億円未満の「零細」だ。額が大きくなるほど自殺などしなくなり、50億超の「中小企業」では全くといっていいほど聞かない。しかしこういう真実は、統計にすらなっていない。中小と零細の大きすぎる格差。

> 私が普段相談に乗っているのは中小企業ではない。零細企業や自営業だ。資金調達面では最も過酷な環境に置かれ、厳しい現実と日夜戦ってる人たちだ。金融支援的な解決方法だけを追い求めるとどうしても無理がある。生き残るためには発想を変える必要がある。金融に頼らない、自己防衛的な生き残り策を。


続けます。

私が大企業(商社)のサラリーマンだった頃は、確かに取引先で資本金3億円/従業員数300人程度の製造業などがあると「中小企業」として見ていました。「300人しかいない中小企業か、大丈夫かな・・・?」と。
これはけっしてバカにしているのではなく(規模が小さくても素晴らしい会社は沢山ありますからね)、「与信管理」という、どうしても避けられない尺度があったからです。
末端の担当者である私がいくら熱心にその会社と取引したくても、独断では進めることはできません。必ず稟議書(りんぎしょ)を上げて、審査部や上層部が帝国データバンクの調査レポートと財務諸表などを入念にチェックして、信用限度(=上限いくらまでなら取引していいか)を決裁します。相手が上場企業だと億単位の取引をしても比較的安全(=倒産して焦げ付く心配がない)ですが、未上場の「中小企業」になると、はっきり言って倒産のリスクが高まりますから、どうしても上限が低くなってしまいます。このため、目の前に10億円の成立しそうな商談があっても、審査部から条件をつけられたりNGをくらうこともよくありました。「前金ならいくらでもいいが、掛売りは上限5000万円まで」とか・・・。

その後、29歳のときに大企業を辞めて実家の零細企業を継ぎました。資本金1千万、売上2千万以下、家族以外の従業員0人の、自営業といったほうがいいような本当に小さな弱い会社です。ここで私は、大企業のサラリーマン時代と全く逆の立場に立たされました。つまり「極小規模」で「審査される側」です。

ここで少々つらい目にあいました。大企業はもとより、従業員数50-100人規模の「中小企業」と商談しても、受付で軽くあしらわれたり小馬鹿にされることなんて日常茶飯事でした。何かモノを仕入れる際も「前金」でないと相手にされないことのほうが多かった。
若かった私は、内心、「なんで俺がこんな中小企業の中間管理職のオヤジに軽く見られなきゃいけないんだよ!」と悔しく感じることもありましたが、それが現実です。大企業より中小企業のほうが信用がない。中小企業より零細企業や自営業のほうが信用がない・・・。


大企業と中小企業の、大きな格差・・・。
中小企業と零細企業の、大きな格差・・・。


資金調達においても、大変な格差があります。

大企業は直接金融・間接金融ともに多種多様の資金調達手段があります。調達コスト(利息など)も比較的安い。社長個人が連帯保証することもありません。自宅を担保提供することもありません。

中小企業の「中」のあたり(だいたい資本金1億-3億円規模)になると、間接金融(=金融機関からの借入など)による資金調達が主になりますが、やはり資金調達コストは比較的安く、個人保証は社長個人のみ、自宅担保などはあまり求められません。(先日お会いしたこの規模の社長さんも、借入金が10億円あるのに、無担保、代表者個人保証のみで全ての融資を受けていました。)

小~零細企業や自営業になると、資金調達手段はほとんど借入のみになり、選択肢が非常に狭くなります。金融機関から借入の際は都道府県の信用保証協会の保証がつかないとあまり貸してもらえません。代表者個人の連帯保証は当たり前。自宅を担保提供していることもザラです。最近は減りつつありますが第三者の連帯保証人を何人もつけたり、兄弟親戚の自宅まで担保提供しているようなケースもまだまだ見かけます。資金調達コストも高くなりがちです。やや高めの利息、保証協会に保証してもらう際の保証料など・・・。


危機に瀕したときの環境も、大きな格差があります。

分子/分母の関係で、規模の大きい会社は、優秀な専門家に何百万円、何千万円のフィーを払っても全く負担にならないでしょう。たとえば販売費一般管理費が年間3億円かかっている「中小企業」にとっては、年間300万円のコンサルタント料を払っても1%にすぎません。これなら当然、優秀な専門家をブレーンとして雇うことができ、解決への道のりも開けやすくなります。会社が病気になったときも、良いドクターがついて、「良い治療」を受けることができるでしょう。

いっぽう零細企業や自営業は、何十万のお金を支出するのも一苦労です。危機に陥った零細企業などは、1万円のお金も満足に出せないことが多々あります。当然、「良い治療」がなかなか受けられません。


これが現実です。



私が長い間こだわってきたのは、「零細企業・自営業」に「良い治療」を施すことです。



スポンサーサイト


Comments

だんだん腹が立ってきました。 
そうなんです。何かにつけ、零細企業は利益も少ないけど、いろんな会にはいっていても、会費は同じ金額払わされ、享受できるメリットは中小企業ほど受けません。一度国会議員の先生に零細企業は登記簿謄本印税が安くなりませんかと言ったことがありますが、この前銀行に提出するのに取り寄せたら、1000円から700
円に下がっていました。にっこり。
 
 
はい、零細企業の経営者の主人は、恐竜は死んでもゴキブリみたいなオレは隙間を這いつくばっても生き残ってやるぞ~と言っています。これも猫次郎先生のお蔭だと思っております。感謝です。
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login