吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

真意はどこにあるか?


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
よく、言ってることがコロコロ変わる人がいます。
政治家でも、有識者でも、身近な人でも。

私もよく人と話していて、その人の話がコロコロ変わっていくのを目の当たりにすることがよくあります。
そういうとき、私が怒ったり突っ込んだりするかというと・・・、あまりそういうことはしません。

その人の言葉の単語だけを額面どおりに受け取めず、前後の文脈や、背後にある言葉に出ないものからできるだけ想像力を働かせて、「真意」を読み取るよう、自分なりに努力しているからです。(但しまれに真意そのものがふらふら変わる人や、その真意が悪意に満ちているような人もいて、そういう人にはがんがん突っ込んで怒ることもありますが、まあ少ないですね・・・)

私は自分のホームページのプロフィール欄に、座右の銘というか、日頃自分に言い聞かせている言葉をして、「寛容と想像力」ということを書いています。そのまま引用します。

≪ 人に歴史ありです。どんなに憎たらしい相手でも、よく知り合えば打ち解けあえるかもしれません。そしてそのときには、自分の世界もより広がっているでしょう。 つまり、他人を思いやるための「寛容と想像力」であると同時に、自分を成長させるための「寛容と想像力」なのです。≫

三浦綾子の『氷点』」という長編小説に、「想像力のない者には、愛がない」という言葉があります。
私は17歳か18歳のときにこの本を読んで、ガツンとやられてしまいました。
以来、なるべく想像力を働かせるよう自分にいいきかせています。

この仕事をしていると、いろいろ問題のある人と触れ合うことが多い。
莫大な負債を背負って精神的に極度に不安定になっている人、自暴自棄になっている人、疑心暗鬼になっている人、情報を消化理解しきれずに情報難民になっている人、悪循環のドツボにはまって自分の能力の1割も出し切れていない人など・・・。彼らと会話をすると、かなり我慢を強いられることも少なくありません。堰をきったように何時間も喋り続ける人や、話すことが二転三転したり、話を小出しにして何だか要領を得ない人なんて日常茶飯事です。でもその程度では怒りません。でないと、この仕事は務まりませんから。


そういえばある日、相談者の方からこんな話が出ました。

「ねえねえ猫さん、聞いてくださいよ。もうね、ひどいんですよ。ある弁護士に受任してもらったんですが、3-4回相談して、毎回言うことがコロコロ変わるんですよ。最初は任意整理がいいんじゃないかってとりあえず受任してくれたんですけど、2回目のときは債権回収会社の分は受任しないから自力交渉してみて下さいって言われて、3回目には事業を譲渡して会社を清算したほうがいいですねって言うんですよ。もう何が何だかわからなくて。すっかり信用できなくなってしまって。猫さん、何かいい解決方法はないですか?」 と。

私はこう答えました。

「その弁護士さんはいい弁護士さんです。いいですか、よく聴いてください。そもそも、弁護士の役割は、依頼者を弁護することです。弁護する士だから、弁護士っていうんです。
 で、弁護士さんの発言が毎回変わる理由としては、1回目の相談のときは資料不足だった。全体像はだいたい掴めたけど、詳細なあなたの会社の事業価値や資産価値や抵当権内訳や保証債務の有無などは完全に掴みきれていなかった。だから、とりあえず任意整理の方向で受任しましょうという話になったんだと思います。で、2回目にはその詳細がわかりかけてきた。そこで債権回収会社(サービサー)に債権譲渡された債務があることがわかった。サービサーだけは法律の土俵で戦うよりも自力でシンプルに値切り交渉したほうが効果的なことが多いですから、それを勧めてくれたわけです。なかなか良心的な弁護士さんではありませんか! そしてさらに、3回目の相談時には詳細資料がさらに揃って、複雑な権利義務関係を精査(ディーデリジェンス)したところ、これは個々に対処するよりも、もっと大掛かりな外科手術的な方法がいいぞ、という結論になり、旧会社は清算、第二会社へ事業を譲渡して、会社よりも事業を守ることに絞りましょうという結論になっていったのだと思います。私もあなたの資料を一読してそう思いました。その方法があなたにとって一番だと・・・。 この弁護士さんは事業再生にも相当長けた、いい弁護士さんだと思いますよ。あなたの利益を守るという本来の役割にも忠実だし。少しもブレていないと思います。決して、言葉の上っ面にだけとらわれて、あの弁護士はコロコロ変わるなどと評してはいけませんよ。もう私のところには来なくていいから、その弁護士さんを信頼しきっていいんじゃないでしょうか?」 と。

そんな、まるで通訳みたいなことをしなければならない場面も、よくあります。

まあ、この仕事は面白いです。




スポンサーサイト


Comments

 
そういう姿勢で話しをきいてくれるのは猫次郎先生だけです。ホント救われます。いつも甘えちゃって言いたい放題でスミマセン(^。^;)
 
?!?!? 
文面から別の意味も読み取れるような気がしますが??
うまくやって下さいよ!?
小さな妥協は幸福の入口!!
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login