吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

久しぶりのブログ更新


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
 9日ぶりのブログ更新です。

 たった9日しか空けていないのに、ずいぶん長くブログを更新していなかったように感じますね。
読者の方々からも、「どうしたんですか?」「何かあったんですか?」「大変ですね、お大事になさって下さい」などなど、まるで病気で入院でもしたかのようなお見舞いのメールを沢山頂きました。(ちょっと奇妙な感じ・・・)

 さてさて、この9日間、いろいろなことをしていましたが、その筆頭は、先週末に名古屋方面へマイカーで行ったことに尽きます。全行程900km、2泊3日の旅になりました。以下、そのレポートを。


◆7月10日(土)

 朝、東京を出発。東名をまっすぐ走り、昼に一宮付近に到着。

 ここでまず、岐阜の笠松という所にある顧問先を訪問しました。負債総額1億円也。以前何度か電車に乗り継いで訪問したことはありましたが、ぜひ一度、自分の足で行きたいと思っていました。そのほうが現地の雰囲気が掴め、より的確な現状分析やアドバイスができますから。

 次に、同じ岐阜の駅前にある繊維問屋街を訪問しました。負債総額1千万円也。訪問理由は上に同じ。この方はお会いするのも初めてでした。一度お会いし、現場視察できたので、次回からは電話やメールでもかなり理解が深まると思います。お互いに。

 最後に夕方、名古屋駅に到着。ここで勉強会を開催しました。テーマは「リスケジュール・代位弁済・私的整理について学ぶ」。 やはり思ったとおり、リスケについての解説はあまり必要ないと感じましたが、代位弁済については誰もが関係ありそうなのに、びっくりするほど実態を知らず、いくら丁寧に解説してもし足りないと感じました。私的整理にいたってはちょっと難し過ぎるのでダイジェスト版的解説になってしまったかもしれません。

 ともあれ、やはり「代位弁済」に焦点を絞ってじっくり勉強会を開く必要があるな、と、どこへ行ってもそう感じました。

 勉強会終了後はいつものとおり、手羽割き居酒屋「山ちゃん」で懇親会。懇親会だけでも20名近く集まり、終電ギリギリの時間まで大騒ぎして解散しました。



◆7月11日(日)

 朝8時ごろ起床。すぐに三重県桑名市の某社へ向かいました。ここは負債総額10億以上なり。
 
 次に11時頃、三重県四日市市の製造業を訪問。負債総額約2億円。やっぱり自分で走ると違います。名古屋との距離感や、街の活気具合などが手にとるようにわかります。これはとても大事なことです。

 さらに、13時頃、名古屋に戻って物流関連業の某社を訪問。負債総額2億近く。

 最後に、中央道に乗って長野県某所へ。

 ここから徐々にOFFモードに・・・。



◆7月12日(月) ここからは完全プライベート。

 土日フルに働いたので、この日は代休を取ることにしました。
 長野某所から東京へ向かってゆっくり車を走らせながら、南アルプス付近で良さそうな川を見つけては、トランクに忍ばせたパックロッド(小継ぎ竿)を出して、長靴&ベストに着替え、車内に常備している手巻きのフライ(毛鉤)を結び、いざフライフィッシング!

 あいにくこの日は大雨で、ほとんどの渓流は増水で危険きわまりなく釣りどころではない状態でしたが、中に数箇所だけ、雨の影響をあまり受けていない、透明感の残る安全な場所を見つけました。ここで朝の正味3時間だけ、軽く、ほんとに軽くですが、釣りをしました。

 しかし釣果は決して軽いものではなく、大漁といっても過言ではありませんでした。(狂喜)


(以下、写真をクリックすると拡大されます)
 20100712yamatoiwana1
 イワナ1匹目。大きめのパラシュートフライにパクッと食いついてきた。
 
20100712yamatoiwana2
 イワナ2匹目。塩焼きにしたらすごく美味そうだ。(だけど釣ってすぐに逃がした・・・)

20100712yamatoiwana3
 イワナ3匹目。小さめだが、この模様は希少なヤマトイワナだ。

axisco
 今回活躍した竿。AXISCOの10pcsパックロッド。仕舞い寸法たった23cm。よくこの竿をジュラルミンのアタッシュケースに入れて、スーツ着用のまま出張先で釣りすることがあります。(←バカ)


おまけ。 やや大きめの純血天然ヤマトイワナが釣れたときの動画。(撮影中に逃げられてしまった・・・悔)





以上、公私共にいろいろ収穫の多い2泊3日の一人旅でした。


スポンサーサイト


Comments

お疲れ様でした 
一生懸命働いた後のリフレッシュは最高ですね。

逃げた魚は大きいといいますが、ほんとに
大きかったようですね。
釣ったお魚は食べたのかな?

人生、やっぱり楽しまなくっちゃ!って感じに
なりました。
 
生き生きライフスタイル 
仕事と好きな事をうまく両立させている猫次郎さん。長く続けるコツかも知れないですね。ストレスはためないで下さい。長生きの秘訣みたいです。時には自分を楽にさせる事が大事なんだと思いました。病気{がん}にならないためにもそうしようと思います。
 
たしかに、・・・ 
そうですね、共鳴します・・・
そうして時ある毎に、環境を変えて、
わたしも厳しい難局を乗り越えたいと強く思いました・・・

頑張ります、ありがとうございます、いつも・・・
 
こんばんわ<(_ _)> 
初めまして・・・
三年前に猫さんの本を読み
生きていく為に夫婦で自己破産しました。

あ、趣味にフライフィッシングや自転車等、ちょっと意外でした・・・
自分も猫さんと同じ様な趣味なんです。(笑)
猫も犬も一緒に暮してます。(笑)

趣味の為、仕事頑張って下さい。
では、(^O^)/
 
虚偽は正当な弁護士業務だ ! 
 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任です。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 日弁連・会長:宇都宮健児らは、提訴し、勝訴するための「虚偽は正当だ」との理念を抱き、当然のように実践する人間たちだということでしょう。

 そして、組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もないのです。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な事実を知るべきであり、この元凶者たちを排除すべきです。

法曹界に正義はありません。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login