吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

1億総不安定時代


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
先の読めない時代に突入してしまいました。

今まで安定しているとされてきたものが、ことごとく不安定になりつつあります。
電力も、飲み水も、不動産も、物流も、すべてが不安定です。
為替も、株価も、雇用も、大企業も、国債も、国家も、どんどん不安定になっていく可能性があります。

> 「誠に残念ですが、日本は貧しい国になるでしょう」。米国家経済会議(NEC)前委員長のローレンス・サマーズ米ハーバード大学教授が23日、ニューヨーク市内の講演で断言すると、会場が静まり返った。
(2011/3/30産経ニュースより)



こういうときは、「大局観」や「五感」を大切にしましょう。
既成概念などにとらわれている場合ではありません。

つまり、国全体がどのような動きをしているか、自分が身を置いている土台(職場や資格や土地など)がこれからどのようになっていくか、その中で自分はどのような位置づけになるか、どうあるべきかを、五感を研ぎ澄まし、見て、聴いて、嗅いで、感じ取ることです。

居心地の良い安定した場所であぐらをかいていられる時代は終わりました。
これからは、いつ不安定になっても困らないよう、準備を整えましょう。
知識、知恵、人間関係、行動範囲などを広げることです。

極論すれば、何が起きても「食っていけない」ということはありません。
命さえあれば、たとえ全てを失っても、屋根つきの場所で寝て「食う」ことだけはできます。
(だから私は「〇〇したら食っていけなくなる」という言葉がキライです)

あとはどれだけ変化に順応し、這い上がれるかです。

失業して就職先がなくなっても、自営業はできます。
日本で稼げなくなっても、海外へ行って稼ぐことはできます。
(その点フィリピンパブのお姉さんたちは立派です)
土地や設備を失っても、技術は失っていないはずです。
そういう柔軟さ、精神的たくましさを、これからはすごく求められてきます。

今日から新年度です。
気持ちを切り替えて頑張りましょう。

スポンサーサイト


Comments

 
今日の神戸の街では募金の掛け声は聞こえませんでした・・・組合からは積立金の一部を義援金として送る連絡はありましたが。
私の業界でも商品の一部が原料工場の被災で製造ができなくなっていますが、命や生活にはほとんど関係ありません。
被災された方々はさまざまな問題を抱えて近隣の避難所で暮らしているのでしょうが、期限を決めて思い切って西日本に避難された方が再スタートが切りやすい方も多いと思います。
西日本では応援したくても手を出せないですから、避難された方が近隣に来ると手厚く迎えられるでしょうし、新たな人間関係や行動範囲も広がると思います。
 
不確実の時代に突入 
まったく、猫先生のおっしゃるとおりで、不確実の時代に突入しました。自分のできることを冷静に判断し、そこに活躍の場を見出すいいチャンスかもしれません。借金に泥まみれになって、それでも返済のために働いている経験が生きて来るような気がします。いつも的確な励ましをありがとうございます。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login