吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザにかかりました。


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
年末に体調を崩しました。

12月30日の昼過ぎからやや熱っぽくなり、その後わずか数時間でたちまち37度→38度8分まで上がり、フラフラになってきました。私の平熱は35.5度ぐらいで、滅多に熱を出さないほうなので、これはただ事ではないと自覚しました。「ひょっとしてインフルエンザじゃないか!?」と。

そこで、近くの空いているK医院に行って診てもらったところ、喉を懐中電灯で軽くチェックされただけで、あっさりと「風邪だね」と診断されました。ちょっと納得いかなかったので、私は「急に熱が出たんですけど、インフルエンザとは違うんですか?」と訊ねると、先生は少々ムッとした様子で「風邪だよ!」と返してきました。私はさらに「周りでもインフルエンザにかかった人が増えているんですけど・・・」と食い下がると、先生は感情を露にして怒り出し、「風邪なんだよ!もしインフルエンザだったとしても、発症して24時間経たないと検査にもひっかからないよ!解熱剤とよく効く風邪薬を出すから、2-3日これを試して、効き目がなかったらまた医者にかかればいいでしょう!」とねじ伏せられてしまいました。「(2-3日って、正月休みじゃん・・・それに、インフルエンザの薬って、たしか48時間以内に飲まなきゃ効かないのでは・・・!?)」と内心疑問だらけでしたが、この先生とこれ以上話しても無駄だと悟り、わずか2-3分の診察を終えた後、風邪薬をもらってK医院を出ました。

フラフラになりながら、携帯のネットで夜間診療をやっている近くの医院を探し、Cという夜間休日専門の診療所を見つけ出して、そのままトボトボ歩いてそこへ向かいました。そこで診てくれた先生は私の話をよく聞いてくれたうえで、「インフルエンザの疑いがありますね~」とキットで検査してくれました。結果は、やはりインフルエンザ(A型)でした。「タミフル」という有名な特効薬をくれました。

タミフルのおかげで、熱は翌々日(1月1日午後)には引きました。
(これを書いている1月3日現在は35.5度の平熱に戻っています。いたって元気です。)

今思い返すと、最初に診てもらったK医師の言うことをそのまま信じていたら、大変なことになっていたかもしれません。なにしろ、タミフルは発症後48時間以内に服用しないと効き目がないと言われています。また、解熱剤はインフルエンザには逆効果であるとも文献に書かれています。インフルエンザをこじらせると、ひどい場合は肺炎や脳炎まで併発してしまい、死に至る場合もあります。また、もし何も併発しないまま自然治癒でインフルエンザが治っても、タミフルの早期服用がなければ1週間以上は苦しい思いをし、周囲にも迷惑をかけていたでしょう。

「A医院がいまいち信用できないから、B医院にも診てもらった。」風邪やインフルエンザやちょっとした病気ぐらいでは、普通こんなこと誰もしませんよね? 普通は医師の言うことは絶対であり、誰も疑うことはないと思います。でも、残念なことに、今回の私の体験のように、医師が患者の話をまともに聞かず、症状もろくに見ず、誤診に至るケースもあるかもしれません。こういうこともあろうかと思い、私は、生意気なようですが、医師にかかる前にあらかじめ自覚症状を「家庭の医学」やネットなどで下調べしてから医師にかかるようにしています。

皆さんもインフルエンザには気をつけてください。今シーズンは例年より6週間も早く猛威をふるっているそうです。よくある症状は「急な高熱」です。風邪とはちょっと違う感じです。もっと重い自覚症状があります。気になったら、すぐに医者にかかりましょう。48時間以内です。48時間以内にタミフルを飲めば、ウイルスの増殖がそこから止まり、次第に(わりと急速に)回復します。但しタミフルはインフルエンザ以外の風邪には全く効かない薬なので必ず専用検査キットで検査する必要があります。独断は避け、かならず医師の診断&検査を受けましょう。


・・・というわけで、すごい年末年始でしたが、今年も頑張りますので皆様よろしくお願い致します。


猫次郎
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。