吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

「資金繰り対策」という次元ではなく、「再建」「再生」「復興」!


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
ツイッター(140文字以内)で今朝書いたことを、2つほど、ここに貼ります。


(1) 被災地の皆様へ。もしあなたの「資産」が無くなっても、あなたが今まで培ってきた技術や知識や人間関係といった「財産」は何一つ失っていない!むしろこの未曽有の体験により強化されているはず。それを活かせば、必ず再生できる。(一度全てを失って再起したことのある人にはわかると思う)


(2) こういう事態になると、人件費削減=人員削減を考える社長さんが増えるが、ちょっと待て! 雇用創出はそれだけで大変な社会貢献ですよ!それに人件費は「助成金」が受けやすい。この傾向は多分今後も変わらない。人件費削減と人員削減はイコールではない。再考の余地あり。



もはや資金繰りごときにとらわれている場合ではありません。もっと大局的にとらえましょう。


* 上記(1)についての解説。一例をあげれば、昔、ある国のある地域で食品製造業をやっている人がいました。その食品は大変人気がありました。ところがある年、その地域は原発事故により放射能汚染を受けてしまい、その食品は全く売れなくなってしまいました。土地も原材料も在庫も全て汚染され、彼は全ての資産を失いました。でも彼には奥さんと子供がいるので、ここで絶望するわけにはいきませんでした。彼は断腸の思いで慣れ親しんだその土地を離れ、異国へ移住して、そこで活路を見出すことにしました。彼には誰にもマネすることのできない「技術」がありました。数年後、彼はその技術を生かして、現地の人と組んで、技術指導から入っていき、徐々に評価を上げていき(自国より他国のほうが高く評価してくれたのです)、最後には母国でやっていたときよりも大きく立派な食品製造業を築きあげることに成功しました。ひとつの例え話です。

* 表題についての解説。みんなホントに「資金繰り対策」にばかりとらわれ過ぎです。とらわれちゃいけませんよ。資金繰りなんて全体の中ではちっぽけな問題です。対処法も沢山あります。多分、これから続々と救済制度が出てきます。日本政策金融公庫や信用保証協会や都道府県や市や中小企業庁などのホームページをくまなく見てみると、緊急融資や返済猶予などの制度が既に結構出始めているのがわかると思います。また、こういう事態になると、おそらく、担保権実行(競売など)に至るまでのスピードが遅れると思います。理由は金融機関側に立って想像してみればわかるでしょう。 ですから、繰り返しくどいくらい言いますが、「資金繰りは2の次。資金繰りをある程度うっちゃっておいてでも、本業に専念すること!」「金融機関よりも、ヒトを大切にすること!」



スポンサーサイト


Comments

おっしゃるとおりですね 
被災に関しての中小零細企業への支援策は、知り合いの仙台選出の某元経済産業委員会委員長、現在たぶん日銀理事の代議士からすぐメールがはいりました。さすが情報元だなと
思いました。経済は停滞するわけにはいかないので、あらゆる手段を使ってくると思います。
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login