FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

ネットばかり見て本を読まないとバカになるぞ。


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
自分への戒めのつもりで書きます。

私は7-8年ほど前から年間平均100~200冊ほどのペースで本を読んできました。
私の読書タイムは、おもに電車かお風呂か布団の中です。

しかし、昨年2010年はこれが非常に減り、年間30冊も読まなくなってしまいました。
そして本の代わりに、ネットばかり見るようになっていきました・・・。

今や、たいていの情報はインターネットで入手できます。
でも、ネットの情報収集にばかり頼っていると、他のもっと大事なものを見失ってしまいがちです。
私自身、ここ1年で随分怠けてしまったなと反省しています。


こんな言葉があります。

Data is not information.
Information is not knowledge.
Knowledge is not wisdom.
Wisdom is not true... 
(以下省略)

これはナカムラさんというFacebookに登録している私の友達の自己紹介欄から拝借した言葉です。
いい言葉ですね。

サッと訳すと、「データは情報ではない。情報は知識ではない。知識は知恵ではない。知恵は真実ではない・・・」という意味です。

私が怠けていたというのは、インターネットによる情報収集or情報交換にどっぷり依存してしまったおかげで、「データ」や「情報」は(量的に)明らかに増えたけど、知識や知恵や真実については(質的に)ちょっと微妙、はたして自分が成長しているのかどうか怪しいぞ・・・という感じです。

情報弱者(略して情弱)を蔑むような風潮が一部であります。(反省)
確かに情報格差による損得の差は広がる一方なのは否定できませんが、
私たちがもっと磨かなければならないのは、その先、つまり知識や知恵や真実を手に入れる力です。
それを手に入れるには、やはりインターネットよりも本のほうが数段優れているように思います。

というわけで、今年は読書量をまた増やしたいと思います。

10代後半の頃は新潮文庫の100冊を全読破したり相当読み込んでいたのですが、
オッサンになってからは小説の類をめっきり読まなくなってしまったので、
小説も無理に時間を空けてでも読まなければなりませんね。



猫@病み上がり
スポンサーサイト


Comments

わたくしも読書が減りました。 
おっしゃるとおり、最近ネットに頼ってて読書が減りました。最近読んだ本と言えば村上龍の「逃げる中高年、欲望のない若者たち」です。
確かにネットで読んだのは頭にと子らないですが、本で読んだのはいつまでも鮮明に頭の中に残ります。
彼曰く、今は生きていくのに大変な時だ、とにかく生き延びよというメッセージは頭の中に残ってます。
 
 
>ネットの情報収集にばかり頼っていると、他のもっと大事なものを見失ってしまいがちです。

「他のもっと大事なもの」とは具体的に何のことでしょうか。

>私たちがもっと磨かなければならないのは、その先、つまり知識や知恵や真実を手に入れる力で す。それを手に入れるには、やはりインターネットよりも本のほうが数段優れているように思います。

それはなぜですか。根拠を示してください。

>小説も無理に時間を空けてでも読まなければなりませんね。

読書は必要を感じてするものであって、義務的にするものではないと私は思います。
 

Leave a Comment



07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login