FC2ブログ

吉田猫次郎のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

東ハト 「最凶の暴君ハバネロ」


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---

昨日、コンビニで最凶の暴君ハバネロというお菓子を大量買いしてしまいました。
(辛いのが好きなんです・・・)

habanero1
人気商品「暴君ハバネロ」をはるかに上回る激辛。その名も「最凶の暴君ハバネロ」。
コンビニ先行で新発売なり。

habanero2
その辛さは従来品とは比較にならない。(グラフが長過ぎて、なんと袋の一番上までグーンと伸びている)


メーカーの商品案内はこちら → http://tohato.jp/products/habanero/



それにしても東ハトさん、やりますね。
すごい企画力です。

パッケージデザインには、同社CBOの中田英寿氏が関わっているそうです。
なんだか楽しそうですね。



* * * * * *


さて、ここから企業再生の話に移りますが、
東ハトも、2003年に民事再生法を申立てています。

原因は、ゴルフ場経営に乗り出して失敗したことや、新しいヒット商品がなかなか生まれなかったことなどいろいろあげられますが、その元をたどれば、「社内の空気」に行き着くようです。

当時の社長(創業者一族)は、どちらかといえばワンマン経営だったそうです。

社員も、本当なら「お客様のほうに目を向ける」ようでないといい仕事はできないはずですが(←これ非常に大事)、
「お客様よりも、社長のほうを意識してしまう」企業体質だったようです(←ここ非常に重要)。

いい新商品が生まれなかったのは、このためでしょう。

お菓子メーカーであるにもかかわらずゴルフ場経営に乗り出したのも、ゴルフ好きな社長の判断だったようです。

そしてとうとう経営難に陥ったわけですが、
2003年に申立てた民事再生法は、当時としては非常に斬新な「プレパッケージ型」(事前調整型)でした。
あらかじめスポンサー等が決まっており、新会社への営業譲渡と組み合わせて民事再生法が申立てられました。
(詳しくはここを参照)

これにより、新しく生まれ変わった東ハトは、従業員カットはなく、ほぼそのまま雇用が引き継がれ(これは立派)、ワンマンだった旧経営陣は退陣、スポンサーから選出された新しい経営陣が指揮を執ることになりました。

新しい経営陣は、社内の空気を風通しのよいものにしようと、執行役員に当時サッカー選手として頂点を極めていた中田英寿を迎え入れたり、社長自ら営業に出向いたり、末端の社員ひとりひとりと面談したりしたそうです。(中田ヒデも社員食堂で一緒に食事したことがあったとか・・・)

結果、急激に社員の士気が上がり、開発意欲も上向き、翌年には「暴君ハバネロ」のような新しいヒット商品が生まれました。(それまでは「キャラメルコーン」など古い商品に支えられていた)

そして業績は急回復し、企業価値(株式価値)もハネ上がり、投資したスポンサーはわずか3年のうちに同社の株を山崎製パンなどに売却、十分すぎるほどのリターンを得て再建を成功させました。


(以上、何年か前にTMAのセミナーで聴いた東ハト新CEO -スポンサーのユニゾンキャピタルから出向- のお話を思い出しながら書きました)


「暴君ハバネロ」を店頭で見かけるたびに、この話を思い出します。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
東京都中野区中央5-39-13-305。
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ドローンパイロット、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに10回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login