吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

Facebook(フェイスブック)を使ってみて


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
いま話題のFacebook。
全世界でウン億人の利用者がいるそうです。
海外出張によく行く人は、出先で必ずといっていいほど「おまえのFacebook教えろ~」と訊かれるそうです。
わが国ではmixiという非常に進んだSNSがあったのでそれほど普及していませんでしたが、この年末年始に映画「ソーシャル・ネットワーク」上映されたあたりから急激に注目を浴び始めました。
先週号の週刊ダイヤモンドもFacebook特集でした。

かくいう私も、昨年11月末ごろに知人の弁護士さんから招待を受けて、おそるおそる始めてみました。

私は吉田猫次郎の名前でブログもやっています。Twitterもやっています。メールマガジンも配信しています。メーリングリストや掲示板も開設しています。(mixiも猫次郎の名前を伏せてプライベートでひっそりとやっています。) 私はコンピューターの専門的知識は持ち合わせていませんが、1人の利用者として、インターネットを使ったコミュニケーションツールはほぼ全て試したことがあります。

そこで今回は、私の独断と偏見によるFacebookインプレッションを書いてみましょう。


【使いやすさ】
初心者でも十分できる。マニュアルなどを読まなくても、習うより慣れろの意気で誰でも使えるようになる。
ただ、ツイッターほど「超」簡単ではないし、mixiのようなカユいところに手が届く感もない。英語的な表記が多いので、とっつきにくいと感じる人もたぶん多いと思う。

【Twitterと並行してやるための手間の省き方】
私のようにTwitterもブログもあれもこれもやっている人には、いちいち全部分けて書いていたら体がいくつあっても足りない。だがそこは解決可能。たとえばTwitterで書いた「つぶやき」がFacebookにも自動的に投稿されるように設定することができる。(私はそうしている)

【コミュニケーションツールとしてどうか?】
国内限定ならハッキリ言ってmixiやTwitterのほうが便利だと思う。
が、それは今までの話。これから日本でもFacebook利用者が急増して、どう化けるかわからない。
Facebookのユーザーは、mixiやGreeとはまたちょっと違う感じがする。簡単にいえばFacebookユーザーには「できるビジネスマン」や「アンテナの敏感な人」が圧倒的に多いと感じる。(私の場合、mixiのマイミクは同級生や趣味仲間のフレンドリーな付き合いがほとんどで、Twitterのフォロワーは無差別かつユルい距離感のある関係が多いが、Facebookはもうちょっと尖った感じか!?)

【Facebookならではのこと】
1.共通の何か(出身校や共通の友人など)から辿られて、勝手に「あなたのお友達かも?」という表示が画面に出る。忘れかけていた同級生などが表示されて驚くこともある。
2.本名で登録している人が非常に多い。匿名での登録はできない場合もある。
3.海外での利用者がとにかく多い。
4.法人での登録も難しい。基本的に個人利用か。

【まとめ】
今はまだまだ不慣れだが、使い続けてみる価値はあると思う。
「自分を認知してもらうため」だけでなく、「他人との距離感を少し縮めるため」にも。



スポンサーサイト


Comments

Facebookの本買っちゃいました 
昨日僕もFacebookとEVERNOTEの入門書的な本を買いました!
コミュニケーションのツールが増えればと思います。また大阪の勉強会で情報交換お願いします。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login